豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

                              いむたかつみ

某大学の教授が、次のようにおっしゃっています。

「日本の借金は『国債』という形になっています。
 そして国債のほとんどを保有しているのは、日本銀行や国内の金融機関。
 つまり国債は国民が預貯金などを通じて、間接的に所有している国民資産なんです」

以下は、財務省の資料です。
日本国債保有者内訳
財務省HPより
(リンク⇒https://www.mof.go.jp/jgbs/reference/appendix/breakdown.pdf#search=%27%E5%9B%BD%E5%82%B5+%E6%AF%94%E7%8E%87%27

御覧の通り、日銀、銀行、生保・損保、年金系で、全体の90.9%を占めています。

この教授は、このようにも言っています。
「日本政府の借金は『円』建てですし、日銀を通じて、いつでも円を発行できる。
 政府の破綻は『外国の通貨』を借りていた場合に限られるのです。
 自国通貨建ての借金で破綻した例など、聞いたことがありません。
           ~~~ 中 略 ~~~
 政府への信用は『国債の金利』に現われます。
 『政府が破綻し、借金が返済されないのではないか』という懸念が高まると、
 金利が上昇します。
 高い金利を約束しないと、お金を借りられなくなるからです。
 ギリシャが破綻する直前は、国債の金利が30%以上にも跳ね上がっていました。
 一方、日本の国債は0.1%程度という超低金利 」

だから、消費税の増税は必要ないのだそうです。


変ですよね。

某大学教授による消費税の増税が不要な根拠は、以下の三つです。

 (1) 国債の大半は、国民の財産として国内に留まっている。
 (2) 『円』建てなので、自国通貨の円を発行すれば良い。
 (3) 現在の日本国債の金利は0.1%程度と低い水準にある。


これらの内、(3)の日本国債の金利は、現在の水準であって、将来に渡って保障されているのではありません。むしろ、楽観視できない状態と考えた方が良いでしょう。投資家は、消費税が増税されるか、注視しているようです。消費税の増税がなければ、国債の償還に対する信用が低下し、金利が上昇する可能性が指摘されています。

(1)と(2)は、馬鹿馬鹿しい考え方に見えます。
まず、国債の46%を所有しているのが日銀であることに着目してください。
(2)で書かれていることを、日本は466兆円分も実行してきたのです。
でも、考えてみてください。
もし、国債を国内の金融機関が全て買い上げ、同等額の『円』を日銀が発行する場合、何も問題は出ないのでしょうか?
問題が無いのなら、日本人は働く必要はなくなります。なぜなら、GDPと同額の赤字国債を発行し、それで得たお金を国民に支給すれば良いのです。赤字国債は、国内金融機関に買い取らせ、同額の『円』を日銀が発行して買い戻せばよいのです。(不労論)
そんなことが可能なのでしょうか?
あり得ませんよね!
(1)と(2)で消費税を増税しなくても良くなるなら、前述のようなあり得ない政策も可能になります。某大学教授の御意見(消費増税無用論)は、こんな馬鹿げたことを言っているのです。だいたい、借金を返さなくても良いなんて、道理が通りません。

『赤字国債は間接的に所有している国民資産』としていますが、気になるのは46%を日銀が所有していることです。
確かに、日銀は日本の機関ですが、国民の財産となってはいません。なぜなら、日銀は国の機関だからです。つまり、国の借金を、国自身が買っているのに近いのです。
日銀は、『円』を発行できますが、永久に続けることができるはずがありません。それは、前述の不労論にも繋がります。

では、日銀で国債を引き受ける状態を続けていけばどうなるのでしょうか。
いずれ、『円』は暴落するでしょう。『円安』のレベルではなく、輸入食糧を買うのも難しいくらいの暴落です。『円』が暴落すれば、日本国債の信用も落ち込むので、国債の利率も急騰するはずです。それも、これらの変化は数秒、精々数分の速さで進む可能性があるのです。その先に待つのは、ハイパーインフレです。


消費税は増税しなくても問題ない!
ハイパーインフレに苦しむのは庶民だけさ。
我々上級市民には関係ないのさ!


と、某大学教授は言っているのかもしれませんね。



【追伸】
アベノミクスは、戦時体制下の財政運営と同じです。
日本の財政は、既に戦時下に相当する厳しい状況なのです。
だから、消費税も増税が必要なんですよね?!

こんな財政状況ですから、軍備増強は不可能ですよ。
ねっ、安倍さん!



日本は、優れた国なのでしょうか。

まあ、レベルの低い国と比べればマシかもしれませんが、
私には、不安に感じる要素がいくつかあります。
 
まず、最近の日本は、やたらと自国を自慢したがります。
これは、自分自身の成長を止めてしまう危険な兆候に思えます。
 
二つ目は、政治家の問題解決能力の欠如です。
東日本大震災からの復興において、与党も野党も、復興予算の額で競争しました。
ですが、日本の土木関連の能力は有限なので、
どんなに金額を増やしても、できることには限度があります。
あの時、もし地方の公共事業を半分に減らし、それを復興に回していれば、
資材の高騰や人員不足を緩和できたはずです。
実際には、予算は過剰でしたから、
使いきれない予算に理由をこじつけ、別の場所で使う事態が発生しました。
現在でも、国立競技場の建設費の高騰を招いています。
 
三つめは、集団的自衛権です。
同法では、同盟国への支援ばかりが目に付きます。
それもそのはず。
軍事力による国際貢献によって国際的な発言権を増すことが目的だからです。
現行憲法の範囲内だと説明しながら、法案の成立を狙っていました。
国民の安全を守るためと口実をつけ、無理矢理、成立させたというところでしょう。
ですが、所詮、アメリカの言いなりである以上、国際的な発言権は増しません。
 
 
ここ数十年の内に、中国の現政権は崩壊するでしょう。
崩壊寸前の中国政府が国民の怒りの矛先を日本に向けさせるネタとして、
集団的自衛権や憲法改正が利用されないことを願うばかりです。

ブラックホールは、光も脱出できないくらい強い重力を持つ天体であることを知っている方は多いと思います。
ブラックホールは不思議な天体で、理解しがたいところもあります。素人の私ゆえに不思議に思うところを書いてみたいと思います。

ブラックホールは、印象としては、人を簡単にペチャンコにしてしまう重力をイメージするかもしれませんが、直径が1光年にもなると、ブラックホールの表面の重力加速度は地球表面と同程度になります。
重力的には、ブラックホールの地表を自由に歩き回ることができるのです。

というわけで、このブラックホールを架空探検してみましょう。
ただ、ここからは、私の書いていることが正しいとは限りませんので、御注意下さい。


このブラックホールで、事象の地平面のすぐ下側、例えば2m下を歩いてみましょう。
まず、事象の地平面は、肉眼で見ることはできません。
第2宇宙速度(脱出速度)vは、次の式で求められます。
v=√(MG/r)
この式から、半径が大きくなると、第2宇宙速度は小さくなることが分かります。
事象の地平から水平に出た光は、放物線軌道を描き、永久に戻ってきません。(宇宙が閉じていることは無視します)
事象の地平より上(半径が大きい)から水平に出た光は、双曲線軌道を描くので、やはり永久に戻ってきません。
これに対し、事象の地平面の直下から水平に出た光は、長軸半径が極端に大きな楕円軌道になり、戻ってきます。が、いつになるか分からないくらい永くなります。
つまり、事象の地平面の上と下で明確な差はない(厳密には脱出可否の差はあるが)ので、事象の地平面を肉眼で見ることはできません。

では、足元の景色は見えるのでしょうか。
重力加速度を考えると、当たり前に見えます。
上からの光も、普通に届くので、当たり前に見えます。
景色は、地球上と同じように見えるはずなのです。
高さ2m以上のアンテナを作れば、事象の地平面の上から事象の地平面の下の映像を発信できそうです。

第2宇宙速度(脱出速度)による事象の地平は、ブラックホールとしてはスッキリしない感じでした。


では、第1宇宙速度が光速に達するブラックホールを考えてみましょう。
直径が2光年の星であれば、表面の重力加速度が地球とほぼ同じで、かつ第1宇宙速度が光速と同じになります。
この星の表面を探検してみましょう。

仮に、第1宇宙速度が光速となる高さを、仮に『光の地平』と呼ぶことにします。
光の地平より上から水平に出た光は、楕円軌道を描いて戻ってきます。
光の地平から水平に出た光は、円軌道を描いて戻ってきます。
光の地平より下から水平に出た光は、楕円軌道を描きながら落ちていきます。
この時、光は加速するはずですが、光より速くなれないので、それを補正するように時空が歪み、時間の流れが遅くなるはずです。
ただ、その差は僅かなので、認知できるのか、分かりません。


ブラックホールの光速の軌道
(ブラックホール近傍で光が描く軌道)


これ以上は私には荷が重いので、話題を変え、私が不思議に思っていることを書きます。


ブラックホールは、光を脱出させない重力を持ちます。ですので、光によって、ブラックホールの中を見ることはできません。
一方で、不思議なことに、「事象の地平面」の下にある質量が「事象の地平面」の上にある質量に、重力という形で働きかけます。
ならば、重力波で、事象の地平面の下の様子を伝えることができそうに思います。

事象の地平を越えられる、この性質は、ブラックホールの消滅にも繋がるように思います。
重力のエネルギ源は、何でしょうか。
質量が、重力の強さを決めることは、ニュートンの時代から分かっています。
アインシュタインによって、エネルギと質量は等価で変換されることが分かっています。
エネルギは、エネルギ保存の法則から、総量は不変です。
ブラックホールの重力がブラックホールの外で何かを起こし、エネルギが放出されたなら、エネルギ保存の法則から、どこかからエネルギを供給されなければなりません。
ブラックホールは、何をエネルギに変換するのか、私には理論的な解析は無理ですが、質量をエネルギに変換するなら、ブラックホールは質量を失っていくのかもしれません。


ごちゃごちゃと書いてきましたが、ブラックホールについての私の知識や疑問は、これくらいで終わることにします。
 

ブラックホールは、光も脱出できないくらい強い重力を持つ天体であることを知っている方は多いと思います。ブラックホールの定義を知らなくても、ブラックホールという単語は、ほとんどの方が知っていることでしょう。

ブラックホールは、なかなか不思議な天体で、理解しがたいところもありますが、素人の私だからできる説明や、素人ゆえに不思議に思うところを書いてみたいと思います。

最初は、ブラックホールの定義から、入っていくことにしましょう。
ブラックホールは、光さえ脱出できない強い重力があることは御存知でしょう。印象としては、人を簡単にペチャンコにしてしまう重力をイメージするかもしれませんが、直径が1光年にもなると、ブラックホールの表面の重力加速度は地球表面と同程度になります。
重力的には、ブラックホールの地表を自由に歩き回ることができるのです。

※このサイズのブラックホールの質量は、太陽の約1500兆倍になります。

こんな巨大なブラックホールは、見つかってはいませんが、単純に強い重力がブラックホールの条件ではないことを理解してください。

さて、ブラックホールの条件を説明しておきましょう。
ブラックホールは、一般に言われているように、光が脱出できない星のことです。光が脱出できないとは、地表面の脱出速度(第2宇宙速度)が光速より早くなることを指します。つまり、第2宇宙 速度が光速以上になる星を、ブラックホールと呼ぶのです。
第2宇宙速度が光速となる位置の中心からの距離をシュヴァルツシルト半径、シュヴァルツシルト半径が作る球面を事象の地平と呼びます。

ついでです。
第1宇宙速度と第2宇宙速度の計算方法を確認し、ブラックホールの大きさを計算してみましょう。

第1宇宙速度vは、次の式で求められます。
まず、地表面の重力加速度gを求めます。
g=MG/r2
Mは星の質量、rは星の半径、Gは万有引力定数(6.58×10E11m3/kgs2)です。
続いて、地表面を移動する物体に働く遠心力(向心加速度)αを求めます。
α=v2/r
vは物体の速度です。
第1宇宙速度は、gとαが釣り合うので、二つの式から次の式が求められます。
v2/r=MG/r2
v2=MG/r

第1宇宙速度と第2宇宙速度の比が√2倍なので、第2宇宙速度が光速になる第1宇宙速度は、次の式で求められます。
√2×v=c
これを上の式に当てはめると、次のようになります。
c2=2MG/r
シュヴァルツシルト半径は、次のようになります。
r=2MG/c2
更に単純化して、次のように求めることができます。
r=M/(6.84×10E26)

これで、シュヴァルツシルト半径と星の質量の関係が簡単になりました。
この式で地球に当てはめて計算をすると、半径9mmまで潰せばブラックホールになることがわかります。

最後に、表面重力が1G(地球の表面重力の1倍)となるブラックホールの大きさを計算しておきましょう。
シュヴァルツシルト半径の式は、以下でしたね。
r=2MG/c2
重力加速度は次の式でしたね。
g=MG/r2
両式をMGでまとめます。
MG=rc2/2=gr2
c2/2=gr
r=c2/2g
gを地球の重力加速度の9.80665m/s2とすれば、r(シュヴァルツシルト半径)は、0.485光年となります。直径は、0.97光年です。


ブラックホールについて、少しわかったでしょうか。
今回は、これくらいにします。
次回は、私も分からないことが主になると思いますし、記事にできるのは、少し先になると思います。

法曹界の法律軽視を感じます。

憲法14条では、「法の下で平等」を謳っています。
ですが、法曹界は、検事や弁護士の実力で、あるいは判事との相性で、判決が変わることを平気で認めています。
一部の弁護士は、TV出演で自慢げに法定闘争のテクニックを紹介する者までいます。
同じ犯罪を犯した者でも、判事や検事、弁護士によって判決が違うのです。
これって、「法の下での平等」を犯していませんか?
 
 
近い将来、集団的自衛権の関連法を憲法違反で訴えた場合、法曹界は正しい手順で正しい判決を導けるのでしょうか。
「法の下での平等」という憲法で宣言された精神でさえ守れない、守ろうともしない法曹界が、前例のない難しい判断を迫られた場合に正常に機能すると考える要素は、私には見えてきません。
 

↑このページのトップヘ