豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (風の谷の生活)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

ネットニュースでは、アラスカの異常高温が報告されています。

地球温暖化は、冬場ほど気温上昇率が高く、寒冷地ほど気温上昇率が高くなります。
逆に言えば、冬場の気温上昇率が高い場合や、寒冷地の気温上昇率が高い場合、
その気温上昇は温室効果による地球温暖化によるものだと言えます。

気象庁のデータベースを用いて、地域毎の月別気温上昇率を調べてみました。
対象に選んだ気象観測点は、鹿児島県奄美大島の名瀬、和歌山県の潮岬、
新潟県佐渡島の相川、岩手県の宮古、北海道の根室です。
これらは、100年以上の観測記録が残っており、都市化の影響も少ないと考えられます。

まず、5地点の気温上昇傾向ですが、以下のように全ての地点で上昇傾向を示しました。
 鹿児島県奄美大島の名瀬 : 100年で1.0℃の気温上昇
 和歌山県の潮岬     : 100年で1.1℃の気温上昇
 岩手県の宮古      : 100年で0.6℃の気温上昇
 新潟県佐渡島の相川   : 100年で1.1℃の気温上昇
 北海道の根室      : 100年で1.1℃の気温上昇

高緯度地域ほど気温上昇が高いとは言い切れませんが、この解析は次の機会に行います。


まずは、次のグラフを見てください。

月別の温度上昇傾向

このグラフは、5地点の月別の気温上昇傾向を調べたものです。
気温上昇の傾向を分かりやすくするため、年間平均の気温上昇率に対して、
各月の気温上昇率をグラフにしました。
縦軸は、偏差値になります。
明らかに、冬場の気温上昇率が大きいことが分かります。
これは、温室効果ガスの影響と考えると、素直に肯ける結果です。


月別の温度上昇率

このグラフは、気温上昇の絶対値を示しています。
縦軸は、1年毎の気温上昇(℃)です。
宮古では、夏場に気温低下傾向を示しています。
宮古の年平均の気温上昇率が低いのは、この影響があるものと思われます。
一方、相川(佐渡)と根室の冬場の気温上昇率は、他の地域に比べて高いことが分かります。
断定はできませんが、寒冷地の冬場に気温上昇率が高くなっているように思えます。
温室効果ガスの影響と考えられなくもないでしょう。


近藍のデータを見る限り、地球温暖化は、どうやら間違いなさそうです。
今後も、当ブログでは、地球温暖化の真偽を検証していこうと考えています。

最初に言っておきます。
私の考えは護憲です。
それを踏まえて、以下を読んで頂きたいと思います。


民進党の岡田克也代表は、憲法改正をめぐる国会論議について、
「私は9条改正は必要ないと明言しているが、
それ以外は、なるほどと思えるものが出てくれば議論することはないわけではない」
と述べたそうです。
岡田氏は、憲法9条以外には問題がある可能性を認めたことになると、
理解しているのでしょうか。

日本国憲法は、実によくできた憲法だと思います。
憲法改正論は、9条の戦争放棄だけがクローズアップされますが、
基本的人権、思想・信条の自由等、今では当たり前になっている日本の形を作り上げています。
岡田氏は、そういった条文の中には、9条とは異なり問題があるかもしれないとしたのです。
日本国憲法が持つ理念を、どう考えているのでしょうか。
愕然としています。

政治的にもみても、下手な戦術です。
議論するなら、問題の有無を明確にする作業から始めるべきです。
特例を作ってしまうと、他との扱いの矛盾を突かれ、総崩れになってしまう危険があります。
実に情けない政党ですね。


憲法改正派が3分の2を締めてしまったのです。
日本国憲法の全ての条文について一つずつ検証し、問題の有無を真摯に議論すべきです。
そして、問題があるなら、国民に内容を丁寧に説明するべきでしょう。


今回の参議院選挙では、憲法改正を議題にしたのではなく、アベノミクスの信を問う選挙でした。
ですので、憲法改正を前面に置いた総選挙があるべきかなとは思っていますが、
憲法改正派は、絶対に総選挙はしないでしょうね。
となると、2018年12月までが勝負です。

まあ、民進党には憲法を守る能力はありませんね。
別格に扱っている9条さえも、全く守れないでしょう。
護憲派の私の中には、絶望的な空気が流れています。

国立ガン研究センターは、今年の新期ガン患者数が100万人を突破する見込みと発表しました。
過去40年間で、ガン患者が5倍に増えた事になります。
この変化が、単純にガンになりやすくなっていると採るべきではないにしても、ガンという病気が身近になっていると教えてくれます。


ところで、当ブログでも書いているように、私もガン患者の一人です。
術後二年半を生き抜き、大きな問題もなく生活をしています。

では、皆さんはどうでしょうか。
日本人の平均を見ますと、およそ半数の方がガンになり、三分の一の方がガンが原因で亡くなります。
人生を80年とすると、毎年0.86%の方がガンを罹患する計算です。
人口を1億2000万人とすると、年間の罹患者数は100万人余りとなり、国立ガン研究センターの推計と近い数字になります。
逆にみると、120人に一人が、今年の内にガンになると言えます。
そして、200人に一人(ガンになった方の六割)がガンで亡くなる計算です。

やはり、怖い病気です。
キチンと検診を受け、早期に発見して治すように心掛けたいですね。

参議院選挙の投票が終わりました。
今から開票です
ここまで読む間にも、既に多くの議員に当確が出ていることでしょう。

さて、みなさんは納得のいく投票ができたでしょうか。
私は、妥協に妥協を重ねた投票になりましたが、選挙権を行使してきました。

私の考えは、護憲+原発再稼働+増税です。
どれも、ニュースで話題になる大きな問題です。
三つの条件ですから、三つを揃えるには政党は八つあれば良いことになります。
ところが、10程度の政党があるにも関わらず、三つの条件を満たす政党はありません。
仕方がないので、三つの条件の内、二つの条件を満たす政党を探す事にしました。
三つの内の二つを満たすので、3通りのパターンがあります。
つまり、8分の3の確率で私の考えと合致する政党がある筈です。
ところが、ところが・・・これでも私の考えと合致する政党が無いのです。

結局、妥協に妥協を重ね、三つの条件に優先度をつけ、その一つを基に投票しました。


さて、10も政党があるのに、なぜこんなにも偏ったマニフェストになるのでしょうか?
与党側の問題は、改憲に拘っりすぎ、争点隠しを行ったためではないでしょうか。
野党側の問題は、独自の考えが弱く、反政権の主張ばかりを行ったためでしょう。
与党も、野党も、未来の日本の在り方を本気で考えているようには思えません。

だからこその「風の谷の生活」ですが、問題ですよね。

東北森林管理局は、福島を除く東北5県の今秋のブナの結実の予測結果を発表しました。
それによると、宮城・山形・岩手・秋田は実が付かない皆無、青森は凶作との予想です。
これを食料とするクマが人里に下りてくる危険性が高まるとして、秋田県では注意を
呼び掛けています。

ブナは、開花状況を基に、「皆無」「凶作」「並作」「豊作」の4段階で結実予測します。
当ブログの趣旨から、ブナの結実は気温に影響されます・・・と書きたいところですが、
気温よりも前年の結実状態が影響するようです。
また、5~7年周期で、豊作と不作を繰り返す性質もあるようです。
昨年はブナの実が大豊作でしたので、昨年の内から今年の不作が予想されていました。

もちろん、気温による影響もあります。
開花前年の4~5月の最低気温が開花に関係していると言われています。
前年の最低気温が高くなると、開花が減る傾向にあるそうです。
ただ、雨量の影響もあるとの欧州での研究もあるとか。
ブナの分布は、気温によって標高の上限と下限がありますが、雨量が少ない長野県は、
ブナが分布していない地域もあります。
また、気温から予想される標高が、太平洋側と日本海側では100mも異なります。


生物による地球温暖化の指標を探していますが、ブナはあまり適していないようです。

↑このページのトップヘ