新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、数年前から次のように言っています。
2030年までに対策を実施しなければ、温暖化による悪影響を食い止められななるとしています。
また、2050年までに、温室効果ガスの排出量を2010年比で40~70%削減し、今世紀末までには排出量をゼロまたはマイナスにしなければならないとしています。
 
※IPCCの指摘にカーボンニュートラル性の燃料(バイオエタノール等)を含んでいるか、報道では明らかではありません。
 
2030年まで、10年余りの猶予しかありません。
この短時間で対策を講じるには、原発再稼働しかありません。
方向性としては、原子力発電所よりも先に火力発電所を止めるべきなのです。
大気中の二酸化炭素は、原発内の放射性物質よりも厄介な代物だと認識すべきです。
 
放射性物質は、地層処分が実用化しています。
これに対し、大気中の二酸化炭素を処理する技術は、実用化されていません。
私たちができる二酸化炭素吸収の施策は、植林しかありません。
しかし、森林1m2当たり300g/年程度しか、二酸化炭素は吸収できません。
しかも、都市化や砂漠化の影響で、世界の森林面積は縮小方向です。
二酸化炭素と放射性物質ではどちらが厄介か、今一度、考え直すべきです。
 
 
人類が大気中に排出した二酸化炭素は、主に植物と海水に吸収されます。
大雑把な数字を並べると、次のようになります。
 
・排出量    =300億トン/年
・吸収量(植物)=100億トン/年
・吸収量(海水)= 80億トン/年
 
排出量と吸収量の差し引きから、120億トン/年が大気中に残る事がわかります。
まずは、これをゼロにしなければなりません。
更に、海水に吸収されている80億トン/年を削減し、カーボンニュートラル状態にしなければなりません。
 
これをどうやって実現するのか。
このことを政治や学者に任せるのではなく、
私たちは一人一人が考えなければならない時代に生きているのです
 
 
私は、その回答の一つとして「風の谷の生活」を進めていきます。

先月の初めごろは、「温暖化は嘘! 地球は寒冷化している」と話題になりました。
ところが、平年より9日も早く桜が開花し、温暖化の影響との認識が拡がっています。
日本の季節感は、近年の異常気象で崩れ始めています。

少し先の事になりますが、梅雨入りと夏の暑さの関係も、異常気象の一つかもしれません。


一部の人々の間では、「梅雨入りが早いと冷夏になる」と囁かれています。
かく言う私も、この噂に関心があり、例によって調べてみることにしました。
 
梅雨入り・梅雨明けは、1951年から記録が残っていました。
そこで、東京のデータを基に、1951年から2014年までの梅雨入り・梅雨明けと気温・日照時間・雨量との相関係数を求めてみました。
 
イメージ 1
 
その結果、梅雨明けと7月の気温は負の相関がありました。
つまり、梅雨明けが遅いと7月の気温は低めになる傾向が見られるのです。
これは、考えてみると当たり前の話で、7月の下旬まで梅雨明けしないのですから、7月の気温は低くなるのは当然です。
8月の気温とは、ほとんど相関がみられないので、梅雨明けと気温の関係は薄いと思われます。
 
イメージ 2
 
 
 
日照時間も、7月とは強い相関がありますが、8月とは相関がみられないので、実際には梅雨明けとの関係は薄いと思います。
 
イメージ 3
 
 
梅雨入りと関係がありそうな気候は、雨量のようです。
梅雨入りと7月の雨量はほとんど相関がありませんが、8月の雨量は、梅雨入りが遅いほど雨量が少なくなる傾向(弱い負の相関)が見られます。
また、梅雨明けとは7月も8月も弱い正の相関がみられます。
つまり、梅雨明けが遅いと、7月も8月も雨量が多くなるようです。
 
イメージ 4
 
 
総じて言える事は、梅雨入り・梅雨明けと冷夏は、あまり関係なさそうです。



ところで、1963年は、5月6日と極端に早い梅雨入りでした。
本当に、5月初旬から梅雨入りしていたのかと調べたところ、雨量こそ特別に多くありませんでしたが、日照が短く、梅雨らしい曇天が続いていたようでした。
梅雨入りしていたと考えても問題なさそうです。

(意味のない話でした・・・)
 

過去5億年の間に、5回の大量絶滅を経験している地球の生物界ですが、
今、人類の活動によって、6回目の大量絶滅を迎えようとしています。
 
シロクマが生息地を奪われ、今世紀の中頃までには絶滅する可能性が出ています。
これは、地球温暖化によるところが大きい事は、衆目の一致するところです。
日本では、似た原因で絶滅の危機に瀕しているのは、ライチョウでしょう。
 
 
ライチョウは、氷河期の生き残りとされ、
氷河が後退する際に高山に取り残されたのだそうです。
生息域は、夏は森林限界より上のハイマツが生える辺りです。
(厳冬期は森林限界内に下りてくるそうです)
 
ところが、近年の日本では森林限界の上昇が囁かれています。
富士山の森林限界の急上昇は、温暖化以外の要因がありますが、
高山帯の降雪量や積雪期の変化は、日本だけでなく世界で報告されています。
この変化の原因の最右翼は、地球温暖化でしょう。
 
温暖化に伴う環境変化は、高山帯で影響を受けやすいとされています。
高山帯の気候変化には、注目していこうと思います。
 

そろそろ八重桜が見頃になる事ですね。
でも、ソメイヨシノは散ってしまいました。
散る前に千鳥ヶ渕で撮影したソメイヨシノを見ながら、反省会を続けましょう。

千鳥ヶ渕

前回までの検証で、サクラの開花予想が問題点だらけだったことが分かっていますが、
大きく分けて(?)、気温の予想と、サクラ開花の法則の2点です。
今回は、気温の予測について、少しだけ深堀してみました。


昨年のサクラの開花予想では、2日だけでした。
昨年との違いは、計算に用いたプログラムの他に、計算に使用した気象データの期間が
あります。
今年の気温の予測で使用した気象データは、1953年1月17日~2018年1月16日
でしたが、昨年のサクラの開花予想では、2016年7月1日~2017年2月23日の
気象データを用いていました。
そこで、使用する気象データの期間を短くした場合との違いを検証することにしました。

 気象データ期間=1954年~  サクラ開花予想日=3月26日
 気象データ期間=1986年~  サクラ開花予想日=3月26日
 気象データ期間=2002年~  サクラ開花予想日=3月25日
 気象データ期間=2010年~  サクラ開花予想日=3月27日
 気象データ期間=2014年~  サクラ開花予想日=3月23日
 気象データ期間=2016年~  サクラ開花予想日=3月23日
 気象データ期間=2017年~  サクラ開花予想日=3月23日

全体の傾向としては、気象データの期間を縮めた方が、精度が高まるように思えます。
見方を変えると、気候の変化が激しく、長い期間の気象データを用いた方が変化に追随
できなくて、このような結果になっているのかもしれません。

当ブログでは、(私自身も調べないと分からないような)難解な用語が出てきます。
ですので、用語集を作ることを予定しています。
その用語集の先頭「ア」の項に「アベリアンコントロール」を入れようかと思っています。


- ア -

【用語】アベリアンコントロール
【意味】安倍晋三氏の個人的な都合で、官公庁に対して書類の捏造・隠蔽・改竄を指示・
    実行させること。
    文民統制(シベリアンコントロール)をもじってアベリアンコントロールと言う。
【類語】イナリアンコントロール


- イ -

【用語】イナリアンコントロール
【意味】稲田朋美氏からの指示で、防衛省内の日誌の隠蔽を行うこと。
    ただし、指示は徹底されない場合がある。
【類語】アベリアンコントロール



まあ、冗談ですけど。
こんな非科学的な圧力には、私は興味ありませんから!

↑このページのトップヘ