豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

                              いむたかつみ

農薬耐性(のうやくたいせい)
 【意味】使用される農薬に耐える能力のこと。
     例えば、除草剤に耐えられる農作物を農薬耐性があるという。
     耐性菌も農薬耐性があるという。
 

燃料電池車(ねんりょうでんちしゃ)
 【意味】燃料電池をエネルギ源とする自動車。
     水素と酸素が結合する際の電子の流れから電力を取り出す燃料電池を利用する。
 【関連】FCV



ニホニウム(元素記号Nh:Nihonium)
 【意味】理化学研究所などのチームが合成した113番元素。
     人工元素で、半減期が短いため自然界には存在しない。半減期は2mS。

ニボルマブ

 【意味】悪性黒色腫の治療薬。(小野薬品。商品名オプジーボ)
     ノーベル医学・生理学賞者の本庶佑氏が発見した免疫チェックポイント受容体
     (PD-1)の阻害薬で、免疫反応を阻害することで細胞障害性T細胞が癌を
     攻撃できるようにする。




ナトリウム(元素記号Na:Natrium)
 【意味】アルカリ金属元素の一つ。
     生体にとっては重要な電解質の一つであり、ヒトではその大部分が
     細胞外液に分布している。神経細胞や心筋細胞などの電気的興奮性細胞の
     興奮には、細胞内外のナトリウムイオン濃度差が不可欠である。
 【記事】

↑このページのトップヘ