新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

前回、400℃の法則も、600℃の法則も、桜の開花を決定する因子ではないことを、
1953年の札幌の開花時期や、東京での開花時期と法則との関係で示しました。
 
 
開花予想の対象としている桜は、ソメイヨシノです。
ソメイヨシノは、種を作ることができません。
そのため、ソメイヨシノは人工的に接木や挿木などで増やします。
このような増やし方なので、全国のソメイヨシノは全て同じ遺伝子を持っています。
ですので、札幌の桜も、東京の桜も、基本的に個体差はありません。
札幌で適用できない法則は、日本のどこでも適用することはできないのです。
でも、考え方を変えると、気温の影響差は同じ木で行う必要がない事を示しているのです。
気温差が大きな場所の桜を比較すれば、桜の気温の感受性を解明しやすいのです。
 
今、東京にある桜を札幌に移植したなら、
その桜は、元々札幌にあった桜と同じ日に花をつけるはずなのです。 
だから、東京と札幌の比較にこだわっているのです。





桜開花予測解析1953グラフ2


このグラフは、縦軸は各日付の平均気温、グラフの横軸には開花日から過去の各日付までの
累積気温を取りました。
その目的は、累積気温の起点を見つけるためです。
ですが、札幌と東京を比較しても、起点となる条件が見えてきませんでした。
直接の原因は、氷点下の気温がグラフを壊しているからです。
そこで、絶対零度を起点にグラフを作り直してみました。


桜開花予測解析1953グラフ3


このグラフから読み取りたかったのは、落葉との関係でした。
桜の花芽が成長するのは、落葉した時なのだそうです。
ですので、グラフが交わる点が落葉の時期と一致するのではと考えていました。

グラフを見ると、累積気温が10000K付近と76000K付近の二か所で交わっています。
10000Kは、東京では2月20日頃、76000Kは7月5日頃です。
どちらも落葉の時期とはかけ離れています。
因みに、東京の桜の落葉は、今頃(11月上旬)です。

他の年も調べてみましたが、同じ傾向にありました。

ですが、まだ問題がありました。
その辺りは、次回に持ち越す事にします。

当ブログのサクラ開花予想は、従来のサクラの開花予想手法の検証から始めました。

従来のサクラの開花予想手法には、400℃の法則と600℃の法則がありました。

400℃の法則は 2月1日以降の平均気温の累積が400℃になる頃に桜が開花する
600℃の法則は 2月1日以降の最高気温の累積が600℃になる頃に桜が開花する

では、実際にはどうなのでしょうか。

1953年の札幌のソメイヨシノは、開花までの平均気温の累積は67.8℃でした。
最高気温の累積も520.2℃でした。
どちらも大きく離れています。
これは、「ソメイヨシノの北限に近い札幌の例だから」と考えることはできません。
なぜなら、結実できず接木や挿木でしか増やせないソメイヨシノは、東京でも札幌でも
遺伝子に違いはないのです。
ソメイヨシノの開花時期は、個体差の影響はあり得ず、その場の環境だけで決まるのです。
400℃の法則も、600℃の法則も、東京周辺でたまたま見つかった関係であり、
実際のソメイヨシノが持つ性質を表しているのではないのです。

下のグラフは、東京における積算気温と開花日との関係を表しています。

気温と開花日の関係

平均気温も最高気温も、積算気温が高いほど開花日が遅い傾向にあることが分かります。
相関係数は、積算平均気温と開花日は0.193、最高気温とでは0.671でした。
平均気温と開花日の相関は弱いのですが、最高気温との相関は明確です。
400℃の法則や600℃の法則が正しいのなら、気温と開花日の間に相関はあるはずが
ありませんから、このような相関が現れることは、法則に誤りがあることを示しています。


ところで、過去の開花日だけで来年のサクラの開花日を予想するとどうなるでしょうか。
東京の1953年から2016年までの平均開花日は、3月27日です。
標準偏差は5.6日でした。

400℃の法則や600℃の法則では、どうでしょうか。
東京の1953年から2016年の平均では、2月1日からの積算平均気温が405℃に
なった時に開花しています。
標準偏差は30.3℃で、開花日頃の平均気温10.1℃でみると、3日に相当します。
最高気温では、平均では積算最高気温が641℃になった時に開花しています。
標準偏差は43.7℃で、開花日頃の最高気温14.5℃でみると、3日に相当します。
どちらも、過去の開花日から求めた標準偏差(5.6日)の54%に当たります。
400℃の法則や600℃の法則でも、開花予測の誤差を半分に絞ることはできそうです。

ですが、これは開花日までの気温が予め分かっている場合の事です。
開花日を予想する場合は、気温変化も予想しなければならないので、実際には気温変化の
予想誤差も加わり、精度はかなり低いものとなります。

高い精度で桜の開花日を予測するためには、まず桜の開花と気温の関係を明確にしなければ
ならないのです。

宣言していましたように、今月から「サクラ開花予想」を再開します。


半年ほど間が空いてしまったので、私自身がリハビリが必要な状態になっています。
また、一つ一つの記事についても、準備に時間が掛かります。
ですので、これからの予定は、比較的ゆったりしたものにするつもりです。
投稿は毎週1回程度。概ね、次のような予定で進めていきます。

・10月     前回のまとめ
・11月~12月 気温の予測方法の確立
・ 1月~ 2月 過去の開花日を用いた検証
・ 2月28日  2017年 東京の開花日予想


前回のまとめは重要と考えています。
桜の開花の性質に、ある程度まで迫ることができたと考えています。
それを整理する意味でも、今後の方向性を確認する意味でも、やっておく必要があります。

折しも、北海道と沖縄で桜の狂い咲きが話題になっています。
どちらもソメイヨシノではありませんが、桜の開花の性質を確認する上で、興味を惹かれるところです。


半年近い時間を掛けて進めていきますので、のんびりとお付き合い戴ければと思います。

皆様のお陰をもちまして、9月11日に1000アクセスを突破しました。

非常にノンビリとしたペースですが、
エコなブログと思ってお付き合いいただければと思います。

4月11日に断念した「桜の開花予想」ですが、半年ぶりに来月から再開する事にします。
ここ1ヶ月は、巷の地震予知の低レベルを相手していましたが、「地震予知研究の手引き」
という上から目線の記事を書き上げ、スッキリした気分になりました。
これから、少し間を置いて頭もスッキリさせたら、「桜の開花予想2017」の再会です。

本来、当ブログは、「食糧自給率の向上」をテーマに掲げており、サブテーマの一つに
「気象予測」を据えています。
「桜の開花予想」は、「気象予測」を始める前の教材として、また気温に敏感な品種の
特性の数値化と栽培時期の調整の教材としても、有効だろうと考えています。
ですから、「桜の開花予想」ができないようでは、サブテーマの一つは実現できないことに
なってしまい、当ブログの存在価値も低下してしまいます。
 
 気合い入れてやっていこうと思います。

さて、目標は、 前回と同様に2月末日に東京の桜開花予想日に発表することです。
御期待ください。 

標準木


↑このページのトップヘ