新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

約1ヶ月も空いてしまいましたが、今回は、2100年に人口でワースト2に墜ちる山梨県と奈良県について、検証してみます。

まず、現状を確認してみましょう。
山梨県も、奈良県も、それぞれ首都圏と大阪圏に隣接しています。
その関係で、一時期、ベッドタウン化しつつありました。
まずは、過去の人口の変化を見てみましょう。

人口推移(奈良・山梨)

上は、全国と山梨県、奈良県のそれぞれの人口のピークを100%として、人口の変化をグラフにしたものです。
山梨県も、奈良県も、全国よりも早く、2000年以前に人口減少が始まっています。
バブルが崩壊して宅地開発が低調になった時期と人口減少の時期が、ほぼ一致しています。

農地推移(奈良・山梨)

上は、1995年を100%として、農地面積の推移をグラフにしたものです。
全国平均より、山梨県も奈良県も、早いペースで農地が減っていることが分かります。

農地の減少
上は、農地減少率の全国平均に対する山梨県と奈良県の農地減少率の比をグラフにしたものです。
大規模開発の影響を抑えるために3年間の移動平均で表しています。

バブル期を含む1980年代頃に、急激に農地が減っていることが分かります。
これは、首都圏で言えば埼玉や千葉のベッドタウン化が限界に達し、山梨県にまでベッドタウン化の波が押し寄せた事を示していると思われます。
奈良県においても、山梨県と似た状況になっていたものと考えられます。
しかし、景気が低迷し、山梨県や奈良県のような遠隔地のベッドタウンの需要が落ち込み、農地の宅地転用は進んだが人口は流出したのでしょう。

過去の宅地開発とは逆に、人口が減少に転じており、農地を宅地や商業地等に転用したのに無駄になり始めているとも推定されるのです。
つまり、農地が減り、食糧自給率が下がってしまったが、一時的に流入した人口も大都市圏に流出して減少してしまったのです。
結果的に、2100年には人口が最も少ない県になる可能性が高まったのです。


この現象は、日本の縮図とも言えます。
つまり、2100年を語る上で、転用された農地は大きな問題になります。
そのことは、後日、検証していくことにします。


「2100年の日本の人口」と題して書いてきましたが、一度、閉じる事にします。
次のテーマは、「2100年の日本の産業人口」を考えています。
6月頃から再開する予定です。

2100年までに日本の人口を半減させるべきと行ってきましたが、
4月10日に厚生労働省も将来推計人口を公表しました。
(ニュースのリンク⇒https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000049-jij-pol


これによると、2015年に1億2709万人だった人口は、2053年に1億人を割り込み、2065年には8808万人になるそうです。
高齢化も進み、65歳以上の人口も、2015年の26.6%から38.4%に増えると見込まれています。

それ以外の数値は、以下です。
・出生率 :2065年の見込みが1.44
・平均寿命:男性84.95歳 女性91.35歳
・年金負担:(現役/高齢者) 2015年=2.3人 2065年=1.3人
・人口構成:  0~14歳      15~64歳       65歳~
  2015年 1595万人(12.5%) 7728万人(60.8%) 3386万人(26.6%)
  2065年  898万人(10.2%) 4529万人(51.4%) 3381万人(38.4%)

サクラの開花予想をする上で、気温の予測精度も大切ですが、そもそも予測方法が正しいのか、検証する必要があります。
今回は、当ブログの開花予想で用いた法則について、検証を行います。


当ブログで用いた法則には、下記の4種類がありました。

    157℃の法則   -10℃を基準とした平均気温の積算値で算出
   4730Kの法則   絶対零度を基準とした平均気温の積算値で算出
    300℃の法則   -10℃を基準とした最高気温の積算値で算出
   5045Kの法則   絶対零度を基準とした最高気温の積算値で算出

これらは、いずれも東京と札幌の過去の開花日前の気温から算出しました。
具体的には、横軸には開花日前の積算気温、縦軸には開花日前の気温をとったグラフを、東京の実測値と札幌の実測値について作成し、両者のグラフの交点から、起点温度と積算気温の関係を読み取る手法です。
しかし、いずれの手法でも、予測日と実績との差の標準偏差は、3日余りありました。
つまり、今回のように2日程度の誤差で予測が的中する確率は、半分もなかったのです。
その意味では、検証するまでもなく、今回の結果はマグレと言われても仕方がなかったのです。

では、なぜ誤差が発生するのでしょうか。
その一つが、下記のグラフに現れています。

予測方法の誤差

これは、最高気温による起点温度と積算気温の関係を示したグラフです。
東京の実測値と札幌の実測値から、起点温度を求めようとしたのですが、実測値だけでは正確な交点を読み取ることが難しいため、3次関数で近似することにしました。
(上のグラフの滑らか線が近似値です)

しかし、グラフの左端の三角(水色)の部分から分かるように、札幌の気温は、近似値と実測値との間に無視しがたい違いがあります。
これが、誤差の要因の一つになったものと思われます。
この部分は、来年のサクラ開花予想の課題と考えています。



これ以外の要因としては、気温の積算方法が考えられます。

今回の開花予想では、-10℃、または絶対零度を基準として、積算気温を計算しました。
しかし、休眠打破の特性を考えると、もっと高い気温が基準となるはずです。
来年のサクラ開花予想までには、この問題も解決したいとおもっています。



最後に、総括します。

王手の気象会社と同等以上の精度で開花を予想できたのは、マグレだったと言われても仕方がないところがあります。
ですが、東京の開花予想のみならず、全く異なる手法ながら鹿児島の開花予想も気象会社より高い精度で予測できた事実もあります。
特に、鹿児島の開花予想は、相関係数が0.9を超える高い精度が確認できています。
また、サクラの開花時期は、標準偏差で6日以上のばらつきがありますが、今回の手法でも標準偏差で3日程度に収まっていることから、多少の予測はできていたと思います。
これらから、基本的な考え方は、大きな間違いがないと思っています。

同時に、多くの課題も見つかりました。
気温の予測精度、起点温度の確定精度、積算気温の基準温度、休眠打破との整合性等は、来年のサクラ開花予想に反映しなければならない課題だと考えています。

個人的には、昨年は己の数学力の不足を痛感しつつ断念せざるを得ず、悔しい思いをしましたが、今年はまずまずの結果を得られたことに満足しています。
もちろん、課題が明確になった状態で放置するつもりはなく、来年には更に高精度の開花予想を実現したいと意気込んでいます。
そして、この延長線上にある、本来の目標である気象予測が、具体的な形として見え始めています。

これからも、地道に努力を積み重ねていくので、御期待ください。

科学に疎い人は、ついつい「安全より安心」に偏りがちになります。
「安全」は科学的に説明されますが、感情である「安心」の拠り所は曖昧です。
多くの場合は、「安全」だが「安心ではない」との判断になりますが、時には「危険だが安心」となる場合もあります。

近ごろ流れたニュースの中に、「後席が最も危険」とする報道がありました。
ニュースのリンク→http://www.yomiuri.co.jp/national/20170329-OYT1T50065.html
警察庁では、後席のシートベルト着用率が低いことが原因とみています。
後席なら「安心」との誤った理解により、後席のシートベルト着用率が前席の三分の一程度しかないので、結果的に「危険」な席となってしまったようです。



このような「安全」と「安心」の履き違え、あるいは「安全」への理解不足に対し、危機感をお持ちの有識者も居られるようです。
『「科学よりも風評」「安全より安心」な日本人の感情論が科学を停滞させる』(山本一郎)と題した文春オンラインの記事を見つけました。
リンク→http://bunshun.jp/articles/-/1906

面白いと感じたのは、旧・風の谷の生活にコメントを頂いた方(お名前は不明ですが、TV出演の経験もお有りとのこと)と同じように、『TV業界の方は放送のプロ』とおっしゃっている事です。
同時に、文章の最後に書かれている一節(以下に抜粋)も、似た考えをお持ちでした。

メディアも目線を下げて読み手や視聴者に迎合するだけでは駄目であるし、何かボタンの掛け違いを正さない限り、なかなか日本の科学技術をどうにかしようにも物事が改善しないのではないか、と危惧する毎日です


当ブログでも、あるいは旧・風の谷の生活でも、メディアの問題を取り上げています。
メディアは、大きな影響力があるのに、報道内容に対する外部のチェック機能がありません。そのため、間違った内容が報道されていても、その分野の知識を持つ一部の人達以外は、間違っているにも関わらず報道された内容を真実として受け取ってしまう傾向にあります。
「営利組織だから仕方がない」とは言わせません。
メディアは、公共性が高い組織だから、その責任も大きいのです。
実際、メディア自身が他業種に対しては、「営利の追求を理由に安全等の責任を軽視してはならない」旨の主張をしています。

では、メディアのどの部分に問題があるのでしょうか。
私が思うに、出演者が言うコメントに大きな価値を感じているからではないでしょうか。

前出の山本一郎氏の文章の中にも、専門外のコメントを求められることが少なくない旨が書かれています。
これは、メディア側が、山本氏のためにコメントを言う機会を与えようとしているのではないかと思えるのです。
このコメント偏重の姿勢が、コメントを言うことに重きを置くようになり、コメント内容が軽視されるようになったのではないかと推定します。

つまり、メディアの問題を解決するためには、メディア自身がコメント偏重を改めることでしょう。
また、我々一般人にできることは、出演者のコメントは無視することだと思います。



さて、冒頭に「後席が最も危険」とするニュースですが、一般公開部分の最後に「エアバッグが普及していない後部座席が最高になった」と書いています。
データを公表した警察庁が「シートベルトの着用率が低いため」としているのに、こんな余分のコメントを入れているのです。
シートベルトの着用率が前席と同等になれば、エアバッグを装備する前席よりも死亡率は低くなるはずです。
大切なのは、シートベルトを着用することです
更に言うなら、前席と後席の両方にエアバッグを装備することは、おそらくは不可能です。
私は、登録者のみに許された残りの部分を読んでいませんから、記事について間違った解釈をしているかもしれません。
ですが、発表元の内容を上書きするコメントは書いてはいけないと思っています。



専門的な知識のない人のコメント(私のような素人にも間違いがわかるような低レベルのコメント)は、伝えるべき真実を壊してしまいます。
メディアに生きる人々は、事実のみを報道するように心掛けてほしいものです。
それによって、我々は正しい判断をしやすくなるのです。
そして、正確な情報の先には、科学への正しい理解も生まれてくると思います。

今日(4月5日)、やっと鹿児島でソメイヨシノが開花しました。

東京の開花から遅れる事、実に2週間余り。
私の予想(2月25日更新)よりも3日遅れの開花でした。


九州の県庁所在地の開花を見てみると、ほぼ北から南へと桜前線が進んでいきました。

 福 岡   3月25日  北緯33度34.9分
 佐 賀   3月30日  北緯33度15.9分
 大 分   4月 4日  北緯33度14.1分
 熊 本   4月 1日  北緯32度48.8分
 長 崎   3月30日  北緯32度44.0分
 宮 崎   4月 2日  北緯31度56.3分
 鹿児島   4月 5日  北緯31度33.3分
 (※大分市は暖冬の影響で開花が遅れたとみられています)

温暖化の影響で、「休眠打破」が遅れる傾向が現れていると思われます。



過去に遡り、鹿児島市の開花日について比較してみましょう。

2013年は3月15日に開花しており、これが鹿児島市の開花日の最早記録です。
反対に、今年の開花日は最遅記録です。
両者を比較すれば、見えてくる事実もあるでしょう。

今年との気温変化の違いが、以下のグラフです。

鹿児島市気温変化
(※1週間の気温を平均しています)

2013年に比べると、今年の方が1月上旬までの気温が高いことが分かります。
ですが、それ以降は、総じて今年の方が気温が低い日が続いています。
「休眠打破」の考え方が正しいのなら、1月上旬までの気温に原因がある事になります。

以下のグラフは、2013年と今年の気温差を表しています。

鹿児島市気温差2
(※1週間平均値を基に気温差を計算しています)

明らかに、1月上旬前は今年の方が気温が高いのですが、1月中旬以降は今年の方が気温が低いことが分かります。
これを見ると、「休眠打破」だけが開花の遅れを説明できるわけではなさそうです。
また、鹿児島市の開花日は、気温が最も下がる日付けと強い相関関係(相関係数≒0.9)があることが分かっています。
この事実と「休眠打破」の考えは、相容れないところもあります。

これらは、来年のサクラ開花予想をする際に、分析していこうと思っています。


-----------------------------------------


鹿児島市の開花予想は、オマケで行ったものです。
また、本編である「サクラ開花予想2017」とは全く異なる方法を用いています。
ですので、「サクラ開花予想2017 【反省会】」では検証を行う予定はありません。

あしからず!

↑このページのトップヘ