新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

こんな話を目にしました。

「アメリカでは性差がない」・・・舞田敏彦氏のTwitterより
(リンク⇒https://twitter.com/tmaita77/status/952031565407596545


(※このグラフの「地理」は、「地学」の間違いのようです)


データは、独立行政法人国立青少年教育振興機構の「高校生の科学等に関する意識調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較-」からの抜粋のようです。
(リンク⇒http://www.niye.go.jp/kenkyu_houkoku/contents/detail/i/88/
その中の「Ⅱ 自然や科学への興味や関心」からレーダーチャートを作成しています。
(リンク⇒http://www.niye.go.jp/kanri/upload/editor/88/File/04dai1shou.pdf


前述のグラフを見て、私は違和感を感じました。
アメリカの男女差が、異常なまでに少ないのです。

男性脳・女性脳という言葉があるように、男女で脳の構造は異なっています。
また、それぞれの性別に対応した特性を持っています。
例えば、女性脳は脳梁が太く、同時に複数の事をこなすことに長けています。
例えば、話をしながら別の仕事を同時に行う場合、女性はスムーズにこなしていきますが、
男性は途切れ途切れになってしまいます。
一方、男性脳はパターン認識に長けています。
男女の体力差が影響しない将棋や囲碁でも、男性の方が強く、男女を分けて開催されます。

このように、男女間で脳の特性に違いがあるのに、科学分野に対する興味が男女間で差が
ないことは、何らかのバイアスがかかっていると考えた方が良いように思います。
それは、ノーベル賞の授賞者からも見えてきます。

アメリカ国籍でノーベル賞を受賞した人は、2016年時点で338人です。
その内、女性受賞者は14人です。
14人の受賞部門は、物理学賞1人、化学賞0人、医学生理学賞7人、経済学賞1人、
文学賞2人、平和賞3人です。
それぞれの部門に占める女性の割合は、次のようになります。

  物理学賞     1.2% (男:84人、女:1人)
  化学賞      0.0% (男:66人、女:無し)
  医学生理学賞   7.1% (男:92人、女:7人)
  経済学賞     1.9% (男:51人、女:1人)
  文学賞     18.2% (男: 9人、女:2人)
  平和賞     12.0% (男:22人、女:3人)

前述のグラフと同様に、この割合を載せてみましょう。
ただし、物理学賞は、「物理」「地学」「天文」に同率で配分します。
同様に、医学生理学賞は、「動植物」「人体」に同率で分配します。

性差とノーベル賞(アメリカ)

どうでしょうか。
「天文」が延びていないことを除くと、日本人女性のデータに似ているとは思いませんか。

冒頭のグラフですが、日本の方が性差に相応する結果が出ていて、アメリカの方が何らかのバイアスがかかっているように見えます。
アメリカでは「男女の性差があってはならない!」との社会的な圧力があるのではと、
私には思えてしまうのです。



大切なことは、原則として、権利に性差を持たしてはならないことだと思います。
正確には、権利にも性差があっても良いのかもしれません。
能力で判定する世界では、性差で得手不得手があっても、能力でフルイにかけられます。
権利に差を付ける必要はありません。

しかし、姦淫に関しては、女性保護の立場での立法や運用があるべきと思います。
性的暴力の被害者は、圧倒的に女性が多い以上、その対策として、性差を踏まえた対策が
必要なのです。
このような法とその運用は、時として痴漢冤罪などの冤罪を生み出す要因ともなります。
しかし、女性保護の観点からは、このような法と運用は広い意味での女性の権利であり、
社会的にも保障されなければならないと思うのです。


総括するなら、本当に大切なのは、
  生涯を通した幸福度に性差があってはならない のだと思います。

7時過ぎの電車に乗るべく家を出たのですが、乗換駅でトイレに並んだので、8時半到着の予定が、30分も遅れてしまいました。
お腹の調子はスッキリしなかったので、空いている各駅停車に乗ったのですが、通勤時間帯なので途中駅から駅員が押すくらいの大混雑となってきました。
お腹を押されると粗相してしまいそうなので、お腹をかばい気味に。
でも、電車が揺れると無意識の内にお腹に力が入ってしまい、ヒヤッとすることも。

病院は、いくつか新しくなっていました。
腸管洗浄薬を飲む部屋の壁にTVが付けられ、全員がその方向を向いて座るようになっていました。

腸管洗浄薬は、9時20分頃から飲み始め、10時半頃に飲み終わりました。
その後も排便は続いたが、慣れた(?)もので、完了が近付いたところで看護師を呼び始め、約1時間後の9回目(看護師を呼ぶのは3回目)で準備完了となりました。
大腸カメラですが、13時40分頃まで待たされました。
検査では鎮静剤を使ったので、眠っている間に終わっていました。
検査自体は15分程度だろうと思います。

最終的な検査結果は次週ですが、大腸カメラについては異状なしでした。

15時頃、院内のコンビニでパンを買い、昼食にしました。
腸管洗浄薬の影響が落ち着いたところで、会計とトイレを済ませ、帰路に就きました。

EVの性能は、電池で決まると言っても過言ではありません。
では、どれくらいの電池容量があれば、実用的になるのでしょうか。
 
先日、リチウムイオン電池の7倍の性能を持つ電池が開発されたと書きました。
その際、リーフを例に、168kWhの容量なら、1日分を超えるとも書きました。
では、現実的な目標値は、どれくらいでしょうか。
 
タクシーは、一日に400kmも走っていた時代があるそうですが、今は300kmを
超える事はないようです。
また、一般道の平均時速は24km/hだそうですから、400kmは16時間分、
300kmは12時間分に相当します。
どうやら、1日に400kmを走りきれれば、問題は無さそうです。
ただ、実用燃費(電費?)通りの性能は出にくいものですから、余裕を見て500km
が目標値になるでしょう。
 
リーフの燃費は。114Wh/kmですから、57kWhの電池容量があれば、
実用上の問題はないでしょう。
 
 
さて、この電力を太陽電池で充電する場合、どれくらいの面積が必要でしょうか。
太陽電池は、年間を平均すると、定格の8分の1程度の発電量と言われています。 
定格を160W/㎡とすると、期待できる出力は480Wh/㎡・日となります。
57kWhを充電するためには、120㎡近い面積が必要です。
 
実は、これだけでは足りません。
太陽光発電は、昼間にしかできません。
車も、昼間を中心に使用します。
なので、太陽光発電で発電した電力を車で利用するには、蓄電する必要があります。
充・放電では、約10%がロスするので、
太陽光を蓄電する際と、車に充電する際の2回で約20%が無駄に消えます。
それも考慮すると、発電面積は、150㎡近い広さが必要になります。
 
私のようにマンション住まいだと、ベランダに太陽電池パネルを置くにしても
(本当はマンション規約に反する)、5㎡が限界でしょう。
となると、月に一回しか車に乗れない計算です。
(1日に400kmも走る場合ですけどね・・)
 
EVも、なかなか厳しいものですね。
 

残り二週間で、サクラの開花日を予想しなければなりません。

ここに来て、開花の新しい法則を見つけ出すことが難しくなってきました。
そこで、新しい法則の探求を一時中断し、気温の変化を予想するプログラムの作成に注力することにします。

開花の時期を推定するための法則は、昨年に使用した三種類の法則を踏襲します。

もちろん、開花の新しい法則の探求は、継続します。
もし、新しい法則を発見したなら、改めて開花の時期の予想をし直します。


一昨年は、サクラ開花予想そのものを断念しました。
そして、今年も新しい法則の探求を中断することになってしまいました。
リアルタイムで行っていることとは言え、当ブログを見て頂いている方の期待にそえず、申し訳なく思っています。

京大工学研究科の田中功教授、田中勝久教授、藤田晃司准教授と
シャープの共同研究グループは、
リチウムイオン電池の寿命を6倍以上に伸ばすことに成しました。
大型リチウムイオン電池では、
正極に使われるリン酸鉄リチウムが充電時に大きく収縮するため、
ひび割れなどで劣化し、電池寿命を縮めていました。
共同研究グループは、
量子力学の理論だけを基にした計算手法で、
最適な正極の元素の組み合わせを探し、
リン酸鉄リチウムのうち、鉄の一部をジルコニウムに、
リンの一部をケイ素にそれぞれ置き換えると
体積変化が大幅に減ることが分かりました。
 
現状の性能でも、
電気自動車に利用するにはギリギリ足りていました。
でも、再利用や大型蓄電施設も考えれば、
長寿命化は、省資源化、省エネ化に大きく貢献します。
直接的な関係は低いのですが、
地球温暖化の防止にも貢献する技術です。
更には、量子力学を応用したこの手法は、
新材料の開発に広く応用ができるそうです。
人類活動の地球環境への影響を抑える研究が今後も行われることを
期待したいと思います。
 

↑このページのトップヘ