新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

入院中の様子を綴った日記を公開していきます。
今日は、入院初日の日記から紹介します。
 
【1月15日水曜日】
入院しました。生まれて初めてです。
主治医から手術の説明を受けました。
直腸と周辺のリンパを切除し、リンパへの転移を顕微鏡で調べるそうです。
転移が見つかれば、抗がん剤を投与することになるそうです。
大いに気になるところです。
一時的な人工肛門についても、説明されました。
一時的と言っても、二ヶ月から一年間も付けたままになるとのこと。
永久でも一時的でも、精神的には大差ないです。
 
病室も病棟も、快適です。
ただ、消灯時刻になると、TVも消さないと駄目なのが辛いところですが・・・
院内は、設備が近代的です。
四人部屋ですが、部屋の中にトイレと洗面台があるのです。
トイレには、個人用の自動計尿器が設置されていて、量と比重を自動計測する仕組みです。
ナースコールは、ナースステーションだけでなく、担当看護師が持ち歩くPHSにも通知されます。
面談室と会議室にはPCが設置されていて、ログインすれば、レントゲン他の画像や必要なチェックリストを表示できるのです。
食事は、五分粥であることを除けば、一般的な日本食です。
薄味だが悪くないです。
 
心配事は、体温が少し高めなこと。
朝は、三十六度四分だったのですが、昼は三十六度八分、夜は三十七度二分に。
痰も少し出ているし、軽い風邪の症状です。
便も、一度だけ下痢気味でしたが、体調自体は悪くないです。
 
遅い時間になって、看護師から人工肛門の説明を受けました。
模型を使って、人工肛門とパウチの基本的な使い方を聞きました。
最後に、「明日、人工肛門を作る位置を決めます」と言われ、落ち込みました。

退院しました。    
足も、ちゃんと付いています。
私も、私のblogも、墓に入らずに済みました。
 
今朝8時半頃、最後の回診。
今日で退院ですね」と言われ、嬉しくなりました。
担当の看護師さんに挨拶。手首のタグを、プチンと切って戴きました。
迎えに来た家族と一緒に荷物をまとめて、大勢の看護師さんに見送られて退院です。
振り返り、看護師さんが手を振っているのを見ると、一気に退院の気分
 
体調は、癌で入院していたとは思えないくらいに快調です。
ただ、便通は良すぎるというか、急に便意が襲ってくるし、すぐにトイレ  に駆け込まないと、大変なことになってしまいます。
 
生まれて初めての入院生活。 
興味深い経験でした。
これから、少しずつ紹介していこうと思っています。

明日、入院します。
 
午前中は、少し風邪っぽい感じがあったのですが、午後には何事も無かったように治まりました。
うんちは、少しゆるい気もしますが、こんなものと言えばこんなもの。
 
12月9日に癌が見つかってから一か月余。
主治医の先生は、「慌てなくても大丈夫」と言ってくださっていましたが、転移するのではないかと不安な日々を過ごしてきました。
それも、週末で決着がつきます。
 
ネットの世界には、管理人が亡くなったために放置されているHP、blogを集めているHPがあるそうです。
私は、まだ死ぬ予定はありませんので、もうしばらくは私のblogをお墓に入れないようにお願いします。
 
早ければ24日、遅くとも28日には復活できると思います。
その時まで、しばらくのお別れです。
 

――――――――――― << コ メ ン ト 転 記 >> ―――――――――――

伊牟田 勝美さん
はじめましてこんにちは (^^)/
がんばってくださいネ

ななみ 2014/1/15 18:03

仕事のの関係者に、入院する旨のメールを送りました。
でも、反応は無く、淋しさを感じただけでした。
 
この一ヶ月で、一キロくらい体重が増えました。 
体重が増えたことが良いのか悪いのか微妙ですが、ベストコンディションで手術を迎えることができそうです。
 
入院時の本を選ぶために、家の中から読んでいない本を集めてみました。
それが、思っていたよりも読み残している本が多くて、病院に持って行くには多すぎることがわかりました。
仕方がないので、ハードカバーは家に置いといて、文庫本だけ持っていくことにしました。
 
入院準備は、ほとんど整いました。
残るは、住民票とシャチハタだけです。
シャチハタは、仕事場から持ち帰ればいいので、実質は住民票だけです。
 
いよいよ入院、そして手術です。
おかしな話ですが、何が起きるのか、好奇心が疼き始めています。
要らぬ心配をして気に病むよりもマシだと、自分に言い訳しています。

元旦は、近所の崖地に出て、初日の出を拝んできました。
これが最後の初日の出にならないように、願をかけてました。
 
新年は、爽快な気分(?)で迎えることができました。
体調は、全く問題はありません。
本当に、直腸に癌があるのだろうかと思うほどです。
 
さて、本題です。
一般に、癌になると体重が減ると思う方が多いと思いますが、私は全く減りませんでした。
癌が見つかった直後には、食欲不振で少し減りましたが、今は元に戻ってしまっています。
初期の癌は、体重が減りません。
逆に言えば、体重が減る前に癌を見つけるべきです。
人間ドックなどで、少しでも早く見つければ、それだけ生存率も高まるはずです。
 
実は、私の従姉は、ダイエットをしている時に癌が見つかりました。
体重の減少をダイエットの効果と思い込み、癌の発見が遅れてしまいました。
彼女は、残念ながら助かりませんでした。
 
私が、ダイエットについて、一般での認識不足を指摘する記事をblogに書いたには、このような背景がありました。

↑このページのトップヘ