新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

 
★★★★★★★  温暖化否定派いわく「気温は低下している」  ★★★★★★★
 
過去120年間の気温とCO₂の推移を見ると、
気温は1910年から1940年頃まで上昇を続け、
1940年をすぎた頃から1975年頃までは下降気味で上昇していません。
しかし、CO₂は1946年の第二次世界大戦直後から急増しているのです。
つまり、1946年以降1975年頃まで、CO₂が一貫して増えたのとは対照的に、
気温は上がらなかった。
気温が上昇し始めたのは1970年代半ばからです。
この数十年単位の変動が準周期変動です。
そして、1998年から現在までの約10年間、CO₂急増にもかかわらず、
気温は下がり続けています。
これから約20年間は、気温は下がると思われます。
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
 
個人で地球規模の気温上昇を調べるのは、容易ではありません。
ですが、地球規模の気温変化は、海水温に強く影響を受けています。
潮岬も、周囲を太平洋に囲まれているので、海水温の変化に影響を受けています。
潮岬の気温変化を調べれば、地球規模の気温変化も推定できるはずです。
 
そこで、潮岬の気温の記録が残っている1913年以降を
温暖化否定派が、気温が上昇していないという1946年から1975年まで、
および1998年から2007年までと、
それ以外にあたる、1913年から1945年、1976年から1997年まで、
一次回帰によって気温の上昇率を計算してみました。
 
その結果、面白い結果がでました。
 1913~1945年 100年で0.027℃の上昇ペース
 1946~1975年 100年で0.743℃の低下ペース
 1976~1997年 100年で3.433℃の上昇ペース
 1998~2007年 100年で6.666℃の低下ペース
 
なんと、温暖化否定派の主張が証明されました。
でも、ちょっと変なデータもあるんですよ。
 1913~1945年 平均気温=16.42℃
 1946~1975年 平均気温=16.83℃
 1976~1997年 平均気温=16.97℃
 1998~2007年 平均気温=17.56℃
 
そうなんです。
各期間の平均気温を比較すると、確実に上昇しているのです。
 
実は、1940年から1960年頃にかけて高温が続いたのですが、
1960年頃から1980年頃は、比較的低温だったのです。
だから、1946年から1975年を切り取ると、気温が低下傾向に見えたのです。
同様に、1990年代は高温でしたが、2000年代は太陽活動の低下もあって、
低温傾向にあります。
 
1913年から1975年までを通して調べると、100年で0.889℃の
上昇ペースなのです。
1946年から1997年までを通して調べても、100年で0.510℃、
1976年から2007年までを通して調べても、100年で3.281℃の
上昇ペースです。
もちろん、1913年から2007年まででも、100年で1.140℃の
上昇ペースです。
 
地球は、確実に温暖化しているのです。
温暖化否定派は、温暖化を否定するために都合の良い期間だけを切り取り、
「温暖化していない!」と強弁していたのです。
  
温暖化否定派のデータは、私には極めて作為的に見えます。
温暖化を否定することで利益を得られる組織が背後にいるのでは? 
とさえ思えるのです。
 
次回は、その「作為」について書きます。

 
★★★★★★★★  温暖化否定派いわく 「海面上昇について」  ★★★★★★★
 
海面上昇はしない。
気温が上昇すれば北極の氷は溶ける。ここまではホント。
実際、溶け始めています。
しかし、北極の氷は海に浮かんでいます。
「水に浮かんだ氷が溶けても水面は上昇しない」というのは小学校の理科で習うはずです。
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 

以上は、温暖化否定派の弁です。
 ですが、これには二つの間違いがあります。
 
まず、融けるのが海氷だけなら正しいのですが、陸上の氷(氷河等)も融けて海に流れ込む事を無視しています。
ただ、南極圏では温暖化で降雪が増えると予想されています。
南極大陸に降雪量が増えれば、後ろから押されるので氷河も流れが早くなります。
トータルとして、海水量が増えるのか、私にはわかりません。
 
では、海水面が上昇するのでしょうか。
温暖化否定派の二つ目の誤りと言うより見落としが問題です。
海水面の上昇は、水温の上昇による熱膨張が主たる要因と言われています。
水の熱膨張率は、20℃でおよそ0.00021/Kです。
表層200m分の水温が1℃上がると仮定すると、約4cmの海面上昇になります。
(注:これは私の概算のため、他者の研究とは異なる数値になってしまいました)
近年の研究では、表層水が深海に流れ込み、深海の水温を上げると指摘されています。
同じ温度上昇でも、より大きな海面上昇になる可能性があります。

2008年から2009年にかけて、黒点が全く現れない期間が266日続き、黒点の活動期が2年遅れの2013年にずれこみました。
この現象がマウンダー極小期に似ていたため、地球が寒冷化するのではないかと、取り沙汰されています。
マウンダー極小期では、太陽の黒点がほとんど現れない状態が、1645年頃から1715年頃にかけて続き、平均気温で0.6℃程度下がったとされています。
仮に、マウンダー極小期と同様に、2015年から2085年の気温が0.6℃下がったとしましょう。その場合でも、過去最高の年平均気温を推定気温が超える時期が少し先に延びるだけです。
太陽活動が低下しても、温暖化の進行を10~50年くらい遅らせる効果しかありません。
潮岬のデータで見た場合、約20年しか温暖化を遅らせられないのです。
また、マウンダー極小期は、70年しか続きませんでした。人類に与えられる時間は、最大限に見積もっても70年しかないのです。

2013年12月6日画像1

昨日と同じデータ(東京と潮岬)を用いて、二次回帰式を求めてみました。
 
東京も潮岬も、係数(a)が正の値で、温暖化が加速している事がわかります。
一次回帰より二次回帰の方が標準偏差が小さいことから、二次回帰の方が現実に近いと
考えられます。

今の温暖化のペースが続くなら、今世紀の半ばには、過去に経験のない暑い年が続くように
なるでしょう。

2013年12月4日画像2

地球の温暖化は、本当に進行しているのでしょうか。
東京と潮岬で、調べてみました。
東京は、130年以上の気象記録が残っています。
潮岬は、人口密集地から離れていて、周囲を海に囲まれているので、温暖化の進行が
分かりやすいと思います。
観測開始から2010年までの気象データで解析してみました。
解析は、過去の気温を一次回帰しました。


2013年12月4日画像1

一次回帰式は、Y=aX+b で表されます。
Xは西暦(年)、Yは その年の平均気温(℃)です。
傾き:a は、1年毎の気温上昇率(℃/年)を示します。
 
は、潮岬の実測データです。
は、東京の実測データです。

潮岬は、100年で1.1℃上昇のペースです。
東京は、100年で2.5℃上昇のペースです。

これをみると、地球が温暖化しつつあるのは、事実のようですね。

↑このページのトップヘ