豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

                              いむたかつみ

歪を表す現象と、時期を知らせる前兆現象を組み合わせると、地震予知が出来上がります。
歪を表しているか、地震の前兆なのか、真面目に確認されていることと思います。
中には、そんな事を無視して、「地震を予知できる」を豪語される方もいるでしょう。
色々な考えの基に作られた地震予知手法は、それが実用的な機能を有しているのか、
はたまた出鱈目に地震予知をして成功率だけを稼いでいるのか、検証する必要があります。

今回は、地震予知が実際に地震を予知できているのかを検証する方法を説明します。


地震を真に予知できているのか、キチンとした検証を行う必要があります。
巷の地震予知は、全て成功率だけで検証しています。
成功率には、発表した予知内容に該当する地震が発生したかをみる的中率と、発生した
地震を予知できていたかみる予知率がありますが、「明日、日本で、有感地震が発生する」
と言えば、どちらも簡単に100%の成功率にできます。
地震予知の三要素を緩めれば、成功率は簡単に高くできるのです。
ですから、単純な成功率で地震予知の実力を判断できません。

そこで、成功率に代わる判定基準を考える必要があります。
地震の三要素では、予知対象の規模を小さくすれば発生頻度が高くなるので、成功率は
高くなります。
対象となる地域を広く取れば、範囲内の地震が増えるので、成功率は高くなります。
地震が発生すると予想される期間を長く取れば、期間内に発生する地震が増えるので、
成功率は高くなります。
なので、この三要素を合わせて、評価基準を考えなければなりません。

まず、面積に比例して地震が増えるので、評価基準は面積の逆数であるべきです。
期間についても、期間の長さに比例して地震が増えるので、評価基準は期間の逆数である
べきです。
地震の規模が大きいほど地震が少ないのですが、指数級数的に減るので、評価基準は規模の
指数であるべきです。

地震の発生頻度における以上のような特性を踏まえ、私は次式で地震予知を評価するように
しています。

地震の評価式



この式は、予知に成功した場合に適用します。
成功したという地震予知の内容を用いて、当該の地震予知情報が価値のある内容を持って
いたか、検証してします。
評価値は、以下のように評価します。

・     評価値≧1.00:実用レベルの地震予知と言える
・1.00>評価値≧0.10:実用レベルには達していないが、予知はできている
・0.10>評価値≧0.01:かなり怪しいが、デタラメと断じることもできない
・0.01>評価値     :明らかにデタラメと断定できる


私が調べた範囲では、評価値が0.01を超えた例はありません。
有料・無料に関わらず、全ての地震予知がデタラメのレベルでした。
0.01の評価値であっても、達成すれば凄いことだと、私は思っています。



-地震予知研究の手引き(検証方法2)-

地震は、広い範囲に歪が溜まっている場所で発生した場合に巨大地震になると、前回は

説明しました。

このことから、地震発生時の前兆現象は、地震の大小に関係なく、全ての地震で同規模の

現象になると考えられます。

過去の地震を同列に扱えるので、前兆と思われる現象との相関を検証しやすくなります。

この利点は、前兆を探す場合よりも、地震のトリガーを探す場合にメリットがあります。
例えば、地震の発生頻度が12時間半で変化しているなら、潮汐が影響していることが
分かります。
24時間周期なら、地球の自転が影響していることが分かります。
27.3日周期なら、月の公転が影響していることになります。
29.5日周期なら、月齢が影響していることになります。
365.24日周期なら、地球の公転が影響していることが分かります。


これを調べるには、フーリエ変換を行えば良いでしょう。
発生時刻が明確な全地震データを1周期と見做して、フーリエ変換を行えばよいのです。
その中で見つかった周期について、何を意味しているのか調べていけば、何が地震の
トリガーになっているのか、見えてくるかもしれません。
少々乱暴な手法ですが、何かを炙り出せるかもしれません。

井出哲氏は、過去20年間のマグニチュード5.5以上に絞って調査し、満潮時に地震の
危険性が高まるとの結論を導いています。
私には、地震のデータを絞るべきではないと考えていますが、もしかすると、地震の規模を
絞ることで、思わぬ周期性を見つけられるのかもしれません。


ただ、問題があります。
地震は、余震によるものが多く、これを除去しなければ、明確な傾向を掴めない可能性が
あります。
これをどうするかが、腕の見せ所だと思います。

さあ、頑張って調査を始めてみましょう。


-地震予知研究の手引き(検証方法1)-

歪の方は、単純に人海戦略(片っ端から調べる)でしたが、時期の前兆現象の調査は、
多少は科学的に絞り込みたいと思います。


地震発生の前兆現象を調べる上で、巨大地震は発生頻度が低い問題があります。
サンプルが少ないので、どんな前兆が発生するのか、見つけにくいと考えられます。

ですが、私は異なる考えを持っています。

地震の規模は、震源域の大きさで決まると考えています。
逆に言うと、地震の規模に関係なく、地震発生は同じ条件で起きるはずです。
地震の前兆現象を調べる際に、地震の規模で分類する必要はないのです。
つまり、全ての地震がサンプルになるのです。


気象庁のデータベースでは、1923年以降の全ての有感地震が公開されています。
マグニチュードと位置が明確なものだけで、10万件近くの地震が記録されています。
これだけのデータがあれば、前兆と思われる現象の観測値と比較すれば、統計的に検証する
ことも可能です。
例えば、観測データと地震の発生に相関関係があるかを調べれば、前兆かどうかが明確に
なります。

この方法では、歪の量を示す現象を探す行為と似て、人海戦術的に調べることになります。
前兆現象から始めて、実際の地震活動との比較で、真の前兆現象か、見極めるわけです。
この方法では、思いつく限りの前兆現象を試していくしかありません。
こんな事をしていても埒が明かないので、次回は別の角度からアプローチしてみましょう。


-地震予知研究の手引き(研究手法5)-

地殻の歪は、基本的には長期に渡って一方向に変位していくはずです。
ですが、見逃すことのできない大きな力も、地殻に働きます。
潮汐力です。

潮汐力は、およそ12時間半の周期で変化します。
しかも、潮汐力による地殻の変化量は、10cm以上もあります。
これは、プレートの動きによる歪の変化量の1年分以上にもなります。
これほど大きな変化ですが、周期変化なので、歪は蓄積しません。
(正しい意味での歪は蓄積しますが、ここではプレートによる圧力を歪と表現しているので、その意味では蓄積しないと表現しました)

ですが、広い範囲(南北方向)で同じ方向に歪が変化するので、歪を表しているか確認する上で、一助となるはずです。
また、歪の変化は、必ず東から西へと移動していくので、見つけやすくなるはずです。


折しも、「巨大地震は強い潮汐力が働く時期に多い」との論文が発表されました。
また、古い論文でも、プレート境界が南北方向に伸びる場所で、潮汐力の大小と地震発生との間に相関が見られると発表されているそうです。
プレート境界が東西方向に伸びる場合、潮汐力の位相はずれますが、南北方向なら同期するので、広い範囲で歪の増加が同期し、巨大地震になりやすいと解釈できます。

こんな考え方もできます。
海水の潮汐は、月による実際の潮汐力とは2時間程度位相がずれています。
これは、地球の自転によって、満潮部分が自転方向に引き摺られて起きます。
もし、自転がなければ(厳密には月の公転と地球自転が同期)、海水も地殻も重力と潮汐力がバランスした状態になります。
ですが、実際には位相がずれているので、満潮部分の海水は潮汐力があまり働かず、地殻に圧力をかけます。
逆に、月が南中している場所は、潮汐力で浮き上がる力を受けることになります。
これが、地殻の歪を一時的に大きくする可能性もあり得るでしょう。


地殻の歪を表していると思われる観測値をお持ちの方は、まずは潮汐力の変化と比較してみるのが良いかもしれませんね。


-地震予知研究の手引き(研修手法4)-

仮想のデータで、歪を示す前兆現象が本物か、確認する仮定をみてみましょう。


南北に20km離れて電子基準点があるとします。
南側の電子基準点をA地点、北側の電子基準点をB地点とします。
A地点は、毎年2cmずつ東に移動していることが、電子基準点の観測から分かっているとします。
B地点は、毎年3cmずつ南東に移動しているとします。

仮想の観測環境


この条件では、A地点とB地点は、毎年2cmずつ近付いていくことになります。
当然、A地点とB地点との間では、歪が溜まっていくことになります。

計測器をA地点からB地点まで5kmおきに設置し、計測を行ったとします。
A地点、B地点、C地点、D地点、E地点の計測値が、次のようになったとします。


仮想の観測値


観測開始から3年半後にD地点付近で地震が発生したとします。
こんな風に変化すれば、観測値は歪の絶対値を表している可能性が高いと言えそうですね。

 ・全体にほぼ一定のペースで増えている。
 ・地震発生時にほぼゼロまで下がっている。
 ・D地点の両隣のC地点とE地点の数値が少し上がっている。

こんな感じで、歪を表していると思われる観測値を検証していきます。


思い当たる観測値があれば、片っ端から調べてみてはいかがでしょうか。


-地震予知研究の手引き(研究手法3)-

↑このページのトップヘ