豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (風の谷の生活)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

「科学技術は、時代と共に発展してきた」
これに対する反論は、半年前にしています。
同じように、
「今は出来なくても、将来は科学技術が発達し、必ず出来るようになる」
というのがあります。
実は、
どんなに科学技術が発達しても、永久に実現出来ない
ものも、あるのです。
 
技術的な限界は、技術の発達と共に越えていくことが可能です。
ですが、物理的な限界は、越えることは出来ないのです。
そして、
一般の方は、それを理解していない場合がほとんどであるように見えます。
 
少し科学に興味がある方は、
「光より速くなれない」
という相対性理論によって示されたものを思い出されるでしょう。
それも、物理的な限界の一つです。
 
他にも、身近なところでは、こんな例もあります。
「A市から100km離れたB市まで、時速100kmで1時間で行ける。
科学技術が進歩すれば、時速100kmでも30分で行けるようになる」
こんな事は、あり得ませんよね。
誰でも分かる物理的な限界によるものです。
 
もちろん、
「科学技術が進歩すれば、時速200kmになり、30分で行けるようになる」
との指摘は分かります。
ですが、時速100kmでなければならない場合もあるのです。
例えば、
「時速100kmなら急カーブでも人は潰れないが、時間がかかる。
時速200kmなら早く着くが、急カーブの遠心力が4倍になり潰れてしまう」
技術がどれほど発達しても、
物理法則による限界(遠心力)を越える事はできないのです。
 
こんな事を言うと、
「物理法則も新しい法則が次々と見つかってきたではないか!
今の法則が正しいと考えるのは間違っている」
と指摘されてしまいます。
確かに
今、人類が知っている物理法則は、もしかしたら間違っているかもしれません。
ですが、
物理法則は、実験や観測で立証されているので、大きな間違いはないでしょう。
少なくとも、私たちが感じられる世界で差がでるような発見は、ないと思います。
 
例えば、
ニュートンの物理法則は、アインシュタインの相対性理論で書き換えられました。
でも、通常の生活では、ニュートンの物理法則で充分なのです。
相対性理論では、
「運動する物体の時間は、静止している場合より遅くなる」というのがあります。
仮に、私が1時間の散歩に出かけたとします。
1時間後に帰宅した時、私の腕時計は相対性理論が示すように遅れている筈ですが、
パソコンで計算しようとしても有効桁数を超えるほど微小な遅れでしかないのです。
新しい物理法則が見つかったとしても、
実生活においては、今までの物理法則を覆すような違いは現れないでしょう。
 
 
さて、最後に希望を語りたいと思います。
現在の物理法則は、我々の宇宙の誕生の瞬間に決まったそうです。
将来、宇宙誕生直後の素粒子発生の仕組みが解明され、
物理法則がどのような仕組みで生まれるのか分かったなら、
是非とも、その発見者の公開講座を聞いてみたいものです。
 
楽しみです。
 

2012年2月20日、大林組が宇宙エレベータ建設構想を発表しました。


私も宇宙エレベータのケーブル強度について計算したことがありました。
私の計算では、最も強いピアノ線より150倍以上の強さが必要だとわかりました。
ケーブル素材として有望とされるカーボンナノチューブも、ピアノ線の30倍程度の
強度しかありません。
作り出せる長さも、まるで足りません。
残念ながら、大林組の夢の実現性は、現時点では難しいようです。
 
ところで、専門家の計算では、ケーブルの強さは、ピアノ線の180倍だそうです。
私の計算よりも少し大きな数字になっています。
私の計算では、安全係数もクライマーの重量も含めていませんでした。
早い話、風が吹いただけで切れるレベルです。
専門家の計算には、安全係数やクライマーの重量が含まれているかもしれません。
私との差は、その部分かもしれません。
 
 
さて、ケーブルのハードルは高そうですが、それ以外の部分は研究が進んでいます。
その一つが、クライマーの開発でしょう。
2009年から開催されている宇宙エレベータチャレンジは、気球で高度1200m
まで釣り上げたテザー(ケーブル)を自力で登っていくクライマーを競う大会です。
宇宙エレベータは、軌道ステーションまで約36000kmもあります。
これを現時点の世界最速エレベータで登っても、到着まで3週間もかかります。
また、ケーブルでゴンドラを引き上げる通常のエレベータとは違い、
宇宙エレベータは自力でケーブルを手繰って登っていかなければなりません。
それで、研究と周知の目的で、宇宙エレベータチャレンジは開かれています。
 
ケーブルの材質や形状が決まる前から、そのケーブルを上るクライマーの研究を
行うのは少々気が早い気がしますが、大会自体はたいへん楽しそうです。
今から、今年の大会が楽しみです。
 

イメージ 1

※Yahoo地図
https://map.yahoo.co.jp/maps?lat=43.06451410&lon=141.34685700&ac=01&az=&z=10&fa=pa&ei=utf8&p=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93

どちらが五稜郭でしょうか?

サリーナノテクノ社が開発した「ベンタブラック」は、光の99.96%を吸収するそうです。
赤外線カメラを含む光学機器に応用することが考えられています。

ところで、光を吸収するということは、光のエネルギーを吸収することになります。
吸収したエネルギーは、熱として蓄えられるはずです。
でも、赤外線カメラにも応用できるということは、赤外線もほとんど出さないはずです。
なので、熱を逃がさず蓄えることにならないでしょうか。
太陽熱温水器に、この物質を使用すれば、今までの物質より効率が向上するはずですよね。

※画像はありません。なぜなら、ほとんど見えませんから‼️

かなり前の話ですが、ある方の叔父が遺した日記の暗号の解読をTwitterで依頼したら、僅か4時間で解読に成功したそうです。
 
日記は、和文モールス信号のトンとツーを入れ替えて作っていたそうです。
このタイプの暗号は、常に同じ文字に変換される欠点があります。
例えば、「イムタカツミ」は必ず「タヘイケマシ」に変換されます。
「イ」は、必ず「タ」に変換されます。
「ム」は、必ず「へ」に変換されます。
また、文字は入れ替えになる点も、欠点でしょう。
「イ」は「タ」に、「タ」は「イ」に変換されます。

このような欠点があったので、4時間で解読成功に至ったのでしょう。
 
実は、私も、日記は暗号化しています。
自作の暗号化ソフトで暗号を解読し、過去の日記にその日の分を書き足した後、再び暗号化しています。
家族に解読法を知らせていないので、私が死んだら、苦労するのでしょうね。
私の暗号は、頻度が偏らないように工夫してあるので、解読は容易ではないはずです。
暗号例を示します

KDCTRAMQDLXUYSPILZLXPGWGWLICBZAHYMDCKQACQFBZUVYGHEZSIGEBCAQLDKVNVDMTYQIIDISBUZHO
LKKHNMMUAFZZZVNMAXRIDDRPROKBJZYYOUUEZCGKFMXJHULALXPCINNYKLBCBXZEAPUIXUEBPTEXUQHS
FNEIJRNDTWUQHJWSWJAUALFGWCVXGMCLBAUEAENYWICNYHMLFPCYZMEFCEHQUCXHCFELDOHAAOERXZAO
WAFFBSDWKSBNTMPDRRYWUIOFITIHPORIBNHCIMFPFTUERYSIJGNBYTFLPTXCIEHABLHGCFGKPEMFVDFM
DQJZLKWCACLPJVTHSIYJKMPQBNNFUROZECWYVOZACBQNSOFJULXEHENJQWUAWGPGBIEHIHUDJSUIGBAL
OHDNLSRWCIWKLMFTTEEILDTWTAMZCAZDAUZHDAUXRUJXPSSJLQFZUVBTZWIBRHRLKWZUJCBHUDWBPVSN
JVZRNGPEAGZMUWTWJFXVXBWMZZFOQVCIEGVSWWNLBZARMRFTKQKDNQGIXGXXKQNGZGREHQTNBCCPMWGN
CUCXDXAMMUOUFHHHVNYSBUGKVEHPBFZVIXFEVIVNWRVJOKEMIGMKLMTPJAYDHDRFJXRMRDKOUGXQVREY
HDGKVNFLGCCSBROXMAITPPYRRKRXLBJARJJMYFZQKEGYWDAISQARNFSIBFRAXSFYNGKLJJYSKXOQGJYW
WIUJFVPBAKGXONEHSCSUKNBGJSKKSAZFOLSOZRBEHJHFLHUONJPNISJICJEYSSPXGUEJWWORKSEQLCAS
SFMUOWVSPONRMETSDZFZSEBUYUQGWKBQUTSMVOPPPKYMEROWOUGYBOZNAKQFWONEIKOPJIXMSAPZJWLZ
GBDIVHQZXLNVLMXGPTDNCXMNBNXDRHAPAAXRJZIWGQCFVCXOOLYLYMGDSJGXXEUUPLAESRUYLCKAFMIF
FADGBBTWJUQZQFLOIRSSIWMLFWQOSUABSVQQUBLJAKFQIRQSVTHGXYZVJMETZGYTSCSRZCNUWUPLESER
COQAFTYKPVIFKOOLZTNQLGQZUCPSCYDKKRTUCGNKFZGWRRHUVQIITIJJSXVHSXWBIWYZIHYHGYSOOAGK
MLTQRZYUREBDMGIBTYOZYDWCBIONOVFPQADZQFUDBIBIRJOUPQANEZVDBZPDKDZUJWOMWMXMPVBANBXY
PZJMRRLQUJEKQVQFYMPKNFLZVYFJFFVQCEGIUDOKGKUNOSCHKDKFUBNWBJLHMHJELJGUDMZYIKTBLJDC
MTTLHEKHXPMRIFPXXWEUHTFNKZQGMUHMLRUGSJPCWRZZQARJNGBTSBEZAQWVWEIOWHTPEMKQJOPKJIUB
WLYCINMPMLOAETTOXZROBIIZWBCNSMFIVLDSVIEFZKEXFQLUKVKRAVXGGKNTSIMCPWSGJBJMZLSDUIMZ
AWBSECMHRHZGEYCGCNDSHRRFWHIDRSSXNRXRRBJCZDCPOXVNPSMBLNIGXMLVOQGEIZBRKYFQEVGVPJUY
BRSDGUMWPCXNOQNHYXREPJAYWCVHNWJKVLJAVNMOXIPDXSGOJWNTREQXHFEAVNEHWJZZIXTEJMUYIGLU
ZCCHQIBKDTPDCCTOTAKKKHAEVAIQHRVMVWXIPHUAOIFJCIVJWRXQCJXGLHEDEUTVUZMIWOHEDXWGESRR
OQBAVNFVSYBUDLWCYQFDMLFVZICNSBOYQPUUQBLDYSGLQRIRLUYOLYWPNSPKFXWESRJXWUCEXYFQDIGB
HPTFOKANOIVVTXRZCKVPOPEVIULLNILJDURSQMVKMBGHGZKGJRLOLEZYFADBXNMPPPAGGIYOQUUQBMLB
WMXQVIMNKVDFOLETEFQYMAETYMZVPELEWGKXVOPXZDIZHLRZKEYMYAYIBFWNKJZVNWKFBJNOKJGBPVSG
SSLCNULQBLOAMVBBEKJQAEVQDQDQFNXJYZGTZJNDROTDSANIWKGPRHFQHSIARGVMKLHKCBEGPVVBHFAZ
DTKBTWKHEKDIYMJAKZXPSUNBXYDIGSIUXEVNUQKXQBRZQSCODVPCZDJMKLFHYVCOTSUTWKXLNPVMDFXJ
RSSSEAZKMMZLZICVQVJYCYVGQTFXBHJBELYUMNPUPPYWJEJATHMCTPIBUCNHNHJQKUQWFQPNSGDETBQP
CDPGLZBQLHQJKSAFEGEJHEOIAWSZKHOICJEMUHKWKELMOAVENVYPILTQGBMZVEVRPVONUZUDUSDFFGXJ
SNJDPVQWFZAEKNNHVNRASSLMNAOBXKKDMWHNEKAEBVLZSZUWPOXTEUKXDHSUQDVHIAILRGVPZRXPABSR
MXBPPIZSINDGZSFBNUZFLUHRHQDWIQPAWVTZXBVYPOFGDMXDPNJQTBUEAFDJWJHBOHJAOMVZIWWSMAJN
FVBNWLAIQWZCFVITSCYLFRTRQGIXVEJQMODYYKVQJLLNDXCMEBRQGKMILLRCZWFAMQISJMLKQNZOACVP
AIBCFLLLCJOKQDAWZFWDSUOBVAVVUORSWWFXPXPLFXTJKAVDZHHLOKQMGOSBXOVWXCKSDCOGKJDEMYMO
ZLLUUVIUOYQXSSCTOXFXHACYACSTRYHIWQXXYMIWEOMUOAVSSJRPOTYVEHVKSHSAZSSOFSXOTFTDBDXD
EYXTDWUWCXZWDVHKOQMWZNJEOYTTRHWAQDWDJRVSRASUUVTLKYMQZLLFDLYVCIJUIGWDFWHAHENDXZSW
OOZTNDOUNIYWZVIPZQNZECBREMHKUJGOTMPCMOMYUWKWANNBXJIWNYFPVECNKROGMBJGKBUMGCCRGYLW
VHWGCIYMMQWVVUSULIREIRGKCRTGZKOQMUKDTBMHRLFUFIZTJCJJTOWRMDMEKLWKWSXTWSFPFMWCIBEO
WFFFOCUFJYKZIBLOYZZBVCGZMAJLWXXSWBCGMHRCFGAYCJMCBBWBJOPONDTKTRKXUYZLFDRYRNUWPQUK
TMUVMNVFXSICEQCNZBIWDHLAZDUPDVKSXZLKHENKOVMWJQYZDYFYHAYGHUAPOALECEMLSAUZOIMQGCGK
LAOKUULYUTFGXCNMXOZJIGGWFVYLHBWFYVJETFVAFJOVVRLHVQLZSLRNKLCSMSRQAOVXUHYMBNCWZHTP
OJWWWMHNGTUOZKDRXQEUYWTPNYLMUBTYTEAWGGCALFTEBJOQKEAPIYGAZQHRBBBYCMMTLOJJUSZNLGTC
MJZONYRUAHANILESBJEKWHBEZKVVZHLTMRKGVBRTNTIDMWZSWIKNKEYDZRUBLGOQAFXXJOEZKTGJDNZK
LDHJDJQTTVYSYYRTTEATSUDURDPRCVJAMQWMKNDRTSHBXXBOMWBKUAOITDIBKRCZJFKGNREWUPRTPTTS
NLHHYMVEYLSQHZTCSIQEEERGUQJAFKIEMIFYYYJAPSXQPLVQRVPKRJSGCITKBGDAUYCLTXYOFHTCEXKT
UKULSCJYTZPKOOIDZVSOUEHVSMSKYTMUWYFRRFWMWUKTIAIUNOTFRHVIWRYOBCVLBQFOZHJNIVZIGRQH
LSSFMSVFILCTGSRAJJKPCDNKYPXRENFMQVHVZVRQJBBBNDICKFGPQJLZEGGGIKJTPZKMMLPAFMEALIQD
XGKJUTURTWXNMKDTFJMHPMAPTUQTHTNQKDZDIZESOQANXQFVYSOUQQLVARZLZLSNXBIRQFBLRFTQFEDX
JYXVGVVCUCQSDZOTVHXMWHJPICGMEIMQBGWKEPGKUAGFZMDAZGTQZMIEODJNHMUJXUJRZBNJCQJAWOEV
WEMPJBJGWBEROPAMEAKJMAOESUZDQQKNDFULMHWXDYBSAJOSXEXJAXXQNOOXLEXXYDKWFNYGLFSSJQJG
XHMOIEXOMSKFVYZQMRGPTXHGYYKUTRRFYJEPIGWRRACROALNXEGPCYGDHDSOZYNHEXNNEWHBVUFFFJWK
JIBHOUQWMLGIQHKUWQYPPJXDFQNQBNQCLUXVRGQJDMSDPCKCSTJEEODSXPKKTJHJXTBBVDJSQMBGHXCU
KVCPJDFMOHZFYNGKAKCKPUAWQDAAILLJELPGMOCOCYMHQERZLDKRQVMNOPIHIRMSFCOKEVABCGIIKEFD
OFEBQMSUZPJTOSILQTOWFRITPKAPIUVSFEFJLMPAKHAAAMBMGBZNOCKWPJPHUSBAMMTVVCGDFGHRJDMC
OPLEVYKKTBIZUUZTVUWANKQTEXQEBFXOOVCWEEDDURPNVVJXMCYNXVJYPDVOPKZHAFLRDTUSMBDUMPNU
FSPKDGLJCDCTLEVFNUQGQOCABDDIWIGKNFXJSPAISKSSPQBQPEGDYVPUHLVFPVEZZQROQATEQPUATWOE
RPFMJJBYSRDOXREKTWEFZBEYCWQSOAMYWQPHBUAHCNUYSCHGYPULXHOAWKEBTTHURWPYFBCBESFEICAI
BEERBATAHZIEIPSYGWAFQIUQGYIQRPVBFTANBOMRKUMCMSKJYSPZFLZZXRXCPILCHQBAAPGTRTMTVLCH
QUQESSOJMNTINXWKQSESCFDICEHVZDEGFNKIIBISYRMBDLIWGTXAUTEMHBCPYNIWIDUGXQWGULJSGWAE
HLEOQEHVXNZZHCEKFRCOIXMGKXOZHQGGXREQIHLWJDLWVEAAKWNVREWZDIFDSSOEBHUNTVCVJGYYZTPC
WHYTCIRPVWERDMACPQEIFLDISFFEGZMLMOQWJFKIWTPRYWJPMCDDCKYCDIUZUQSFWENLDJPRDOPILNPY
KGCDLTVHLVEPOHCWARZLBZKBQXHKCIAFWHZCIGMFQBLLFWUJARUTUWVJDNGDCPLHTRVWYCNMPVZUDVQY
TYMFGHHREOFAQPFKULOZBTJWXRPGUAVRNKGVWXHWNTUMHSQLPITNHFFKUIFYETWOUGAPVNIZHNFDCIRS
XFVZSFGVLYQUSLLKDGDYUDOLGEPSREHQWFLYTYERIIOXFRWYIXHKMJCCGLEPPLZXUVRGFAVUJQJHXHGA
PNBBEPPMXYCLBNHVIRDJSXPSFXBOFMTPLXWDITULHWKJLHGKVSZROYIOFRVZWWLJKGVLTZPAOPMCNRZF
NELEKZQLLOHEYHGVDQQLQRUIRPXWMBUBKIYINKVESISRQITHSXOLHIDQUHMRPTHPJOLKOTPUVNRPLBPG
FVGBXTLLBVHBLHLGHCQZYVXZKHEVQIPNYJEZDBDIYTTQTBUPVRJHZUJFUMMKNJSZZULNCCKZGYGEEMLZ
JBAJIDYRWMPTDUXNEQAOACAPFCXUVXGFBRHEWRFDNDPLECZLDZONVQINDWLRIFIBUYVGLDZENQYBHPXC
OXACEHBTWBSMRVMBEDGCUBEVMJWHRQCKXHROWFGVKONNDNDSVVOTNDOCKACBPNUPYROXJWWQZJCGZMID
VWCSHIXFJKFBQIVVLEMFQZQHDVLMWEPFAYZMAEFXVDEZRBYEDBCJKZBBLFFAEQWCOHXFSIADWMDGQXZP
CKCCEJFMVGIOHHAAPRVYALFDVUOMPUXBHUEAVVYFMFSXLUWOHXZTZBLQBYPKRQAAZJJJFOXXUCOQGMVX
PBHZFVQLNQQRSDBKMIJCBJZGTDBSYAWEBLKYICMMUVVOMMPEEXUJERFZLHHGNCMFWTFHONCPYKBXPFGJ
LRKFMRNPRPFTARDVQWUISRJXUABASHABIZZOFKSQRQGDFWXBVUHURRCCBFUVBQOTDUVNZGAGRJSJMSGQ
URCVEBIOASQUKHJGOTRPXCALUYEFDIENWJFOXFJMHOIDHCWDNIHACIUZBLDJLVQYTHKTMPLSLNBGIHBJ
GPVDWWAAHMGUSNMGWDSRDQZPKYWPNCSHBBEYBIAWWXBNXMAUOBAHYCWAJNTFCHALYWKMOPJPWSSEIBTW
ACAAYVEJKRWXQXQGGAHYJLAGCBCXNWJIPJSWYVSFESQKBVEXGBCALYQOABQTPMKBLUPJSZUNFVMBLCJJ
QFQMFTNQWCXIJYWURIDEBGJUDKVOLVJYLFZDSLZZBFCZZYTLJXGHGCBRRKNMLARQUTHPYMCYBBILZLMG
MFGFYQIBKOVXXDJJWPKQTUTUSWHPKRKEUJHMKCEEEOGZNEZXVAABVWMGTZFUIIDVDCSWBRALZOJHMDEJ
TVFDIGYQPXQNFXQOCQJGTIDLMWFZIJBVLTFBNYGAYOSXWANYRUGRARWPJMNRFBGRJKNTHQQLXZRKGRHJ
EMNJPNXDOPMBGZMMKEMMIYSSSQVBMQCTNOEXUJNJFFRSFLDQXYPGUTYQJROMCARBPNZRNNPDVQHLBZTZ
TQRHKRVSDKDJZXKGTGOAGPKNIZLRCKUWQDIXTOPUDUJQPGDEPFOIWJZGTMCMPVVITAYYVMDZTRJHIGXC
DZLUJDXYZDCEHPBDFBFWXQCFXGFFBUOJBESFUTJUDPDRGCHGHLBANFDFYONHJZTDYROPUPDSJQMHTSSC
BMEDZFFEXBZPXWWXRXSZQHHVGVAHSUFXFAJFLLZWXZERJGSJWDXCPTSUGFOMCHWTHODIJZTWQNSABRQL
WROLYZYVGGVOUUHFPNJKYLMMIWJXCULFXDBEQEIETPMJVPJFNXETKGMRIVBPTZPFJXSQJJANIYCHMHWT

下は、上記の文章を暗号化した際の各文字の出現頻度です。

 A: 95.5%  B:104.2%  C: 97.1%  D: 99.9%
 E:105.4%  F:108.2%  G: 98.3%  H: 97.9%
 I:101.1%  J:107.0%  K: 99.5%  L:104.2%
 M:107.4%  N: 91.2%  O: 95.1%  P: 99.9%
 Q:103.4%  R: 99.5%  S: 96.7%  T: 89.2%
 U:105.0%  V:104.6%  W:101.9%  X: 95.5%
 Y: 89.2%  Z:103.0%   <標準偏差:5.3%>

と言っても、解読は不可能ではないと思います。
プロの手にかかれば、あっさり解読されてしまうのでしょうね。

↑このページのトップヘ