新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

江戸時代末期、ソメイヨシノは偶然の産物として生まれたそうです。
その場所は、染井村だったと言われています。

一部では、韓国の済州島産のエイシュウザクラが似ているため、ソメイヨシノの起源とする説もありますが、明らかに間違いです。これは、ウリジナルと揶揄される韓国の偽起源説の主張に過ぎません。
DNAの解析でも、他の手法でも、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラであることが明確になっています。

さて、その染井村ですが、現在の東京都豊島区駒込にありました。
そこには、ソメイヨシノ発祥の地を示す碑があります。

染井吉野桜発祥の碑


横道に逸れてしまいましたが、大反省会を始めようと思います。

これまで、気温の予測精度に問題があることを反省してきました。
今回は、『4730Kの法則』にメスを入れようと思います。

ソメイヨシノは、気温に敏感だとされています。
特に、開花直前は、僅かな気温の違いで、開花日が変化します。
ですが、『4730Kの法則』は、気温に鈍感なのです。
『4730Kの法則』では、絶対温度の積算値で判定します。
絶対温度は、0℃で273Kになりますから、ソメイヨシノが咲くころの気温では290Kくらいになってしまいます。
気温が1℃高くても、開花予想日には1/290しか影響しません。
元々の性質として、『4730Kの法則』はサクラの開花予想に不向きなのです。

もう一つ、精度を向上させられない要因があります。
それは、気温を一日の平均値で代表させていることです。
そのため、昼夜の気温差が大きくなると、昼間の高温で開花が進むことになります。

そこで、1時間毎の気温を取り込み、開花時期との関係をグラフにしてみる事にしました。
それが、下記のグラフです。

3℃超過積算気温
このグラフは、2001年から2018年について、開花日の正午を起点に気温を積算したものです。
単純な加算では傾向を読み取ることが蒸すかしくなるので、次の2点の加工をしています。

 加工1:気温が3℃以上の場合のみ、積算気温に加算する。
 加工2:2001~2018年の平均値で、各年の値を除す。

グラフを見ると、何ヶ所か絞れている部分があります。
しかし、一点にまとまるような箇所はありません。
解析方法にも問題がありますが、気温以外にも日照が関係しているのかもしれません。


色々と解析していきたいのですが、本業が忙しく、中々できそうにありません。
これ以上の解析は、来年のサクラ開花予想2019で時間を掛けて行うつもりです。

反省会は、今回を持って終わりにする事にします。

PM2.5を含むエアロゾルは、過剰であれば「雲を作るが雨を降らさない」のだとか。

エアロゾルは、雨の核になります。
エアロゾルが無ければ、水蒸気は過飽和のまま存在し続け、容易に雲になりません。
飛行機雲は、この過飽和状態の水蒸気の中を飛ぶ時にできます。
エンジンの排気ガスが核になり、雲ができるのです。
 
このエアロゾルが過剰になると、どうなるでしょうか。
核になるエアロゾルが多いので水蒸気の取り合いになり、水滴の小さな雲になります。
その結果、雨になりにくく、雲の状態が長く続きます。
すると、日射を遮るので、気温を下げる効果があるそうです。
その効果は、現状の温暖化の3分の1程度を緩和していると推定されます。
 
中国は、大量のエアロゾルを排出しています。
中国は、温暖化防止に貢献しているのかと言うと、どうなんでしょうか。
CO₂排出量も世界一ですから、差し引きしないといけません。
それ以前に、エアロゾル自体が汚染物質ですから、人体への影響や環境破壊も
考える必要があります。
 
 
エアロゾルが温暖化を緩和していると言われても、私はエアロゾルの排出量を
抑制すべきだと思います。
 

工場や発電所から出る二酸化炭素を地中に閉じ込めるCCS(二酸化炭素回収・貯留)
について、環境省と経産省が2020年頃の実用化に向けて動いています
 
CCSは、工場などの排ガスを溶剤に通すなどしてCO2を分離・回収し、
地中深くに閉じ込める仕組みです。
海外ではノルウェーなどで事業化されています。
日本の計画では、海底下の地層内にCO2を封じ込める事を検討しています。
 
 
既に、2012年度から北海道の出光興産・北海道製油所に専用設備を設け、
大規模実証事業を進められています。
また、今年7月には、民間35社が出資する「日本CCS調査」に委託して、
関連設備の建設にも着手しています。
そして、今秋には「日本CCS調査」にて日本近海の海底下の構造を把握する調査に着手する予定です。
この調査では、既存の地質データの分析で日本近海の10か所程度の候補を選定。船から振動を発して海底下の構造を調べる「弾性波探査」等で、更に3カ所程度に
有望地を絞り込み、実際に海底下の地層を詳しく調べる掘削調査を行う計画です。

また、CCS技術の高度化に向けた技術開発も同時並行で進めることになっています。
現在、CCSを実施するには多額の費用が掛かることなどが課題となっていて、
技術開発を進めることで課題を克服して実用化にめどをつけたい考えです。

地球温暖化対策が課題となる中で、温室効果ガスを大幅に削減する手段の1つとしてCCSへの注目が世界的に高まっている。日本国内では約1460億トンのCO2を貯留できる余地があるという試算も存在するという。

因みに、日本が排出する二酸化炭素は、2012年度は13億4100万トン。
CCSが完全に実用化した場合、単純計算で100年分の二酸化炭素を地中処分
できます。
 
パッと見には、二酸化炭素も放射性物質同様、地層処分することになるのですね。
 

メタンガスは、二酸化炭素の25倍の温室効果があるそうです。
メタンハイドレート開発推進者の中には、メタンガスの温室効果を理由に、
メタンガスは使えば使うほど温室効果が低くなると嘯く者も居るようです。
 
 CH+2O→CO+2H
 
メタンガスを燃やすと、このようにメタンガスが二酸化炭素に変わるので、
温室効果が減ると言うのが主張のようです。
大気中のメタンを燃焼させて二酸化炭素に変えるなら、この理屈は間違っていません。
でも、メタンハイドレートを燃料として使う場合は、大気中のメタンガスは減らず、
二酸化炭素だけが増えるので、温室効果は悪化するのです。
 
私がメタンハイドレートの開発に反対する理由の一つが、これです。
 
 
 
さて、温室効果を考えると厄介なメタンガスですが、
北海道大学の福井教授らが、亜熱帯のダム湖底に脱窒メタン酸化細菌を発見しました。
脱窒メタン酸化細菌は、窒素酸化物の分解とメタンの酸化を行う細菌だそうです。
脱窒メタン酸化細菌は、酸素が乏しい湖底付近で、窒素酸化物を分解して酸素を得て、
メタンを酸化することでエネルギーに変えるようです。
 
脱窒メタン酸化細菌は、地球温暖化を防ぐ役割を担っているのかもしれませんね。
 

地球温暖化の元凶である温室効果ガスは、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロン類、六フッ化硫黄があります。
それぞれに温室効果は異なり、二酸化炭素を基準にすると、メタンは21倍、一酸化二窒素は310倍、フロン類は140~11700倍、六フッ化硫黄は23900倍です。
ですが、二酸化炭素の排出量が桁外れに大きく、温室効果の95%を占めています。
更に、二酸化炭素の排出量の内、95%(全体の90%)がエネルギー由来です。
つまり、二酸化炭素の排出量を抑える事が、地球温暖化防止の第一歩と言えます。
 
日本の温室効果ガス排出量では、産業由来が38%、運輸由来が17%、家庭由来が10%、発電由来が7%、その他が13%です。
発電由来の7%は、発電そのものによる排出ではなく、発電所を運転するための間接的な排出量を示しています。
発電時に排出される温室効果ガスは、全体の34%を占めています。
(産業由来、運輸由来等に含まれているものと思われます)

更に付け加えるなら、自動車の電化など、産業由来分を減らすにしても、運輸由来分を減らすにしても、家庭由来分を減らすにしても、電気に置き換える事になるため、発電所から出る温室効果ガスは増える可能性が高いと思われます。
現時点で最も効果が高いのは、やはり原発を再稼働することだと思われます。
 

↑このページのトップヘ