豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

                              いむたかつみ

95年前の今日(9月1日11時58分)、相模湾を震源とする関東大震災が発生しました。

死者・行方不明は10万人を超える甚大な被害をもたらしました。

  

関東大震災

 


日本人は常に地震に怯えて生きてきました。

地震予知は、日本人にとって悲願であり、必ずや実現されると信じられてきました。

そのせいか、雨後の筍のよう民間地震予知会社が生まれ、そのデタラメな地震予知を信じてしまう人々が後を絶たない状況が続いています。

 

昨秋、地震学会も地震予知が事実上不可能であることを認め、方針転換を決めました。

しかし、曖昧な新方針の影響からか、なぜ地震予知ができないのかを明確にしなかったからか、未だに民間においてデタラメな地震予知が横行しています。

論理的に考えて、地震予知は不可能と考えても問題ないでしょう。

地震を予知するために必要な観測装置を埋設するための技術さえ、人類は手にしていないと言っても良いでしょう。

地震予知が不可能である以上、私たちにできることは、被災時には救援が来るまで耐えることであり、それまで耐えられるような備えをしておくことです。




さて、地震は、備えることで生き残る確率を高く保つことが可能です。

しかし、食糧難が起きたなら、どうやって生き残れば良いのでしょうか。

日本は、食糧の3分の2を海外に頼っています。海外で食糧を買い付け、日本に持ち込んでいるのです。

これができるのは、円が強いからです。

ところが、莫大な累積債務は、円を暴落させる可能性を秘めています。

『円が下がれば輸出が伸びる』というような緩やか円安ならば、対策が間に合うかもしれませんが、何かを切っ掛けとした急激な日本国債売りが始まれば、最悪は数分で円は大暴落となります。

こうなってしまうと、多少の輸出の伸びでは国債の売りを止めることはできず、輸出増加による収入増では食品を買うことができません。また、収入増は食品価格の高騰より時間的な遅れが出るので、食品を買えませんし、海外での買い付けも、円ではできなくなります。

 

このような事態は、地震と同様に、瞬間的に起きる可能性があり、前兆も分かりにくいと思われます。

一方では、個人でできる備えは少なく、外貨または金(きん)の形で資産を持っておくくらいです。これも、一般人の財力では、一時凌ぎにしかなり得ず、備えることは不可能に近いと思います。

 

現政権は、憲法を改正して、海外の紛争に首を突っ込もうとしています。
有事に強いは、有事において軍事力を行使しないことに裏打ちされています。
海外の紛争で軍事力を行使するようになれば、有事に弱いに変わるかもしれません。
私には、憲法改正は国の崩壊と食糧危機の引き金になるのではと、不安に思っています。

 

当ブログは、個人でできる備えとして、耕作放棄地の再農地化をはじめ、啓蒙活動の意味を含めて、様々な角度から紹介しています。

「MRJは駄作機か?」と問われたら、私は「YES」と答えたいですね。



多くの民間航空機は、標準型を元に機体のストレッチ(伸長型)を行いながら発展させていきます。

同時に、燃料タンクを拡大して、航続距離も伸ばしていきます。

その典型が、ボーイング737型でしょう。

 

737型の初飛行は、50年以上も前の1967年です。

その後、改良を繰り返し、最新のMAX10では、定員230席 全長43.8mにもなる予定です。

では、50年前の標準型は、どんな機体だったのでしょうか。

737型は、727型を基に、三発から双発に変えて小型化し、未舗装の空港を含む地方空港にも就航できる機体として開発されました。エンジンと外翼、機首は727を流用し、胴体の中央付近を短縮しつつ利用し、内翼、降着装置、尾翼等を再設計して完成しました。

このように、急増と言っても良いくらいの機体でしたが、基の727型が廃止になった後も737型は発展を続け、現在に至っています。


 

では、MRJは、737型と同じように、発展させていける可能性はあるのでしょうか。

その前に、MRJと737のそれぞれの標準型にあたるMRJ-70と737-100との比較をしてみましょう。


       MRJ-70    737-100

 定員       76席      115席

 全長     33.4m     28.7m

 重量     40.2t     49.9t

 翼長     29.2m     28.4m

 翼面積    100m²?      102m²  

 推力     7.1t×2基    6.4t×2基

 航続距離  3740km     3000km    


MRJと737は、全長と翼幅はMRJが、最大離陸重量は737がやや大きいくらいで、大差はありません。大きく異なるのは定員で、MRJの76席に対し、737は115席程度となっています。

この違いの一つは、胴体の太さにあります。MRJの座席は2+2の4列ですが、737は3+3の6列です。

意外なのが、両機種の縦の座席数です。MRJは76÷4で縦19席ですが、737は115÷6で縦20席以上です。

MRJは737より4.8mくらい長いので、5〜6列くらい長く取れるはずですが、実際にはほぼ同じ列数しか確保できていません。

その要因は、客室内にバゲージスペースがあるためだろうと思います。

MRJは胴体が細く、床下収納を削っています。そのため、客室後部にバゲージスペースを確保しています。この容量が、5〜6列分(20〜24席分)に相当するようです。

 

MRJは、70型と90型の2種類があり、将来的には3列程度のストレッチ型(100型?)も用意する予定があります。
胴体をストレッチする場合、胴体の太さ(正確には縦の寸法)が利きます。
その指標をみるために、胴体径と全長を確認しましょう。(MRJ-100は推定値)

        ---  MRJ  ---       --  737  --
       70     80    100      100    900
胴体径  2.96m  2.96m  2.96m    3.76m  3.76m 
全長   33.4m  35.8m  37.0m?   28.7m  42.1m
縦横比 11.284 12.095 12.500    7.633 11.197

737-900型の縦横比は11.197ですので、最も短胴の70型でも737型で最も長い900型と同程度の縦横比と分かります。機体のストレッチの余地は、ほとんど残っていないと言えそうです。

 

MRJは、ストレッチの余地を減らしてまで胴体を細くして、空気抵抗を減らすことを優先しました。
ところが、胴体が細すぎて中央翼を胴体内を貫通させることができず、胴体下に張り出しています。
胴体は細くても、機体全体としては細くないのです。

キャビン内の通路の高さを確保するために、中央翼は下に押し出される形となっています。

また、主脚のダブルタイヤを収納するスペースを確保するために、中央翼には一定以上の厚みが必要になります。その厚みは、1.5m以上になるはずです。キャビン内の通路床面から胴体外壁最上部までを2.0mを確保すると、中央翼の下面は、胴体最下部より70〜80cmははみ出すことになります。

MRJの胴体下部の張り出しは、ちょうどこのくらいです。

航空機は、少し迎角をとって飛行するので、この張り出しの前面投影面積への影響は小さいかもしれませんが、無用な気流の変化を生むので、胴体を細くしたメリットは小さくなると思われます。

 

私なら、胴体径を大きくして、5列か6列のシート配置にします。

こうすれば、床下収納庫を確保できるので、実質的なキャビンを長く確保できます。

また、床下収納庫に潜り込めるので、床下に配置する配線や配管のメンテナンスも容易になります。

胴体を延長する際に、胴体の縦のサイズが関係します。
将来的に、ストレッチ型を開発する際に、細い胴体は早く限界に達してしまいます。

胴体を太くするメリットは、細くするメリットを上回るように思います。

 

MRJの推力は、離陸重量に対して大きめです。

MRJの離陸重量と推力の比は、70型は0.353、90型は0.374です。一般的な比率は、0.3±10%くらいです。実際、737-800は0.314です。

737型が乗用車なら、MRJはスポーツカーのようです。

これは、上昇力を稼いで、空港周辺の騒音を減らす設計思想と思われます。

一理あるのですが、経済性はどうなのか、疑問があります。

MRJの燃費は、最良に計算してMRJ-90型で0.311km/lです。

737-800型は、0.217km/lですが、定員が2倍以上も違うので、比較対象が悪いとも言えます。例えば。一人あたりの燃費を計算してみると、MRJ-90型は27.4km/l・人、737-800型は41.0km/と、MRJの方がかなり悪いことがわかります。

ちなみに、MRJのライバルとされるエンブラエルのE175-E2の燃費は分かりませんでした。

私なら、もう少し小型のエンジンを選択したと思います。
少なくとも、MRJ-70の開発を中止し、MRJ-70用のエンジンをMRJ-90に採用したと思います。


MRJの開発は、定員数を決めるところから始まったのではないかと思います。

ニッチを見極めて、定員数を決めたのでしょう。

ところが、エンジンを決める際に、ギヤードタービンの新型エンジンに目が行き、無理矢理採用してしまったのではないかと想像します。
機体の基本構想が甘く、トレンドだけを追い、その結果、全体のバランスを欠いた機体になったのではないかと思っています。

他にも、各部を仕上げる技術者の半数は、海外の人材を登用しているようで、開発のノウハウが企業内に残るのか、不安でもあります。


色々な角度から見ても、MRJは駄作機のように、私は思っています。



MRJの開発の問題は、将来を見据えていないことにあるように思います。
MRJの胴体は、本来は50~60席がベースになるサイズです。
一方、エンジンは、倍の120席クラスの機体を飛ばすこともできる強力なものです。
また、内翼も、エンジンと胴体のクリアランスを考えると、小型化は難しいでしょう。

737の開発から分かるように、改良でも新規開発でも、従来機の機種・胴体・外翼を流用することが少なくありません。初期においては、エンジンを流用する事もあります。
ですが、MRJの後継機を開発する際、胴体を考えると更なる大型化は考えにくいところです。
といって、機体の小型化は内翼が問題です。
胴体を細く作ったことで、MRJを今回のみの機体にしてしまったのです。

このような角度から見ても、MRJは駄作に思えてしまいます。


メディアは、ナショナリズムからMRJを持ちあげますが、国家衰退の空気が流れている気がします。


ゲノム解析が完了している穀物としては、南米原産のキヌアがあります。


キヌアは、GI値が低く、糖尿病に有効と言われているようです。

キヌアの長所は、痩せた土地や塩分がある土地でも育つこともあります。

一方、サポニンによる苦味を持つ種ができてしまうことです。

ゲノム編集でサポニンの生成を抑制できれば、温暖化による食糧生産量の減少でも、荒地でキヌアを生産することで、バックアップできる可能性があります。



豊葦原中津谷では、キヌアの栽培は予定していません。

豊葦原中津谷は雨が多いので、土壌に塩分はありません。
塩分土壌に強いキヌアの特徴は、豊葦原中津谷では必要ないからです。

国際コムギゲノム解読コンソーシアム(IWGSC)は、パンコムギの一品種「チャイニーズ・スプリング(Chinese Spring)」のゲノムの完全解読に成功しました。

 

小麦のゲノムには107,7891個の遺伝子が含まれており、その複雑なゲノムには、DNAを構成する塩基対が160億対含まれているそうです。(人間の遺伝子は約2万個で、塩基対は30億対)

このため、ゲノム解析には13年を要したのだそうです。

小麦は、全人類の必要とするエネルギーの約2割を支えていると言います。
その小麦は、極端な乾燥や、高温を嫌います。
その対策として、品種改良が必要ですが、ゲノム編集による遺伝子改変食品として世に出てくると思います。
今後は、遺伝子改変食品を避けることは難しくなっていくのでしょう。

もしかすると、遺伝子改変食品を食べられるならマシなのかもしれません。
多くの人は、ミドリムシ食品しか食べられず、それすら手に入らない人も出てくるかもしれません。


「豊葦原中津谷」では、小麦の作付面積は1a程度を考えています。
しかし、気温が高い地域なので、環境に合う品種を探すのには苦労しそうです。

厚生労働省が各医療機関に対し、原因遺伝子や臨床情報について、国立がん研究センターに設置されている「がんゲノム情報管理センター」(C-CAT)への登録を義務付ける方針を固めたそうです。
原因遺伝子を調べる遺伝子検査等は、来年度から保険適用される予定で、同時に登録が義務化されることになります。

ゲノム情報を集約・保管し解析することで、ゲノム医療を加速する事が目的です。

臓器別に治療法がある従来のがん治療とは違い、がんゲノム医療は遺伝子変異に対応して治療します。
同時に、ゲノム医療によって開発された医薬品は、審査期間を短縮して、保険適用を前倒しする条件付き早期承認制度を活用する方針なのだそうです。


私の体調は、現時点では何の問題もありません。
ですが、再発した際には、良い治療薬が開発されているといいなと思っています。

↑このページのトップヘ