豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (風の谷の生活)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

国立がん研究センターは、
2007年から癌の治療を始めた患者延べ168,514人について、
同じ年齢・性別の一般集団に比べて、5年後の生存率がどれだけかを示す
「5年相対生存率」が64.3%だったと発表しました。
 
全国のがん診療連携拠点病院のうち、
患者の90%以上の生死を確認できたなどの条件を満たす
177施設(46都道府県)の患者情報を集計しました。
(※対象患者数は全患者の約3割に相当)
胃がんの5年相対生存率の都道府県別の集計では、
全国平均71.2%に対し、福井(77.7%)や長野(77.6%)が高く、
群馬(60.9%)や茨城(62.0%)が低いなどの差がみられました。
生存率の低い地域は、
患者の年齢が高い、早期発見率が低いなどの傾向が見られたそうです。
 
これらのデータが、今後の各地域の医療に反映されることを期待しています。

京都大の浜西順三助教授らの研究グループは、免疫を再活性化する新しい癌治療薬の投与により、卵巣がん患者の一部で腫瘍を消失させる効果を臨床試験で確認したと、発表しました。

投与された治療薬は、本blogでも5月23日の記事に書いた小野薬品工業のニボルマブ(商品名オプジーボ)だそうです。
この治療薬は、皮膚がんの一種である悪性黒色腫の治療薬として承認されたのですが、当初から複数の種類の癌に使用できると考えられており、肺がんで適応拡大の承認申請がされています。

浜西教授らのグループは、卵巣がんの手術後にがんが再発し、抗がん剤も効きにくくなった患者20人に対する治験で、この薬を2週間毎に計4回投与したところ、2人は腫瘍が完全に、1人は部分的に消えたことを確認しました。
また、6人に腫瘍が大きくならないという抑制効果があったとしています。
一方、10人は効果が全く見られず、残りの1人は評価ができなかったそうです。

今後は、薬が効きやすい人を絞り込む研究も必要になるそうですが、他の治療薬に効果が見られなかった患者に対しても効果がみられることから、患者にとって希望をもたらしてくれる治療薬と言えます。

国が指定する「がん診療連携拠点病院」(409施設)の2013年の診療実績が公開されました。
 
「がん診療連携拠点病院」で癌と診断された症例数は62万9491例でした。
これは、国内のがん全症例の約70%にあたります。
 
・症例数  =629491例 (前年比 約39000例の増加)
・大腸がん = 91530例 (男性=54601、女性=36929)
・胃がん  = 75265例 (男性=52807、女性=22458)
・肺がん  = 73017例 (男性=50255、女性=22762)
・前立腺がん= 50357例
・乳がん  = 64552例
 
通常、大腸がんと直腸がんは、下部消化管として一緒に扱われます。
私が罹患した直腸がんを含む大腸がんは、男女を通じて非常に多くの方が患っているようです。

厚生労働省の「がん検診のあり方に関する検討会」は、市区町村が行う胃がん検診で、新たに内視鏡検査の追加を提言、早ければ来年度からの検診に反映される予定です。
 
内視鏡は、実施体制が整っている自治体のみ実施されますが、受信者は胃透視(X線検査)か、内視鏡のどちらかを選ばなければなりません。
胃透視(X線検査)、内視鏡ともに50歳以上を対象とし、検診間隔は2年に1回とする方針のようです。
一方、胃がんのリスクになるピロリ菌感染の検査は「死亡率を減らせるのかを示す証拠がないため、さらに検証が必要」とした。

乳がん検診については、40歳以上を対象にマンモグラフィー(乳房のX線検査)を2年に1回受信することを推奨しますが、視触診の有効性は認めらないため、廃止する方針とのことです。
これは、ちょっと気になるのですが、医師でも触診で発見することが難しいなら、自分でシコリを見つけることは不可能に近いということですよね。
その辺りの説明を、マスコミを通じて広めてほしいところです。
そうすれば、マンモグラフィーの受診者が増え、早期発見が可能になるのではないでしょうか。



――――――――――― << コ メ ン ト 転 記 >> ―――――――――――

胃がんの集団検診の胃透視(X線検査)で異常が見つかった場合、精密検査になりますが、精密検査では胃カメラになります。
この時、スキルス性胃がんだと胃透視より胃カメラの方が見つけにくくなります。
せっかく、検査で胃がんを見つけても、胃カメラで見落とす事になれば、本人は「精密検査で異常無し」を信じてしまうので、早期発見が難しくなります。
かと言って、過剰な検査は費用の面でも、肉体的にも、良くないことです。
効果的な精密検査の仕組みが必要だと思います。

自コメ 2015/7/31 22:09

昨日、術後1年半の検診に行ってきました。
私が病院に行く時は、なぜか電車が遅れます。
昨日も、いつものように電車が遅れました。
これに、予約のミスも加わり、時間ばかり掛かってしまった一日でした。
 
さて、検査結果ですが、血液検査(腫瘍マーカー)、胸部レントゲン、腹部CTともに問題はなく、ホッとしました。
 
春に手術した父の主治医とは私の主治医は知り合いだと父から聞いていましたが、診察の後で主治医に確認してみました。
学会などでよく会っているとのこと。
遠く離れた親子ですが、思わぬところで繋がっていました。
ちょっと不思議な感覚です。

↑このページのトップヘ