新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

前回にも書いたように、
本来なら正弦曲線になる気温の変化を二次関数で回帰することを考えています。
しかし、二次関数で描ける範囲は、変曲点から次の変曲点までの期間に限られます。
そこで、
前回は、東京の日平均気温について
7月1日から3月31日までを三次式で回帰し、変曲点を探してみました。
 今回は、札幌の日平均気温で変曲点を探してみました。

札幌1953年回帰


1952年7月1日から翌年3月31日までを三次関数で回帰したグラフです。
係数を基に、変曲点を調べたところ、1952年10月28日でした。


札幌2013年回帰



2012年7月1日から翌年3月31日までを三次関数で回帰したグラフです。
係数を基に、変曲点を調べたところ、こちらも2012年11月5日でした。
札幌では、11月1日頃を中心に変曲点がありそうです。
 
 
東京と札幌の例を見ると、
変曲点を避けるには、11月上旬は回帰式のデータに含めない方が良さそうです。
桜の開花予想は、3月1日に発表したいので、
使用できる気象庁のデータは、2月26日(来年は27日)までとなります。
つまり、
前年の11月11日から当年の2月26日までの気象庁のデータを用い、
桜の開花時期の予測を行うことになります。
 
次回は、実際に過去のデータで検証してみることにします。

桜の開花時期を予想するためには、桜の開花を決める法則を探す必要がありました。
それについては、三つの候補を見つけました。
(他にもいろいろありそうですが、今は三つで充分です)
 
次には、未来の気温の変化を予測する必要があります。
これについても、桜開花予想の記事の中でも、一度触れています。
今回は、もう少し踏み込んでみましょう。
 
以前の記事では、二次関数で気温の変化を回帰したい旨を書いています。
ですが、気温の変化は、本来なら正弦曲線を描くはずですから、
二次関数で描ける範囲は、変曲点から次の変曲点までの期間に限られます。
そこで、
7月1日から3月31日までを三次式で回帰し、変曲点を探してみました。

東京1953年回帰

1952年7月1日から翌年3月31日までを三次関数で回帰したグラフです。
係数を基に、変曲点を調べたところ、1952年11月1日でした。

東京2013年回帰

2012年7月1日から翌年3月31日までを三次関数で回帰したグラフです。
係数を基に、変曲点を調べたところ、こちらも2012年11月1日でした。
東京では、11月1日頃に変曲点がありそうです。
 
次回は、札幌の気象データで調べてみることにします。

桜の開花の条件は、4740Kの法則に問題があることは、前々回に書きました。
絶対零度を基準にすると、通常の気温差は相対的に小さくなり、
気温変化が影響しにくくなることが問題でした。
そこで、絶対零度以外の基準(ベース温度)を探すことにしました。
 
まず、桜(ソメイヨシノ)の北限を調べました。
桜の北限は、北海道の美唄市の東名公園だそうです。
美唄市は、月平均気温が氷点下10℃をギリギリのところで切りません。
どうやら、氷点下10℃が、桜の絶対零度のようです。
 
そこで、氷点下10℃を基準に、累積気温を調べてみました。

桜開花予測解析 平均気温ー10℃



近似式は、若干の細工を加えましたが、
桜は、平均気温が9.8℃を超えた日を起点に、
日々の気温(-10℃基準)の累積値が157℃に達した日に、
開花する
との結論を得ました。
この条件の場合、
9.8℃のままなら8日程度、15℃なら6日程度で開花する計算です。
 
 
念のため、最高気温の累積気温でも調べてみました。
基準気温は、-10℃で計算しました。

桜開花予測解析 最高気温ー10℃



近似式は、若干の細工を加えましたが、
桜は、最高気温が13.2℃を超えた日を起点に、
日々の気温(-10℃基準)の累積値が300℃に達した日に、
開花する
との結論を得ました。
この条件の場合、
13.2℃のままなら13日程度、18℃なら11日程度で開花する計算です。
 
 
これで、三つの法則(案)ができました。
このどれが、桜の開花を決める要素なのか、私にもわかりません。
ですので、
この三案は、キープとして、先に進めることにします。

村井氏が主宰するJESEAや、早川氏が主宰する地震解析ラボは、よく当たる地震予知として、テレビや雑誌で取り上げられています。
本当に、地震予知に成功しているのでしょうか。
それ以前に、メディアは、地震予知に成功しているか確認した上で、 彼らを取り上げているのでしょうか。


実は、私は、地震解析ラボと同等の地震予知情報を作成し、実際に地震が発生するかを半年かけて検証したことがあります。つまり、どの程度の確率でマグレ当たりが起きるのか、試してみたのです。
その結果、 地震解析ラボより高い成功率となりました。
つまり、地震解析ラボの地震予知成功率は、まぐれ当たりと同等以下でしかないことを証明したのです。
また、地震解析ラボの実績を検証し、地震予知に成功していれば示すであろう傾向が、地震解析ラボには見られないことも確認しました。
詳細は、もう一つの風の谷の生活を見てください。

JESEAに関しては、地震解析ラボよりもはるかに悪質です。
JESEAが地震予知に使用している情報は、国土地理院の電子基準点の速報解を使用しています。
この速報解には、誤差が含まれており、国土地理院も注意を促しています。
ですが、これを無視して、誤差を使って地震予知を行っているのです。



さて、JESEAの地震予知情報も、地震解析ラボの地震予知情報も、有料の情報です。
前述のように、JESEAも地震解析ラボも、地震予知としては意味のある内容にはなっていません。
その詳細については、もう一つの風の谷の生活を見ていただくとして、メディア側に大きな問題があります。

すでに述べたように、地震予知として価値を持たないのに、有料で情報を流しているのです。
情報を買った人にとっては、予知成功率が高い情報だと言われてお金を払ったのに、実際には予知できていないのですから、詐欺に等しい行為になります。
万が一、JESEAや地震解析ラボが詐欺罪で告発されたなら、JESEAや地震解析ラボを扱ってきたメディアも、責任を免れません。
「我々も騙された!」とでも言うつもりなのでしょうか。


日本では、「大本営発表」は嘘の代名詞のように使われます。
70年余り昔、国民は大本営が発表する戦果を真に受け、泥沼の戦争を続けさせられたのです。
その反省から、戦後の公共放送は、政府の発表から一歩、間を置くようになったはずでした。
政府が嘘を言おうとしても、それを見抜き、真実を伝える役目を、メディアは果たさなければなりません。

地震予知について、「我々も騙された!」と言うようでは、「大本営発表」も鵜呑みにするのでしょう。
有料の地震予知情報を流している組織や主宰者は、地震予知の専門家ではありません。
また、地震予知の専門家は、地震予知には成功していないと公言しています。
ですから、ちょっと調べるだけで偽の地震予知に騙されることはありません。
それにもかかわらず、あたかも高い的中率の地震予知であるかのように伝えてきたのですから、詐欺罪に問われれば、同罪です。


メディアの実力は、特に科学分野の実力は、相当に低いようです。
だから、STAP細胞の報道では、まず持ち上げ、その後に叩く報道をしたのです。
STAP細胞は、最初から常温核融合と同レベルだったのです。
論文は発表されたと言え、慎重に扱うべきでした。
メディアが伝える科学分野の情報は、内容を疑っておいた方が良さそうです。




さてさて、メディアの実力が見えてきたのでは?
私は、メディアの伝えることは、「大本営発表」のつもりで受け止めています。
当ブログでは、今後、地球温暖化に触れていく予定ですが、メディアの「大本営発表」に惑わされないように、真実を伝えていきたいと考えています。

鹿児島県の川内原発が再稼働して久しいのですが、未だに姶良火山による火砕流を問題視されているようです。

鹿児島県は、カルデラが多い地域です。加久藤カルデラ、肝付カルデラ、阿多カルデラ、鬼界カルデラ、そして姶良カルデラ。主なものだけでも、これだけあります。
最大級の噴火は、およそ3万年前の姶良火山の噴火です。これは、日本列島史上で最大規模ともいわれており、鹿児島県を覆う有名なシラス台地は、この時の噴火で作られたとする説もあります。
最近の活動では、鬼界カルデラが7300年ほど前に噴火し、九州の縄文文化に壊滅的な打撃を与えました。
なぜ、九州にカルデラが多いのか、私は理解していませんが、阿蘇山を含め、およそ1万年ごとに破局的噴火が起きてきたことが分かっています。


川内原発とカルデラ


話題にする川内原発ですが、姶良火山から50km程度の距離に位置しています。
姶良火山の噴火では、半径80kmに火砕流が及んだとする研究もあり、川内原発周辺でも、この時の火砕流の痕跡が見られます。
これを根拠に、川内原発を廃止にすべきとの声が、今も残っているようです。
また、専門家が「姶良火山が再噴火しないとは言い切れない」と言っているため、原子力安全委員会の審査結果を問題視しているようです。



さて、ちょっと考えただけで、おかしなことに気付くはずです。
反原発派は、姶良火山が再噴火すると考えているのでしょう。
ですが、噴火した際の被害は、原発にのみ及ぶと考えているのでしょうか。

仮に、姶良火山が3万年前と同規模の噴火を起こして火砕流が発生した場合を考えてみましょう。
耐震対策で被害を大きく軽減できる地震とは異なり、火砕流は飲み込まれれば、助かる見込みはありません。
つまり、姶良火山から半径80km内に住む100万人を超える人々は、命を落とすことになります。
原発がどうなろうと関係ありません。姶良火山の周辺の住民は消滅してしまうのですから。
本気で姶良火山が再噴火すると考えるなら、まず姶良火山から80キロ圏内を居住禁止にすべきでしょう。最低でも、100万人規模の避難計画を策定すべきです。(現実的ではありませんが・・・)
ですが、そんなことはお構いなしで、「とにかく川内原発を廃止しろ!」と叫ぶのは、どんな神経をしているのでしょうか。

姶良火山が火砕流を川内原発に届かせるような噴火をしたなら、九州や四国は降灰で埋め尽くされ、事実上の壊滅状態になるでしょう。関東でさえ、降灰で交通機関や農林業が大打撃を受け、日本の存亡にも関わる状態に陥るはずです。
本気で姶良火山の噴火を考えるなら、川内原発は検討する必要もないくらい小さな問題に変わります。



ところで、姶良火山は噴火するのでしょうか。
小規模な噴火はともかく、川内原発に影響を与えるような巨大噴火は、起こりそうにありません。
なぜでしょうか。

姶良火山は、現在は大きく陥没して錦江湾(鹿児島湾の最奥部)を形成しています。
つまり、大きな湾を作るほど、大量の噴出物を放出したのです。
では、現時点で3万年前と同規模の噴火を起こすとしたら、どこに噴出物を蓄えていると言うのでしょう。
少なくとも、現時点では大量の噴出物を蓄えているとは言えず、よって姶良火山が再噴火しても大規模なものとはなりにくいだろうと推定はできます。



こうやって考えてみると、反原発派の考えは、人命は無視して、単に自分の好みの問題で「反原発」を唱えているだけだということが見えてきます。

原発は、温暖化対策のアイテムの一つです。
反原発派は、「再生可能エネルギーを利用すれば原発は不要!」と言いますが、「再生可能エネルギーを利用すれば火力発電所は不要!」と、なぜ言わないのでしょうか。
再生可能エネルギーは、原発や火力発電所を代替するには、高いハードルがあります。ただ、そのハードルを越えられるなら、原発より火力発電所を先に止めるべきなのです。
このあたりの視点からも、反原発派は、原発を停めること以外を考えていないことが分かります。



最後に、私は原発再稼働派です。
ただ、原発の新規建設には慎重な立場を取っています。

単純に原発を推進するつもりは毛頭ありません。そのあたりは、御理解頂きたいところです。

↑このページのトップヘ