新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

関西学院大学の田中教授らは、テロメアの復元を抑制する仕組みを明らかにしました。
 
テロメアについては、私のblogの1月31日でも触れています。
(内容は、STAP細胞絡みですが・・・)
 
テロメアは、細胞内のDNAの両端にある遺伝情報を持たない部分のことです。
細胞分裂をするたびに、テロメアの先端部分の不完全な部分を切り落とすため、
テロメアの長さは、細胞分裂のたびに短くなっていきます。
テロメアが無くなってしまうと、遺伝情報を持つ部分を壊すことになるので、
細胞分裂はしなくなります。
これが、細胞の寿命となります。
 
テロメアは、生殖細胞では復元されます。
この復元を行うのが、テロメラーゼです。
癌細胞では、なぜかテロメラーゼが働き、テロメアを復元します。
このため、癌細胞は不老不死なのです。
 
ここまでは、以前から知られており、2009年にはノーベル賞も授与されています。
 
田中教授が明らかにしたのは、テロメラーゼの働きを適当なタイミングで抑え、
テロメアの長さを一定以上の長さになる事を防ぐSUMOの働きです。
テロメラーゼの働きでテロメアが一定の長さまで復元されると、SUMOがテロメアに付着している他の蛋白質と結合し、テロメラーゼを排除する働きを始めるのです。
 
今回の研究は、酵母細胞で行われました。 
人の細胞でも同じ仕組みが働くのであれば、癌の治療薬への応用も考えられます。
 
まだまだ先の話でしょうが、癌の治療薬に繋がることを期待したいと思います。 

千葉県がんセンターにおいて、同一医師による腹腔鏡下手術で3人の患者さんが
亡くなった問題で、第三者検証が行われています。
 
このような問題が発生した場合に多い対策は、規制とチェックを増やすことです。
組織として問題を発生させないために、組織内でのチェック機会を増やすのです。
チェック機会が増えると、チェックする側にとっても、される側にとっても、
負担が大きくなります。
しかも、チェック自体は治療には関係が無いので、どうしても形骸化しやすいのです。
 
医療の門外漢の私が、これ以上に踏み込むことはできません。
ただ、広い意味では同じ技術系の人間として、技術以外の仕事は最少にすべきと
提言したいと思っています。
 
勤務医の多くは、勤務時間から見て、非常に多忙です。
これに、新たなチェック機会が増えると、今以上に多忙になり、本来の医療行為に
影響しかねません。
技術系以外の方も、このような状況があるべき姿だとは思わないでしょう。
 
 
 
私も、このblogも、掲題の件については、完全にアウトサイドです。
ただ、今も術後の検診を受けている身としては、医師が医療行為に集中できるような対策を望んでいます。

千葉県がんセンターで、同一医師による腹腔鏡下手術において、
2012年9月に手術を受けた女性は、同日中に亡くなったそうです。
2013年1月に手術を受けた男性は、翌日に亡くなったそうです。
2014年2月に手術を受けた男性は、2週間後に亡くなったそうです。
 
これとは別に、
2008年6月に手術を受けた男性は、9ヶ月後に亡くたったそうです。
2008年11月に手術を受けた別の男性は、5ヶ月後に亡くなったそうです。
2010年1月に手術を受けた三人目の男性は、1ヶ月後に亡くなっています。
この3件も、腹腔鏡下手術でした。
ただ、手術から亡くなるまでの時間が比較的長いので、
(亡くなるまでの経過が分かりませんが)手術との関係は薄いのかもしれません。
 
 
私が受けた手術も、腹腔鏡下手術でした。
腹腔鏡下手術は、開腹手術よりも患者の負担が格段に軽いので、
今では、多くの症例が腹腔鏡下で手術されているようです。
一方で、開腹手術よりも高い技術を求められるそうです。
 
私たち患者は、医師を信じるしかありません。
でも、医師の立場で見ると、毎日のように命を預かり、激しい緊張下で繊細な作業を要求する腹腔鏡下手術を行うのは、相当に厳しい仕事でもあります。
 
 
千葉県では、第三者検証委員会が立ち上がっているそうです。
正確な検証が行われ、患者のみならず、医師にとってもメリットのある対策が実施されることを期待しています。



――――――――――― << コ メ ン ト 転 記 >> ―――――――――――

4Kだか8Kだかの技術を内視鏡に導入する研究が進められているそうです。現状の製品よりも格段に仕事がやり易くなることが期待されているとか。

平山 茂 2014/6/18 10:12

最近、下着が汚れることが続いていましたが、今日は大丈夫でした。
便が緩いせいなのでしょうか。
(それとも、食べ過ぎ?)
 
 
ところで、こんな標語を考えてみました。
 
 症状が出てからでは、もう遅い!
 毎年受けよう 癌検診
 
ちょっと、強烈過ぎるでしょうか。
症状が出ているから手遅れだと言うことではありません
早く発見できれば、生存率はもちろん、治療も楽ですし、費用も少なくて済みます。
 
私は、幸運でした。
偶然にも、初期癌が見つかり、手術で取り除くことができました。
私と同じ幸運を呼び込むには、定期的に癌検診を受けるしかないと思います。
このblogを見てくださる方には、
是非とも定期的に癌検診を受けられることをお勧めします。

宮筋腫の内視鏡手術で、病変に癌があった場合には、筋腫を切る器具によって癌を腹部内でまき散らしてしまう危険性があることが分かったそうです。
 
子宮筋腫手術で摘出した病変に癌がある確率は、約300分の1だそうです。
つかり、子宮筋腫手術を300回行うと、
単純計算で、そのうちの一人は、癌が腹部内に広がってしまうわけです。
子宮筋腫の患者は年間10万人ですから、年間300人が癌が悪化する計算です。
 
癌である確率自体は低いかもしれませんが、
筋腫は癌の可能性を考えながら治療を行うものだと思います。
 
部位は違いますが、同じ癌患者としては、許せない気分です。

↑このページのトップヘ