豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

                              いむたかつみ

民間療法(みんかんりょうほう)
 【意味】経験や伝承に基づく治療法のこと。
     主として、風邪や喘息等の日頃から頻繁に罹患する病気の治療法。
     癌のような重篤な病気についての民間療法は存在しない。
 【記事】


マウンダー極小期(まうんだーきょくしょうき)
 【意味】1645年頃から1715年頃にかけて発生した太陽の黒点数が著しく
     減少した期間のこと。

↑このページのトップヘ