豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

                              いむたかつみ

地球一周は、約40000kmです。
歩くと、不眠不休でも約一年掛かります。実際には、山あり谷あり海ありですので、休憩も含めれば10年くらいかかると思います。
堀江謙一氏がヨットで単独無寄港世界一周をした際には、約9ヶ月かかっています。

地球は、一人の人間にとっては非常に大きいようです。
なので、一人の人間が生きていく際の様々な行動あるいは排泄は、余裕で受け入れることができます。

こんな大きな地球でも、70億もの人間の行いを吸収することは、難しくなり始めています。
その一つが、大気組成の変化です。
現在、二酸化炭素濃度は、確実に上昇しています。そのペースは2〜3ppm/年と言われています。

こうなると、他のキャパシティは、どれくらいなのか、気になりますね。

例えば、排泄物です。
通常は自然分解されるのですが、都市部では人口密度が高すぎるため、自然分解では追い付きません。そこで、処理場で微生物を用いて分解するのです。
先日、東京で行われたパラトライアスロンでは、スイムの会場の大腸菌が基準を大きく上回ったため、スイムを中止することになりました。これは、処理場に流れるはずの排泄物の一部が、雨水と一緒に海に流れ出たためとみられています。
これも、キャパシティ超えの一つかもしれません。


地球史において、人類のような大型動物の個体数が70億にも達したことはありません。しかも、代謝が高い哺乳類ですから、地球資源の消費も激しいのです。おまけに、機械動力を用いるので、1個体当たりの消費エネルギは、大型のクジラにも匹敵します。
そんな生物の個体数が70億もあるのです。
(地球もたいへんだぁ!)


では、どうするか。
例えば、スペースコロニーを建設することも、そろそろ検討を始めるべきかもしれません。
1960年代にオニール博士によって発案されたスペースコロニーは、一つの回答でしょう。

火星のテラ・フォーミングも、検討すべきかもしれません。
ただ、こちらは不可能だろうと、私は考えています。
火星には、『海が存在した時代があるから、テラ・フォーミングが可能だ』との考えがありますが、ではなぜ海は消滅したのでしょうか。テラ・フォーミングで生み出した海は、消滅しないのでしょうか。
火星から海が消えた理由に回答できるまで、テラ・フォーミングには手をつけない方が良いと思います。
でも、マリネリス峡谷に都市を作る案もあります。これは、マリネリス峡谷に屋根を付け、その中をテラ・フォーミングする案です。

人類が地球をダメにしてしまう前に、地球をダメにしない方法や、地球の外にも目を向けるなど、未来について語り合えれば良いですね。
 

近年の地方振興策は、観光に大きく偏っています。

「ロケツーリズム」という言葉があります。
ドラマや映画のロケ地を誘致し、ロケ地巡りの観光客を呼び込む手法です。
地域振興策の一つとして、注目を集めています。

ここ数年、世界遺産の登録が相次いでいます。
ですが、登録内容を見ると、個人的には『無理矢理』感があります。
例えば、『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』や『明治日本の産業革命遺産』は、何が遺産なのか、わかりにくいところです。
これらは、世界遺産に登録することで、地域振興策となっています。

これらの地域振興策の共通点は、『観光』です。つまり、新しい観光資源を創出することが、そのまま地域振興策になっているのです。
似た事例は、他にもあります。
『チバニアン』の登録が、それに当たります。
『チバニアン』の名称の登録に成功しなくても、地層の科学的な価値は変わりませんが、市原市は、憲法違反かもしれない条例で『チバニアン』登録を後押ししようとしています。
これも、『チバニアン』を観光資源と考えているためでしょう。

さて、『地域振興策』=『観光』なのでしょうか。
『地域振興策』の一つとしての『観光』と捉えるにしても、『観光』は産業としては脆弱なので、『地域振興策』としては三流です。なぜなら、自ら財を生み出すのではなく、他者が生み出した財の一部を受け取るのです。ですから、全人類が『観光』で生計を立てることができるのかと考えると、それは不可能だと分かります。一方、全人類が農業や漁業で生計を立てることは可能です。その差を踏まえると、『観光』を『地域振興策』とするのは、安易に思います。
また、『観光』は、客が飽きれば終わりです。しかも、観光資源は固定の品なので、価値が下がっても交換ができません。新しい観光資源を創出できなければ、それで終わりです。
例えば、『チバニアン』は観光資源としては弱く、一年もすれば価値がなくなるでしょう。


では、何を振興するべきでしょうか。
一言で言えば、物を作ることです。
家や家庭で例えるなら、農産物や海産物が基礎となり、製造業が骨組みになります。
観光業は、家を訪れる来客であり、観光の収益は、来客が持ってくる土産物に相当します。
地域振興策は、農業や漁業を基礎にし、工業やサービス業へと発展していくものでなければなりません。
オリンピックやラグビーW杯といったイベント物を中心に据えた地域振興策は、基本的に観光業から潤い始めます。これらは、経済効果が算出されますが、家庭で言えば、御土産のお裾分けでしかないのです。


地域振興策は、手を抜かず、基礎からキチンと積み上げていくべきでしょう。
今後も、2100年のあるべき日本の姿を見据えて、アイデアを書いていこうと思います。
 

私は、飛行機が好きではありません。
そのくせ、飛行機に乗る度、ブロッケン現象が見られないかと、窓に張り付きます。

基本的に、飛行機は嫌いですから、滅多に乗ることはありません。
そんなわけで、ずっと見ることができないままでしたが、ついにその時がやってきました。
 (と言っても、今回のフライトではないのですが・・・)
 
イメージ 1
 
分かりにくいのですが、翼の下にハレーションのような光輪が見えます。
おそらく、ブロッケン現象に間違いないと思います。 
時間が早かったので、太陽光の角度が浅く、光輪まで遠くなってしまいました。
そのせいで、光輪の中に飛行機の影を見ることはできません。
 (自分の影が見えないので、ブロッケン現象と呼んで良いのか・・・)
 
ブロッケン現象が見られたのは、気付いてから数十秒だけでした。
 

ちなみに、ブロッケン現象を見ることができたのは、今回の帰省ではありません。
一部の方は、台風によって帰省の足が乱れ、苦労されたかもしれませんが、私は大きなトラブルもなく、往復できました。(日頃の行いの割には・・・ネッ!!)
 

明日から帰省です。

今夏は、豊葦原中津谷にも行ってきました。
とにかく、凄い場所ですので、無事に帰還できるかわかりませんでした・・・?
ちょっとオーバーですが、秘境の一歩手前くらいの感覚でした。

実家は、そこまでではありません。
だから、気楽に出かけることができます。
気楽に出かけられるのですが、私はモバイル環境がないので、ブログの更新はできません。
寂しい思いをさせる(?)ことになりますが、しばらくお待ちください。

日本には、数多くの世界遺産があります。

世界遺産には、自然遺産と文化遺産がありますが、日本には4件の自然遺産、18件の文化遺産があります。
都道府県別でみると、次のようになります。

北海道  知床

青森県  白神山地

秋田県  白神山地

岩手県          平泉、 明治日本の産業革命

(宮城県、山形県、福島県は世界遺産無し)

栃木県          日光

群馬県          富岡製糸場

東京都  小笠原諸島   ル・コルビュジエ(西洋美術館)

(茨城県、千葉県、埼玉県、神奈川県は世界遺産無し)

山梨県          富士山信仰

静岡県          富士山信仰、 明治日本の産業革命

富山県          合掌造り

岐阜県          合掌造り
(新潟県、長野県、愛知県、石川県、福井県は世界遺産無し)

三重県          紀伊山地の霊場

滋賀県          古都京都の文化財

京都府          古都京都の文化財

奈良県          法隆寺他、 古都奈良の文化財、 紀伊山地の霊場

和歌山県         紀伊山地の霊場

兵庫県          姫路城

(大阪府は世界遺産無し)

島根県          石見銀山

広島県          原爆ドーム、 厳島神社

山口県          明治日本の産業革命
(鳥取県、岡山県は世界遺産無し)

(徳島県、香川県、愛媛県、高知県は世界遺産無し)

福岡県          明治日本の産業革命、 沖ノ島

長崎県          明治日本の産業革命、 隠れキリシタン

佐賀県          明治日本の産業革命

熊本県          明治日本の産業革命、 隠れキリシタン

鹿児島県 屋久島     明治日本の産業革命

沖縄県          琉球王朝とグスク

(大分県、宮崎県は世界遺産なし)



都道府県別では、26都道府県に世界遺産がありますが、21府県には世界遺産がありません。
夏休みを利用して世界遺産を見に行くのもいいですが、まだ世界遺産が無い府県に世界遺産候補を探す方が面白そうです。また、日本は自然遺産が少ないので、各府県に自然遺産を探すのも面白そうです。

地元の環境や文化・歴史を調べてみると、意外なものが見えてくると思います。
例えば、四国はお遍路と八十八ヶ所を文化遺産として登録できそうに思います。
福島・群馬・新潟は、尾瀬ケ原を自然遺産で登録できないでしょうか。
これで、21府県の内の7県はイケそうです。

こんな感じで考えてみても面白いと思います。


↑このページのトップヘ