豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

化石燃料(かせきねんりょう)
 【意味】石油、石炭、天然ガス等、過去の生物由来の燃料のこと。
 
カルシウム(元素記号Ca:Calcium)
 【意味】アルカリ土類金属の一種で、動物や植物の代表的なミネラルである。

 

エルニーニョ現象(えるにーにょげんしょう)
 【意味】太平洋赤道域の日付変更線付近から南米のペルー沿岸にかけての海域で
     海面水温が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象。
 
エンゲル係数(えんげるけいすう)
 【意味】生活における全支出に占める食費の比率。
     生活水準の目安として用いる。

↑このページのトップヘ