豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (風の谷の生活)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

がん生存率が公表されました。

まずは、がんの部位別の5年相対生存率です。
(全ステージ合計)

   前立腺   97.7%
   乳房    92.7%
   子宮体部  82.8%
   子宮頚部  75.6%
   大腸    72.6%
   ぼうこう  71.2%
   胃     70.4%
   食道    43.4%
   肺     39.1%
   肝臓    38.5%
   膵臓     9.9%
  がん患者全体 65.2%


これ以外に、病院別に、患者の多い主要5部位のがん(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)の
5年生存率、患者の年代、ステージ毎の患者数等が公表されました。
ただし、生存率は、治療開始時のがんの進行度や年齢などが考慮されていないので、
数値が病院の優劣を示すものではないことを理解しておく必要があります。

データは、2008年にがんと診断された人で、全国の425病院のうち、
患者の生死を90%以上把握している209病院の21万4469症例です。
このうち、個別データの公表に応じた188病院のデータです。

参考に、私も罹患した大腸癌(私は正確には直腸癌)のデータを掲載します。


 施設            生存率  症例数  1期 4期
               (%)       

北海道がんセンター     59.6   62  15 20
釧路労災病院        69.2   82  18 17
母恋 日鋼記念病院        -   44  13  -
北見赤十字病院       78.1  111  28 24
青森県立中央病院      70.5  204  39 43
八戸市立市民病院      71.2  138  30 19
三沢市立三沢病院         -   42   - 12
岩手医大病院        71.7  137  32 25
岩手県立宮古病院      43.3   59  11 12
岩手県立二戸病院      72.8   71  17 15
岩手県立中央病院      68.3  291  59 67
仙台医療センター      88.1   60  14  -
東北大病院         65.9   79  23 16
大崎市民病院        75.1  169  43 18
石巻赤十字病院       63.8  142  49 31
宮城県立がんセンター    73.1   75  16 14
秋田大病院            -   42   - 15
秋田赤十字病院       72.1  138  42 23
日本海総合病院       71.2  130  39 25
山形県立中央病院      82.8  186  54 34
福島労災病院        76.7  163  52 22
福島県立医大病院      73.9   90  31 19
総合南東北病院(郡山)   70.5  133  29 27
太田西ノ内病院       71.5  189  35 41
竹田綜合病院        65.2  122  25 25
会津中央病院        70.8   79  22 12
筑波大病院         65.9   90  20 26
友愛記念病院        73.6   93  22 20
茨城西南医療センター病院  66.2   68  13  -
土浦協同病院        72.2  156  35 20
茨城県立中央病院      64.7  135  29 34
済生会宇都宮病院      74.6  140  31 30
自治医大病院        69.3  261  78 53
栃木県立がんセンター    74.4  141  38 32
公立藤岡総合病院      80.7   79  17  -
前橋赤十字病院       73.8  129  25 24
高崎総合医療センター    61.2   63  13 15
西群馬病院            -   16   -  -
春日部市立病院       67.0   52  15 16
済生会川口総合病院     68.8  127  35 28
埼玉県立がんセンター    73.9  224  56 56
順天堂大浦安病院      78.3  170  48 24
千葉医療センター      80.5  114  28 18
千葉労災病院        72.9  100  39 20
国立がん研センター東病院  80.1  331  91 67
亀田総合病院        73.7  235  63 37
国保旭中央病院       71.9  218  71 33
国立がん研センター中央   88.5  403 123 . 59
武蔵野赤十字病院      76.0  193  39 38
青梅市立総合病院      77.4  122  28 21
聖路加国際病院       79.5  141  39 22
日大板橋病院        59.6  107  20 32
がん研有明病院       86.5  474 141 . 63
聖マリアンナ医大病院    68.7  229  65 44
相模原協同病院       69.4  123  29 32
東海大病院         73.0  182  46 29
神奈川県立がんセンター   71.5  176  42 40
横浜市立市民病院      67.4  243  64 47
横須賀共済病院       76.3  221  50 42
長岡中央綜合病院      74.2  191  38 38
新潟県立新発田病院     67.7  142  31 37
新潟大医歯学総合病院    84.6   99  39 19
新潟市民病院        74.1  157  42 37
県立がんセンター新潟病院  81.4  179  64 33
富山大病院         63.8   60  15 12
高岡市民病院        72.5  101  20 18
富山県立中央病院      80.0  205  50 38
金沢医大病院        74.4   85  25 13
小松市民病院        69.1   70  23  -
福井県済生会病院      66.2  126  28 27
福井赤十字病院       76.5  114  28 20
福井県立病院        68.0  152  34 34
山梨大病院         73.8   80  21 14
諏訪赤十字病院       79.3  134  36 23
佐久医療センター      80.3  149  43 34
伊那中央病院        72.1   80  17 24
長野市民病院        80.4  121  43 23
飯田市立病院        71.1  109  23 33
信州大病院         72.5   54  21 20
長野赤十字病院       58.3   94  16 21
慈泉会相澤病院       81.7  157  44 35
岐阜市民病院        72.5  145  40 26
岐阜県立多治見病院     72.0  126  50 22
厚生会木沢記念病院     56.7   70   - 18
高山赤十字病院          -   46   -  -
大垣市民病院        75.6  213  48 34
聖隷三方原病院       56.0  127  24 25
聖隷浜松病院        75.0  176  45 29
順天堂大静岡病院      68.7  145  54 22
静岡県立静岡がんセンター  77.7  372 105 . 77
藤枝市立総合病院      73.6  114  23 33
名古屋医療センター     67.2  119  28 16
名古屋第二赤十字病院    71.9  275  72 48
名古屋第一赤十字病院    75.2  186  34 42
愛知県がんセンター中央病院 82.6  241  68 59
公立陶生病院        69.9  142  33 25
豊橋市民病院        70.3  216  37 53
豊田厚生病院        70.7  150  30 35
一宮市立市民病院      65.8  126  30 24
安城更生病院        65.2  158  43 36
滋賀県立成人病センター   88.0  104  32 13
市立長浜病院        59.4   58   - 13
大阪市立総合医療センター  72.0  188  42 34
大阪医大病院        80.7  239  68 31
東大阪市立総合病院     66.0  135  28 29
大阪南医療センター     81.2  124  34 27
岸和田市民病院       62.2   94  25 26
大阪労災病院        73.6  166  49 31
急性期・総合医療センター  60.2  141  34 31
大阪府立成人病センター   84.0  150  46 28
市立豊中病院        75.8  248  67 51
関西労災病院        67.6  166  38 33
神戸大病院         77.5  105  33 21
近畿中央病院        77.8   88   - 14
公立豊岡病院        71.0   76  17 20
兵庫県立淡路医療センター  78.5  101  27 14
神戸・中央市民病院     81.4  167  36 21
赤穂市民病院           -   45  13  -
兵庫県立柏原病院         -   26   -  -
兵庫県立がんセンター    76.0  116  25 23
天理よろづ相談所病院    72.0  128  33 34
奈良県立医大病院      67.0   80  20 19
市立奈良病院        71.6   50  19  -
奈良県総合医療センター   70.3   67  21 14
日赤和歌山医療センター   76.0  138  31 16
南和歌山医療センター    77.6   54  13 11
紀南病院          74.0   81  18 19
鳥取県立中央病院      79.7   58  14  -
米子医療センター         -   48   - 14
松江市立病院        52.8   85  17 26
島根大病院         74.8   88  21 16
浜田医療センター      83.2   53  15  -
島根県立中央病院      66.7  122  36 24
岡山済生会総合病院     73.2  227  59 52
岡山赤十字病院       69.5   73  19 14
福山市民病院        71.1  124  37 26
尾道総合病院        75.0  107  32 13
広島赤十字・原爆病院    71.3   86  22 18
県立広島病院        75.0  110  21 23
東広島医療センター     70.5   77  23 14
呉医療センター       57.1  134  26 41
徳島大病院         63.2  107  23 30
香川労災病院        83.5  133  38 19
香川大病院         74.3   77  17 16
三豊総合病院        70.4   91  18 23
香川県立中央病院      88.0  138  51 15
高松赤十字病院       71.2   93  19 17
松山赤十字病院       74.3  124  41 26
済生会今治病院       74.8   51   - 14
愛媛県立中央病院      66.5  180  35 38
四国がんセンター      79.2  204  47 47
愛媛大病院         60.1   68  17 17
市立宇和島病院       72.2   94  21 26
高知大病院         70.5   91  23 15
高知医療センター      69.3  138  64  -
福岡大病院         80.0  184  55 29
九州がんセンター      65.4  122  30 37
済生会福岡総合病院     82.7  101  20 16
大牟田市立病院       61.5   71   - 16
聖マリア病院        65.8  106  20 31
飯塚病院          67.2  191  43 36
九州大病院         80.8  160  45 30
九州病院          73.2  164  40 30
久留米大病院        74.5  130  41 20
公立八女総合病院      61.4   73  19 15
北九州市立医療センター   82.4  153  44 23
九州医療センター      73.5  155  35 20
福岡東医療センター     61.1   63  14 17
社会保険田川病院      55.5   88  22 23
佐賀県医療センター好生館  65.5   86  14 18
唐津赤十字病院       80.4   65  16  -
嬉野医療センター      67.7   74  17 13
長崎医療センター      73.6  109  30 21
長崎原爆病院        67.6   76  24 16
長崎県島原病院       76.1   78  29  -
長崎大病院         74.3  136  32 19
熊本赤十字病院       73.6  134  30 31
熊本市民病院        71.4   92   - 16
熊本大病院         57.6   69  18 21
熊本医療センター      53.6   98  28 25
人吉医療センター      65.0   66  19 12
熊本労災病院        47.0   65   - 22
大分県立病院        79.4   96  22 11
済生会日田病院          -   29   -  -
宮崎大病院         70.5   59  17 18
鹿児島医療センター        -   36   - 11
南九州病院            -   21   -  -
沖縄県立中部病院      51.6   75  12 24

マッコウクジラの寝姿が、バッチリ撮られたようです。

ナショナルジオグラフィックに、その様子が掲載されています。

 
(ニュースのリンク先⇒
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170809-00010001-nknatiogeo-sctch.view-000


飼育されているクジラ(主としてハクジラ小目)の睡眠は、半球睡眠が知られていました。

脊椎動物の脳は、左脳と右脳に分かれていて、脳梁で繋がっています。

左脳は右半身、右脳は左半身を司ります。

クジラは、睡眠時に左右の脳を個別に休める半球睡眠をとります。


陸上の哺乳類は、睡眠時間こそ短いのですが、左右の脳を個別に休めることはないようですから、主に呼吸を管理するためと、私は考えています。

ただ、隠れる場所がない大海に暮らしていることも、関係しているのかもしれませんね。

しかし、野生のクジラの睡眠方法は、ほとんど観測されていなかったそうです。

このマッコウクジラの寝姿は、貴重な映像です。

 

 

ところで、この寝姿は、野生のクジラの一般的な姿ではないと思っています。

マッコウクジラは、他のクジラとはかなり異なる身体を持っています。

最も特徴的な部分は、巨大な頭部です。

この頭部には、脳油(ワックスエステル)が満たされていて、潜水と浮上を助けると言われています。

脳油は、冷やすと固化して比重を増します。

これを錘の代わりにして、頭から一気に潜水していきます。
浮上時は、頭部の血流を増やして脳油を溶かし、浮力を得ます。
そして、頭を上に、ほぼ垂直に急浮上するのです。

この特徴から、マッコウクジラが寝る際に安全なのは、頭を上にした姿勢だと言えます。


もう一つ、マッコウクジラが頭を上にして寝る利点があります。

マッコウクジラ以外のクジラは、噴気孔(人類の鼻に相当)が背中といっても良いくらいの後頭部にあります。
ですが、マッコウクジラの噴気孔は、頭の左先端にあります。
頭を上にすると、浮上した際に真っ先に噴気孔が水面に出て呼吸できます。



こうしてみてくると、頭を上にした睡眠は、マッコウクジラ固有の特徴に思われます。
マッコウクジラは、飼育されたことはないはずです。
残念ながら、マッコウクジラの睡眠は野生でしか観察されておらず、飼育下の睡眠との比較はできません。
それでも、今回の撮影は、貴重な映像には違いないと思います。

砕いたエノキダケを煮詰めた後に凍らせた食材だそうです。
JA中野市が商品化しました。
味噌汁や煮物、カレー等に、凍ったまま入れて使うそうです。
 
健康や美容に良いとされているようですが、
栄養バランスを崩すような摂取は逆効果でしかありません。
この辺りは、注意して使うべきでしょう。
 
エノキダケさえ入手(栽培)すれば、調味料として使えるメリットがあります。
というわけで、作り方です。
 
★材料:エノキダケ300g
    水    400g
★道具:製氷皿  2枚
 
☆作り方
 (1)エノキダケの石づき(約1.5cm)を除き、ざく切りにする。
 (2)ミキサーにかけてペースト状にする。(約30秒) ※1
 (3)鍋にペーストを入れて掻き混ぜながら煮詰める。(約60分) ※2
 (4)粗熱を取る。
 (5)製氷皿に移し、冷凍庫で凍らせる。
 ※1:始める前に1時間程度 日光に当てるとビタミンD₂が増える。
 ※2:煮詰めると、煮詰める前の7割程度になる。
 

前回は、現状を踏まえて、食糧自給率を100%した際に、農業従事者の比率をどこまで増やせるかを検討しました。
その結果、全人口の2.9%まで農業従事者を増やせることがわかりました。
これは、現状の約1.5倍に当たります。
ですが、肉食をやめたとしても、現状の2倍の生産量に増やさなければ、食料自給率を100%にすることができません。
これでは、農業従事者一人当たりの生産量を1.3倍余りに増やさなければなりません。
 
そこで、気になるのが、W/R係数です。
日本は、流通や仲買の割合が欧米の1.5~2倍もあります。
小売価格の56%が流通や仲買なので、これを三分の二にできれば、小売価格が同じでも農家の収入は増えます。
具体的には、56%の三分の二は39%なので、農家の取り分は44%から61%に増えます。
農業従事者人口に変換すると、4.1%になり、約500万人まで増やせます。
これは、現在の農業人口の約2倍に当たるので、食糧自給率を100%にするために生産量を倍増させたとしても、農業従事者一人当たりの生産量は、現状とほぼ同じとなります。
 
 
食糧時自給率から離れるとしても、W/R係数を向上させれば、農家の収入が向上することは変わりません。
 
私には、日本の食料自給率が向上しない影の要因として、日本の高いW/R係数があるように思えてしまいます。
 

農業人口比は、何%であるべきでしょうか。
 
農地は、現在の食生活を続ける限り、一人当り10.7aが必要と分かっています。
でも、肉食をやめれば、7.5aで足ります。
 
現在の日本は一人当り3.6aで、食糧自給に必要な面積の約半分しかありません。
肉食を完全にやめた上で、人口を半分に減らすか、農地を倍に増やすか、単位面積当たりの収穫量を倍に増やすか、これらを組み合わせれば、食糧自給できるようになるはずです。
 
では、食糧生産するための農業人口は、どれくらいになるのでしょうか。
 
最も単純な計算方法は、エンゲル係数から逆算する方法です。
日本のエンゲル係数は、23%です。
小売価格の56%(品目により異なる)は、流通や仲買によるもので、農家の収入になるのは44%です。
 ちなみに、W/R係数というのがあります。
 これは、卸/小売の比率で、欧米の2程度に対し、日本は3~4と高い比率です。
 単純にみれば、日本の流通費が欧米の1.5~2倍なのです。
農家の収入ですが、資材費等の支出が71%を占めるので、実質の収入は29%程度です。
 
では、一般消費者の収入の何%が農家の収入になっているか、計算してみましょう。
 
計算式は、以下とします。
[農家の収入になる確率]=
 [エンゲル係数]×[小売価格に占める農家収入]×[必要経費を除いた利益率]
 [23%]   ×[44%]         ×[29%]
 
計算結果は、約2.9%でした。
収入面から見ると、農業人口は、全人口に対して2.9%となります。
人口に直すと、約360万人です。
現在の日本の農業労働人口は約230万人ですので、食糧の完全自給を果たせば、1.5倍程度に増やせるはずです。
 

↑このページのトップヘ