新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。


極地研究所の一般公開では、サイエンスカフェ(ミニ講演)を中心に見てきました。
私は、「サイエンス」より「カフェ」の方に惹かれたのかもしれません。

そのサイエンスカフェの中で、最後に見た「日本の天気予報を改善する北極海の気象観測」が最も印象に残っています。
講演したのは、昨年に博士号を取ったばかりの若い研究者。
極地研らしく強めの冷房の中、汗を流しながらの熱い講演でした。

彼によると、北極の気象観測は、日本の天気予報を行う上で非常に重要なのだそうです。
現在、北極圏にある気象観測点は、わずかに16ヶ所しかないそうです。
この16ヶ所では、通常の2倍にあたる1日4回の気象観測を行うことで、観測点数の少なさを補っています。
その効果は大きく、他の観測点と同じ回数分の気象データを入力した場合の気象シミュレーションとの比較を行うと、明らかに気象シミュレーションの精度が低下することが確認できたそうです。
逆説的に言えば、北極の気象は、日本周辺の気象にも大きな影響を与えていることを示しているのです。

さて、その北極ですが、近年、大きな気候変動が起き始めています。
その影響は、必ず日本周辺の気候にも現れるはずです。
以下は、「北極観測」という極地研究所の冊子の抜粋です。
ここでも、最初に「北極に大きな気候変動が起き始めています」が掲載されています。
北極の気候を読み解き、地球温暖化の現状を把握しなければならないようです。

0.北極観測_表紙&裏表紙

1.北極に大きな気候変動が起き始めています

極地研究所と言えば、真っ先に思い浮かぶのが、南極観測船ですね。
現在運用されているのは、2艦目の砕氷艦「しらせ」です。

しらせ2

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、「しらせ」所属は海上自衛隊です。
これは、戦後初の南極観測で使用した「そうや」、「ふじ」、先代「しらせ」の全てに共通します。
一つには、南極観測が非常に危険だったためなのかもしれません。

しらせ


こちらは、先代の「しらせ」です。
南極観測に用いられた歴代の砕氷艦で唯一の三軸船でした。
大きさや性能は現行の「しらせ」と大差なく、日本の南極観測において、砕氷艦の完成形とも言えるでしょう。
実際、歴代で最も多い25回の南極観測を成功させています。

「しらせ」の名前ですが、一般には白瀬矗が由来と言われています。
(正式には異なるのですが、大元を辿れば白瀬矗に行き着くのです)
白瀬矗は、1910~1912年に日本で初めての南極探検を行った人物です。
極地研究所にも、記念碑がありました。

白瀬南極探検隊記念碑

白瀬南極探検隊記念碑2



南極点にこそ達することはできませんでしたが、貧弱な装備にも拘らず、この時代の南極探検において全員が無事に帰還したことは見事と言っても良いと思います。

日本の南極観測では、越冬隊の死者は1名のみです。
昨年は、残念ながら「しらせ」乗組員に死者がでましたが、安全第一に観測を続けて戴きたいと思っています。

国立極地研究所の一般公開2016年は、8月6日でした。
国立極地研究所は、立川市の米軍基地跡に7年前に移転してきました。
JR立川駅からは歩いても20分足らず。
5月に行ったJAMSTECの立地とは大違いです。

さて、極地研の一般公開です。

国立極地研究所2016年一般公開1

国立極地研究所2016年一般公開2

国立極地研究所2016年一般公開3


今回は、サイエンスカフェを中心に回りました。
私が聞いた講演は、以下の4件でした。
      ・氷河に封じ込められた化石花粉のDNA研究
      ・気候変動の鍵を握る極域の海と海氷
      ・地球環境を駆動する南大洋と南極氷床
      ・日本の天気予報を改善する北極海の気象観測

これらの講演の概要は、機会を見ながら書くことします。


国立極地研究所は、敷地がコンパクトな事、国文学研究資料館・統計数理研究所と同居等、
JAMSTECとは趣の異なる研究施設でした。
縁深い砕氷艦「しらせ」も海上自衛隊所属で、極地研の所有ではありません。
ですが、研究内容はJAMSTECと関係深く、北極観測ではJAMSTEC所属の
「みらい」を使用する等、連携した研究が行われていました。

JAMSTEC同様、今後のブログのネタとして使っていく予定です。

国立極地研究所の一般公開に行きました。

当ブログのテーマの一つである気象予測について、勉強する目的もありましたが、単純に好奇心で来たと言った方が正確かなと、思います。

image


ここでは、サイエンスカフェ(ミニ講演)を中心に回りましたので、その内容と感想は個々に書いていくことにします。

ところで、地球温暖化に伴い、北極海の海氷が夏場に小さくなっていることがニュースになっていますが、今回の一般公開では海氷が最小になる日の予想をしてきました。
全くの直感ですが、予想する人が少ない9月19日にシールを貼ってきました。

image


ですが、残念ながら、証拠写真はまたしてもピンぼけでした。

地球温暖化懐疑論に共通する問題点は、地球温暖化のみに焦点を絞っている点でしょう。
この問題は、実は地球温暖化肯定派にも共通するところがあります。
そのため、お互いに都合が良い情報だけを用いて相手を非難しがちになり、
議論が噛み合っていないように見えてしまいます。

この状況は、地震予知肯定派と否定派の議論にも見られます。
こちらも、成功率が高いか低いかの議論となり、やはり都合の良いデータを持ち出して、
噛み合わない議論が続いています。


閑話休題

地球温暖化懐疑論のもう一つの問題は、データの利用の仕方です。
データの中の都合の良い部分だけを抽出して、御都合主義の理論を展開する点です。
(これも地震予知肯定派と否定派の議論に似ているのですが、また機会があれば・・・)
全体としては明らかに気温上昇傾向にあるのですが、太陽活動の増減や大気循環の変化に
よって気温の上昇傾向は短期的な変化をします。
地球温暖化懐疑論は、この部分を抽出して「地球温暖化は嘘!」と言っているのです。
同時に、物事の本質に目を瞑ってもいるのです。

地球温暖化は、二次的な問題にすぎません。
問題は、化石燃料の使い過ぎであり、その結果、大気中の二酸化炭素濃度が上昇し、
酸性雨、温暖化、海洋の酸性化と酸欠などを引き起こしているのです。
仮に、地球が寒冷化の傾向にあったとしても、人類が行うべき事柄は変わりません。

化石燃料の使用を大幅削減(ゼロに近付ける)しなければならないのです。

↑このページのトップヘ