豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

                              いむたかつみ

ビタミンA
 【意味】脂溶性ビタミンの1種。化学的には狭義ではレシチノイドを指す。
 
ビタミンB₂
 【意味】水溶性ビタミンの1種。化学的にはリボフラビンを指す。
 
ビタミンB12
 【意味】水溶性ビタミンの1種。化学的にはシアノコバラミンを指す。
 
ビタミンC
 【意味】水溶性ビタミンの1種。化学的にはアスコルビン酸のL体のみを指す。
 
ビタミンD
 【意味】脂溶性ビタミンの1種。化学的にはエルゴカルシフェロール(ビタミン
     D₂)及び、コレカルシフェロール(ビタミンD₃)を指す。
     ビタミンの中で唯一人体内で生成できる。
     冬場でも1日5分程度、日中の日光を浴びれば良いと言われている。

初冠雪(はつかんせつ)
 【意味】山頂付近の積雪を、麓の気象台からシーズンで初めて確認する事を言う。
     初雪とは異なる。

↑このページのトップヘ