当然ですが、高校生の勉強時間は限られています。 更なる知識をカリキュラムに組み込むなら、他の何かを削らなければなりません。 三角関数よりも、金融経済の基本や複式簿記、ITリテラシーや臨床医学・栄養学の方が、彼らの人生に大いに役立ってくれると考えます


上記は、日本維新の会の国会議員による発言です。

要約すれば、基礎(三角関数)より、応用(金融経済の基本や複式簿記や栄養学)を学ぶべきだと、言っているようです。
基礎よりも、これらの応用を学ぶ方が、実生活で役に立つと言いたいようです。

私は、首を捻りますね。


基礎より応用を重視する意見が出る時点で、個人的な感情が出ているように思います。
例えば、「三角関数」は不要としていますが、「指数・対数」や「微積分」は槍玉に上げていません。これは、御本人が経済学を学んでいたことに、関係しているのかもしれません。
逆に、フーリエ解析を御存知ないのでしょう。
「三角関数で、森羅万象を表せる」と言うのは大袈裟ですが、複素平面や双曲線関数も含めると、基礎としての三角関数は重要です。

一方、臨床医学は、表面的な理解では危険です。
異なる病気でも、類似の症状は色々とあります。症状だけで診断できなければ、検査で調べることになるはずです。
AIによる臨床診断が、実用化に近付いていますが、これが実用化しても、検査の必要性が増すだけで、高校教育レベルで使いこなすことは難しいでしょう。
AIの支援があっても、実用的に臨床医学を使うのは困難なら、そこは専門教育を受けた医師に任せる方が良いでしょう。
「生兵法は大怪我のもと」と言いますが、高校教育に臨床医学を組み込むことは、その典型になりかねません。


教育改革を叫ぶのなら、基礎的な学問が何に応用されるのか、を教えるのが良いと思います。
と言っても、応用範囲は驚くほど広く、教え切れる量ではないと思います。

教育改革を考える政治家に求められる資質として、基礎的な学問が何に必要なのかを、広範囲に理解していることが求められます。
基礎と応用を同列に考えるようでは、少々問題かと。
将来、日本がどんな方向に向かうのか、そのためにはどんな人材が必要なのか、人材を育てる教育は何が必要なのか、を考えるのが、真の政治家でしょう。
もちろん、ここで言う「方向」は、特定の産業を指すのではありませんよ。

今の政治家は、目先の安全保障で危機感を煽るだけで、視野の幅も奥行きも足りません。
安全保障も、最終手段の武力だけに注目し、外交や経済支援などを無視しています。
何だか、基礎学問を無視して応用分野を重視する教育改革の意見に似ていますね。



個人的には、夏の参議院選挙が非常に心配なのです。
ですが、私の危惧は現実になるのでしょう。

日本の政治家は、与党も野党も手法こそ違えど、国の『終活』を行っているようです。
国の未来を考える政党がない今、私の選択肢は与党に力を与えないことです。
つまり、『終活』を妨害するしか、手段がありません。


投票に行かない人々に言いたい!
投票したい政党がないのなら、野党に投票するのが、簡単です。これは、政府の暴走を止める効果があります。
夏の参議院選挙が終わると、『暗黒の3年間』が始まります。
政府の暴走を止める手段がなくなります。
政府が暴走し、自分自身に火の粉が降りかかることを望まないなら、取り敢えず、野党に投票しておくことです。

棄権するのは、政府の暴走を止めるのか、ブレーキを破壊するのか、夏の参議院選挙はそれを問われているように思います。



追伸
私は数学が苦手です。
もっと勉強しておけばよかったと、後悔しています。