豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

                              いむたかつみ

グレタ・トゥーベリさんは、ヨットで大西洋を往復しました。
彼女は、CO2排出量を抑えるために、航空機の利用を避け、陸上では電気自動車、海上ではヨットを利用しました。

そこで、交通機関別に、CO2排出量を簡単にまとめてみることにしました。
単位は、g/t・kmで考えます。これは、1tの荷物を1km先まで運ぶ際に、何gのCO2を排出するのかを表します。

航空機   :328g
船舶    : 18g
鉄道    : 16g
トラック  : 66g
HVトラック: 52g
EVトラック: 50g

航空機は、ボーイング777Fをベースに、しました。最大積載量を100t、燃費0.075km/l、ジェット燃料のCO2排出係数2.46kgCO2/lから算出しました。

船舶は、8万重量トン級の貨物船の燃費を6g/t・km、A重油の比重を0.9として、A重油のCO2排出係数2.71kgCO2/lから計算しています。

鉄道は、適当な資料がなかったため、船舶との比で計算しました。ベースは、鉄道の輸送効率0.491MJ/t・kmと、船舶の0.555MJ/t・kmの比率から計算しました。

トラックは、10トン積で燃費が4km/lとして計算しています。燃料は軽油とし、CO2排出係数2.62kgCO2/lから算出しました。

HVトラックは、10トン積で燃費が5km/lとして計算しています。燃料は軽油とし、CO2排出係数2.62kgCO2/lから算出しました。

EVトラックは、4トンのEVトラックをベースに電費(約2km/kWh)を基に計算しています。1kWhで4tを
2km先まで運べるので、0.125t・km/kWhと計算しています。
また、発電における火力発電の割合は世界平均の約66%を、kWh当たりのCO2排出量を600g(LNG火力発電の平均的な値)として、概算で計算しました。

上記は、目安程度に捉えてください。
いずれも、輸送規模によって、数値は大きく変化します。軽トラックと大型トラックでは、まるで違います。
また、環境などの条件でも、大きく異なります。山越えの鉄道が平地の鉄道と同じ燃費のはずがありません。
更には、航空機なら最短コースだが、鉄道でも船舶でも遠回りになると、実質的には航空機との差が小さくなる場合も考えられます。
ただ、なるべく鉄道や船舶で輸送し、トラックや航空機は使わない方向に進むのが良いことは、わかります。


ついでですが、EV車の燃費を考えてみましょう。
リーフの電費は、約8km/kWhです。定員乗車時の重量は5人×55kg=275kgですので、182g/t・kmです。

グレタさんは、陸上の移動に電気自動車を使用しましたが、鉄道を利用した方がCO2排出量を遥かに少なく抑えることができたのです。それどころか、2人しか乗らなかったのなら、航空機と大差ない環境に厳しい輸送手段だったことがわかります。

彼女の地球温暖化防止の運動は、若い世代の危機感の現れであり、私はそれを支持します。
ですが、彼女はまだ16歳であり、その知識は稚拙です。必要な教育も、途上にあります。それ故、誤った情報に踊らされたり、浅い考えのままの言動となる危険があります。
そのような彼女の弱点が、策略に生きる大人達に利用されないことを願っています。

宮崎県都城市で、『おくやみ窓口』が開設されました。
この窓口は、死亡時に市役所で行う種々の手続きを一括して扱うために設けられました。死亡時に行わなければならない手続きは、多岐に渡ります。遺族には、時間と手間が掛かり、特に遠隔地に住む場合には大きな負担となっています。


旧来の日本は、立法を繰り返してきました。
残念なことに、大局的な視点がないままに、法律を立案・立法・施行してきた結果、極めて複雑な制度となっています。それが、都城市の『おくやみ窓口』に繋がっています。
今後、このような自治体サービスが増加すると思いますが、そのことが良いのか、根本から見つめ直すべきでしょう。

現在の法体系が複雑になりすぎていることは、当ブログでも指摘してきました。『おくやみ窓口』が必要であることが、法体系に問題があることを示しています。また、複雑な法体系が、社会効率を低下させる一因となっています。
『おくやみ窓口』は、一見すると便利に見えますが、この窓口を運営するために税金が使われることを理解しておく必要があります。『おくやみ窓口』が不要なものとなるようにしなければ、税金を無駄にしてしまうのです。

日本は、人口減少社会です。それも、現役世代の減少が先行する社会です。
政府は、税収の落ち込みを懸念していますが、人口の維持だけで解決しようとすると、新たな問題を引き起こすことになります。
従って、社会効率を向上させ、一人当たりの納税額を増やすと共に、支出も抑えることこそが重要なのです。
社会効率の向上には、法体系の見直しは重要な要素となります。
法体系の見直しには、AIが活用できると思います。法律の全文を入力し、過去の事例や全ての判例を学習させるのです。その上で、条文の重複や選択の重複を整理するのです。

過去にも書いていますが、世帯を一つにする場合と世帯を分離する場合で、様々な住民サービスが変わります。しかし、何がどう変わるのかを正確に説明できる人は、まず居ません。こんな状況ですから、住民は世帯分離を有効活用できないのです。世帯分離がメリットにならないなら、生活形態で世帯の考え方を固定する方が、行政の手間が減り、社会効率が向上します。


このような取り組みは、世界的に見ても前例は少ないのですが、無いわけでもありません。
前例がないものへの挑戦は、日本の官庁は絶対にしませんが、前例はあるので、挑戦してもらいたいものです。ただ、日本人は合理的に考えることが苦手なので、AIによる研究を大学に依頼し、海外の研究者の知恵も利用してすすめてもらいたいものです。

IQが高い人は、有病率が一般人より高いことがわかったそうです。

ピッツァー大学のカーピンスキー氏らの研究グループが、アメリカのメンサ会員3715人についてアンケート調査したところ、気分障害・不安障害・注意欠陥多動性障害・自閉症スペクトラム障害・食物アレルギー・環境アレルギー・ぜんそく・自己免疫疾患のいずれの項目も、アメリカの全国平均よりも明らかに高いことがわかりました。
特に、気分障害では全国平均の約2.5倍、環境アレルギーでは全国平均のちょうど3倍と顕著な結果となりました。
なお、IQが有病率に直接的に関係するのか、間接的に関係するのか、不明なのだそうです。
私も、比較的若い年齢で癌に罹りました。ということは、IQが高いということでしょうか。
それなら良いのですが、前述の病名には『癌』はありません。私はメンサの会員でもないので、IQが高いわけではなさそうですね。


ところで、カーピンスキー氏の調査は、メンサ会員に限定されている点に注目する必要があります。
今回のサンプルは3715人ですが、同レベルのIQを持つ人は、全米で500万人以上もいます。サンプルは、全体の0.1%にも満たないのです。
また、全米のメンサの会員数は約5万人なので、IQで資格を持つ者のわずか1%弱しかメンサの会員になっていないのです。つまり、サンプルには、『メンサに加入しようとする性格』というバイアスが掛かっていることになります。
対象とした病気は精神系が多いので、このバイアスは関連している可能性があります。
カーピンスキー氏の研究結果は、「メンサの会員は、精神疾患に罹りやすい」と理解するのが正しいように思います。


まぁ、私には縁のない研究のようですが・・・

昨夕、韓国はGSOMIA破棄の一時停止を発表しました。
これを受けて、「パーフェクトゲームだ」と評価する日本政府高官がいるそうです。
ですが、現状は、日韓関係を11月22日の状態のままに、韓国政府が止めただけです。
何も、終わっていないのです。
これで、『パーフェクトゲーム』と言うのですから、その鈍感さと無能さに呆れます。
日本の国力は、徐々に低下していきます。
この状況で『パーフェクトゲーム』と 言ってしまうような人物は、日本の未来には不要です。

当ブログでは、2100のあるべき日本の姿を模索しています。
そちらも参考にしていただければと、思っています。 

単純な暗号を考えてみました。

 をわりるあ
    ろひらをふろみ
       かふゐぬに


これは、ある有名な俳句を暗号化しました。
この暗号は、比較的簡単な法則で作られています。従って、法則に気付くことができれば、解読も可能です。
ついでに、同じ俳人の俳句を、もう一つ暗号化してみましょう。

 るふたしす
    いそえつのあを
       てへふへひ


いかがでしょうか。
解読できたでしょうか。

解読する場合、文字の出現頻度から調べる方法があります。
両句で調べてみましょう。

ふ:4回、
を:3回、
あ:2回、ひ:2回、へ:2回、る:2回、ろ:2回、
い:1回、え:1回、か:1回、し:1回、す:1回、そ:1回、た:1回、つ:1回、て:1回、に:1回、ぬ:1回、の:1回、み:1回、ら:1回、り:1回、わ:1回、ゐ:1回

ひらがなの出現頻度は以下のような順番になっています。

い し か う ん た て の と は に れ つ き よ こ な く わ る を り す せ あ も ら け ま さ ち そ ゆ お ふ ひ め や ほ み え へ ろ ね む ぬ ゐ ゑ

サンプルが少ないため頻度が同数のものもありますが、単純に当てはめてみましょう。

ふ→い、
を→し、
あ→か、ひ→う、へ→ん、る→た、ろ→て、
い→の、え→と、か→わ、し→に、す→れ、そ→つ、た→き、つ→よ、て→こ、に→な、ぬ→く、の→わ、み→る、ら→を、り→り、わ→す、ゐ→せ

 しすりたか
    てうをしいてる
       わいせくな


 たいきにれ
    のつとよわかし
       こんいんう


読めたでしょうか。
天才的な直感があれば読めるかもしれませんが、これだけでは、難しいところです。
実際には、出現24文字の中で、4文字が一致しています。具体的には、を→し、わ→す、み→る、そ→つ が正解していました。

使用頻度が高い『いしかうんたてのとは』は、サンプルが増えれば、いずれ解読できるはずです。
これらも解読できたとして、暗号文を読んでみましょう。

 しす◯①②
    い③◯し④いる
       ◯④の◯◯

 ①④た◯◯
    ◯つ◯◯は②し
       ◯か④か③


ここまで来ると、勘の良い方は、見当がついたと思います。
もう少し解読が進んだとしましょう。使用頻度の上位20番(いしかうんたてのとはにれつきよこなくわる)までわかったとすると、次のようになります。

 しす◯①②
    いわにし④いる
       ◯④のこ◯

 ①④たれ◯
    ◯つ◯◯は②し
       ◯か④かわ


もうわかるでしょう。
そうです。芭蕉の奥の細道の句ですね。

 しずけさや
    いわにしみいる
       せみのこえ

 さみだれを
    あつめてはやし
       もがみがわ


ここまでわかると、暗号化のルールもわかってくると思います。
置き換えの一覧を作ってみましょう。

 あいうえおかきくけこさしすせそ・・・
        ↓
 いろ◯に◯へ◯◯ちりぬる◯わ◯・・・

もう、わかりますね。
『あいうえお』を『いろは』に置き換えることで、暗号化していたのです。
暗号化のルールは単純ですので、誰にでも解読できます。ただ、ルールが簡単すぎるので、サンプル数が充分にあれば、先程のような手順で解読することも可能です。

ルールを複雑にすれば、解読を難しくすることも可能ですが、これくらいのルールが、個人で遊ぶ分には適当かなと、私は思っています。


ちなみに、私の暗号は、個人で解読することは困難だろうと思います。
国家レベルの暗号解読部門が取りかかれば、簡単に解読されてしまうでしょう。
実に中途半端なレベルですね。
 

↑このページのトップヘ