豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

                              いむたかつみ

ナトリウム(元素記号Na:Natrium)
 【意味】アルカリ金属元素の一つ。
     生体にとっては重要な電解質の一つであり、ヒトではその大部分が
     細胞外液に分布している。神経細胞や心筋細胞などの電気的興奮性細胞の
     興奮には、細胞内外のナトリウムイオン濃度差が不可欠である。
 【記事】

冬季湛水(とうきたんすい)
 【意味】稲刈り後の水田に冬季も水をはる農法。
     藁の他に、土壌生物の餌になる米ぬかなどを入れて水をはり、発酵を促進する。
     これにより、代掻きなしで田植えができる。




ティッピング・ポイント
 【正式】Tipping Point
 【意味】気候変動が急激に進む転換点のこと。

テロメア
 【意味】DNAの末端にある部分のこと。遺伝情報は持たないが、細胞分裂の
     たびに末端が切り落とされていくことで、分裂回数の上限に影響を
     与えている。
     テロメアは、生殖細胞ではテロメラーゼによって復元される。
     癌細胞では、常にテロメラーゼが働き、無限に細胞分裂を繰り返す。

テロメラーゼ
 【意味】※テロメアの項を参照。

接木(つぎき)
 【意味】植物体の一部を切って、他の植物体に癒着させること。
 【関連】挿木


地球温暖化(ちきゅうおんだんか)
 【意味】一般には、人間の活動により、地球規模で平均気温が上昇する事を指す。
 

↑このページのトップヘ