豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (風の谷の生活)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

サリーナノテクノ社が開発した「ベンタブラック」は、光の99.96%を吸収するそうです。
赤外線カメラを含む光学機器に応用することが考えられています。

ところで、光を吸収するということは、光のエネルギーを吸収することになります。
吸収したエネルギーは、熱として蓄えられるはずです。
でも、赤外線カメラにも応用できるということは、赤外線もほとんど出さないはずです。
なので、熱を逃がさず蓄えることにならないでしょうか。
太陽熱温水器に、この物質を使用すれば、今までの物質より効率が向上するはずですよね。

※画像はありません。なぜなら、ほとんど見えませんから‼️

かなり前の話ですが、ある方の叔父が遺した日記の暗号の解読をTwitterで依頼したら、僅か4時間で解読に成功したそうです。
 
日記は、和文モールス信号のトンとツーを入れ替えて作っていたそうです。
このタイプの暗号は、常に同じ文字に変換される欠点があります。
例えば、「イムタカツミ」は必ず「タヘイケマシ」に変換されます。
「イ」は、必ず「タ」に変換されます。
「ム」は、必ず「へ」に変換されます。
また、文字は入れ替えになる点も、欠点でしょう。
「イ」は「タ」に、「タ」は「イ」に変換されます。

このような欠点があったので、4時間で解読成功に至ったのでしょう。
 
実は、私も、日記は暗号化しています。
自作の暗号化ソフトで暗号を解読し、過去の日記にその日の分を書き足した後、再び暗号化しています。
家族に解読法を知らせていないので、私が死んだら、苦労するのでしょうね。
私の暗号は、頻度が偏らないように工夫してあるので、解読は容易ではないはずです。
暗号例を示します

KDCTRAMQDLXUYSPILZLXPGWGWLICBZAHYMDCKQACQFBZUVYGHEZSIGEBCAQLDKVNVDMTYQIIDISBUZHO
LKKHNMMUAFZZZVNMAXRIDDRPROKBJZYYOUUEZCGKFMXJHULALXPCINNYKLBCBXZEAPUIXUEBPTEXUQHS
FNEIJRNDTWUQHJWSWJAUALFGWCVXGMCLBAUEAENYWICNYHMLFPCYZMEFCEHQUCXHCFELDOHAAOERXZAO
WAFFBSDWKSBNTMPDRRYWUIOFITIHPORIBNHCIMFPFTUERYSIJGNBYTFLPTXCIEHABLHGCFGKPEMFVDFM
DQJZLKWCACLPJVTHSIYJKMPQBNNFUROZECWYVOZACBQNSOFJULXEHENJQWUAWGPGBIEHIHUDJSUIGBAL
OHDNLSRWCIWKLMFTTEEILDTWTAMZCAZDAUZHDAUXRUJXPSSJLQFZUVBTZWIBRHRLKWZUJCBHUDWBPVSN
JVZRNGPEAGZMUWTWJFXVXBWMZZFOQVCIEGVSWWNLBZARMRFTKQKDNQGIXGXXKQNGZGREHQTNBCCPMWGN
CUCXDXAMMUOUFHHHVNYSBUGKVEHPBFZVIXFEVIVNWRVJOKEMIGMKLMTPJAYDHDRFJXRMRDKOUGXQVREY
HDGKVNFLGCCSBROXMAITPPYRRKRXLBJARJJMYFZQKEGYWDAISQARNFSIBFRAXSFYNGKLJJYSKXOQGJYW
WIUJFVPBAKGXONEHSCSUKNBGJSKKSAZFOLSOZRBEHJHFLHUONJPNISJICJEYSSPXGUEJWWORKSEQLCAS
SFMUOWVSPONRMETSDZFZSEBUYUQGWKBQUTSMVOPPPKYMEROWOUGYBOZNAKQFWONEIKOPJIXMSAPZJWLZ
GBDIVHQZXLNVLMXGPTDNCXMNBNXDRHAPAAXRJZIWGQCFVCXOOLYLYMGDSJGXXEUUPLAESRUYLCKAFMIF
FADGBBTWJUQZQFLOIRSSIWMLFWQOSUABSVQQUBLJAKFQIRQSVTHGXYZVJMETZGYTSCSRZCNUWUPLESER
COQAFTYKPVIFKOOLZTNQLGQZUCPSCYDKKRTUCGNKFZGWRRHUVQIITIJJSXVHSXWBIWYZIHYHGYSOOAGK
MLTQRZYUREBDMGIBTYOZYDWCBIONOVFPQADZQFUDBIBIRJOUPQANEZVDBZPDKDZUJWOMWMXMPVBANBXY
PZJMRRLQUJEKQVQFYMPKNFLZVYFJFFVQCEGIUDOKGKUNOSCHKDKFUBNWBJLHMHJELJGUDMZYIKTBLJDC
MTTLHEKHXPMRIFPXXWEUHTFNKZQGMUHMLRUGSJPCWRZZQARJNGBTSBEZAQWVWEIOWHTPEMKQJOPKJIUB
WLYCINMPMLOAETTOXZROBIIZWBCNSMFIVLDSVIEFZKEXFQLUKVKRAVXGGKNTSIMCPWSGJBJMZLSDUIMZ
AWBSECMHRHZGEYCGCNDSHRRFWHIDRSSXNRXRRBJCZDCPOXVNPSMBLNIGXMLVOQGEIZBRKYFQEVGVPJUY
BRSDGUMWPCXNOQNHYXREPJAYWCVHNWJKVLJAVNMOXIPDXSGOJWNTREQXHFEAVNEHWJZZIXTEJMUYIGLU
ZCCHQIBKDTPDCCTOTAKKKHAEVAIQHRVMVWXIPHUAOIFJCIVJWRXQCJXGLHEDEUTVUZMIWOHEDXWGESRR
OQBAVNFVSYBUDLWCYQFDMLFVZICNSBOYQPUUQBLDYSGLQRIRLUYOLYWPNSPKFXWESRJXWUCEXYFQDIGB
HPTFOKANOIVVTXRZCKVPOPEVIULLNILJDURSQMVKMBGHGZKGJRLOLEZYFADBXNMPPPAGGIYOQUUQBMLB
WMXQVIMNKVDFOLETEFQYMAETYMZVPELEWGKXVOPXZDIZHLRZKEYMYAYIBFWNKJZVNWKFBJNOKJGBPVSG
SSLCNULQBLOAMVBBEKJQAEVQDQDQFNXJYZGTZJNDROTDSANIWKGPRHFQHSIARGVMKLHKCBEGPVVBHFAZ
DTKBTWKHEKDIYMJAKZXPSUNBXYDIGSIUXEVNUQKXQBRZQSCODVPCZDJMKLFHYVCOTSUTWKXLNPVMDFXJ
RSSSEAZKMMZLZICVQVJYCYVGQTFXBHJBELYUMNPUPPYWJEJATHMCTPIBUCNHNHJQKUQWFQPNSGDETBQP
CDPGLZBQLHQJKSAFEGEJHEOIAWSZKHOICJEMUHKWKELMOAVENVYPILTQGBMZVEVRPVONUZUDUSDFFGXJ
SNJDPVQWFZAEKNNHVNRASSLMNAOBXKKDMWHNEKAEBVLZSZUWPOXTEUKXDHSUQDVHIAILRGVPZRXPABSR
MXBPPIZSINDGZSFBNUZFLUHRHQDWIQPAWVTZXBVYPOFGDMXDPNJQTBUEAFDJWJHBOHJAOMVZIWWSMAJN
FVBNWLAIQWZCFVITSCYLFRTRQGIXVEJQMODYYKVQJLLNDXCMEBRQGKMILLRCZWFAMQISJMLKQNZOACVP
AIBCFLLLCJOKQDAWZFWDSUOBVAVVUORSWWFXPXPLFXTJKAVDZHHLOKQMGOSBXOVWXCKSDCOGKJDEMYMO
ZLLUUVIUOYQXSSCTOXFXHACYACSTRYHIWQXXYMIWEOMUOAVSSJRPOTYVEHVKSHSAZSSOFSXOTFTDBDXD
EYXTDWUWCXZWDVHKOQMWZNJEOYTTRHWAQDWDJRVSRASUUVTLKYMQZLLFDLYVCIJUIGWDFWHAHENDXZSW
OOZTNDOUNIYWZVIPZQNZECBREMHKUJGOTMPCMOMYUWKWANNBXJIWNYFPVECNKROGMBJGKBUMGCCRGYLW
VHWGCIYMMQWVVUSULIREIRGKCRTGZKOQMUKDTBMHRLFUFIZTJCJJTOWRMDMEKLWKWSXTWSFPFMWCIBEO
WFFFOCUFJYKZIBLOYZZBVCGZMAJLWXXSWBCGMHRCFGAYCJMCBBWBJOPONDTKTRKXUYZLFDRYRNUWPQUK
TMUVMNVFXSICEQCNZBIWDHLAZDUPDVKSXZLKHENKOVMWJQYZDYFYHAYGHUAPOALECEMLSAUZOIMQGCGK
LAOKUULYUTFGXCNMXOZJIGGWFVYLHBWFYVJETFVAFJOVVRLHVQLZSLRNKLCSMSRQAOVXUHYMBNCWZHTP
OJWWWMHNGTUOZKDRXQEUYWTPNYLMUBTYTEAWGGCALFTEBJOQKEAPIYGAZQHRBBBYCMMTLOJJUSZNLGTC
MJZONYRUAHANILESBJEKWHBEZKVVZHLTMRKGVBRTNTIDMWZSWIKNKEYDZRUBLGOQAFXXJOEZKTGJDNZK
LDHJDJQTTVYSYYRTTEATSUDURDPRCVJAMQWMKNDRTSHBXXBOMWBKUAOITDIBKRCZJFKGNREWUPRTPTTS
NLHHYMVEYLSQHZTCSIQEEERGUQJAFKIEMIFYYYJAPSXQPLVQRVPKRJSGCITKBGDAUYCLTXYOFHTCEXKT
UKULSCJYTZPKOOIDZVSOUEHVSMSKYTMUWYFRRFWMWUKTIAIUNOTFRHVIWRYOBCVLBQFOZHJNIVZIGRQH
LSSFMSVFILCTGSRAJJKPCDNKYPXRENFMQVHVZVRQJBBBNDICKFGPQJLZEGGGIKJTPZKMMLPAFMEALIQD
XGKJUTURTWXNMKDTFJMHPMAPTUQTHTNQKDZDIZESOQANXQFVYSOUQQLVARZLZLSNXBIRQFBLRFTQFEDX
JYXVGVVCUCQSDZOTVHXMWHJPICGMEIMQBGWKEPGKUAGFZMDAZGTQZMIEODJNHMUJXUJRZBNJCQJAWOEV
WEMPJBJGWBEROPAMEAKJMAOESUZDQQKNDFULMHWXDYBSAJOSXEXJAXXQNOOXLEXXYDKWFNYGLFSSJQJG
XHMOIEXOMSKFVYZQMRGPTXHGYYKUTRRFYJEPIGWRRACROALNXEGPCYGDHDSOZYNHEXNNEWHBVUFFFJWK
JIBHOUQWMLGIQHKUWQYPPJXDFQNQBNQCLUXVRGQJDMSDPCKCSTJEEODSXPKKTJHJXTBBVDJSQMBGHXCU
KVCPJDFMOHZFYNGKAKCKPUAWQDAAILLJELPGMOCOCYMHQERZLDKRQVMNOPIHIRMSFCOKEVABCGIIKEFD
OFEBQMSUZPJTOSILQTOWFRITPKAPIUVSFEFJLMPAKHAAAMBMGBZNOCKWPJPHUSBAMMTVVCGDFGHRJDMC
OPLEVYKKTBIZUUZTVUWANKQTEXQEBFXOOVCWEEDDURPNVVJXMCYNXVJYPDVOPKZHAFLRDTUSMBDUMPNU
FSPKDGLJCDCTLEVFNUQGQOCABDDIWIGKNFXJSPAISKSSPQBQPEGDYVPUHLVFPVEZZQROQATEQPUATWOE
RPFMJJBYSRDOXREKTWEFZBEYCWQSOAMYWQPHBUAHCNUYSCHGYPULXHOAWKEBTTHURWPYFBCBESFEICAI
BEERBATAHZIEIPSYGWAFQIUQGYIQRPVBFTANBOMRKUMCMSKJYSPZFLZZXRXCPILCHQBAAPGTRTMTVLCH
QUQESSOJMNTINXWKQSESCFDICEHVZDEGFNKIIBISYRMBDLIWGTXAUTEMHBCPYNIWIDUGXQWGULJSGWAE
HLEOQEHVXNZZHCEKFRCOIXMGKXOZHQGGXREQIHLWJDLWVEAAKWNVREWZDIFDSSOEBHUNTVCVJGYYZTPC
WHYTCIRPVWERDMACPQEIFLDISFFEGZMLMOQWJFKIWTPRYWJPMCDDCKYCDIUZUQSFWENLDJPRDOPILNPY
KGCDLTVHLVEPOHCWARZLBZKBQXHKCIAFWHZCIGMFQBLLFWUJARUTUWVJDNGDCPLHTRVWYCNMPVZUDVQY
TYMFGHHREOFAQPFKULOZBTJWXRPGUAVRNKGVWXHWNTUMHSQLPITNHFFKUIFYETWOUGAPVNIZHNFDCIRS
XFVZSFGVLYQUSLLKDGDYUDOLGEPSREHQWFLYTYERIIOXFRWYIXHKMJCCGLEPPLZXUVRGFAVUJQJHXHGA
PNBBEPPMXYCLBNHVIRDJSXPSFXBOFMTPLXWDITULHWKJLHGKVSZROYIOFRVZWWLJKGVLTZPAOPMCNRZF
NELEKZQLLOHEYHGVDQQLQRUIRPXWMBUBKIYINKVESISRQITHSXOLHIDQUHMRPTHPJOLKOTPUVNRPLBPG
FVGBXTLLBVHBLHLGHCQZYVXZKHEVQIPNYJEZDBDIYTTQTBUPVRJHZUJFUMMKNJSZZULNCCKZGYGEEMLZ
JBAJIDYRWMPTDUXNEQAOACAPFCXUVXGFBRHEWRFDNDPLECZLDZONVQINDWLRIFIBUYVGLDZENQYBHPXC
OXACEHBTWBSMRVMBEDGCUBEVMJWHRQCKXHROWFGVKONNDNDSVVOTNDOCKACBPNUPYROXJWWQZJCGZMID
VWCSHIXFJKFBQIVVLEMFQZQHDVLMWEPFAYZMAEFXVDEZRBYEDBCJKZBBLFFAEQWCOHXFSIADWMDGQXZP
CKCCEJFMVGIOHHAAPRVYALFDVUOMPUXBHUEAVVYFMFSXLUWOHXZTZBLQBYPKRQAAZJJJFOXXUCOQGMVX
PBHZFVQLNQQRSDBKMIJCBJZGTDBSYAWEBLKYICMMUVVOMMPEEXUJERFZLHHGNCMFWTFHONCPYKBXPFGJ
LRKFMRNPRPFTARDVQWUISRJXUABASHABIZZOFKSQRQGDFWXBVUHURRCCBFUVBQOTDUVNZGAGRJSJMSGQ
URCVEBIOASQUKHJGOTRPXCALUYEFDIENWJFOXFJMHOIDHCWDNIHACIUZBLDJLVQYTHKTMPLSLNBGIHBJ
GPVDWWAAHMGUSNMGWDSRDQZPKYWPNCSHBBEYBIAWWXBNXMAUOBAHYCWAJNTFCHALYWKMOPJPWSSEIBTW
ACAAYVEJKRWXQXQGGAHYJLAGCBCXNWJIPJSWYVSFESQKBVEXGBCALYQOABQTPMKBLUPJSZUNFVMBLCJJ
QFQMFTNQWCXIJYWURIDEBGJUDKVOLVJYLFZDSLZZBFCZZYTLJXGHGCBRRKNMLARQUTHPYMCYBBILZLMG
MFGFYQIBKOVXXDJJWPKQTUTUSWHPKRKEUJHMKCEEEOGZNEZXVAABVWMGTZFUIIDVDCSWBRALZOJHMDEJ
TVFDIGYQPXQNFXQOCQJGTIDLMWFZIJBVLTFBNYGAYOSXWANYRUGRARWPJMNRFBGRJKNTHQQLXZRKGRHJ
EMNJPNXDOPMBGZMMKEMMIYSSSQVBMQCTNOEXUJNJFFRSFLDQXYPGUTYQJROMCARBPNZRNNPDVQHLBZTZ
TQRHKRVSDKDJZXKGTGOAGPKNIZLRCKUWQDIXTOPUDUJQPGDEPFOIWJZGTMCMPVVITAYYVMDZTRJHIGXC
DZLUJDXYZDCEHPBDFBFWXQCFXGFFBUOJBESFUTJUDPDRGCHGHLBANFDFYONHJZTDYROPUPDSJQMHTSSC
BMEDZFFEXBZPXWWXRXSZQHHVGVAHSUFXFAJFLLZWXZERJGSJWDXCPTSUGFOMCHWTHODIJZTWQNSABRQL
WROLYZYVGGVOUUHFPNJKYLMMIWJXCULFXDBEQEIETPMJVPJFNXETKGMRIVBPTZPFJXSQJJANIYCHMHWT

下は、上記の文章を暗号化した際の各文字の出現頻度です。

 A: 95.5%  B:104.2%  C: 97.1%  D: 99.9%
 E:105.4%  F:108.2%  G: 98.3%  H: 97.9%
 I:101.1%  J:107.0%  K: 99.5%  L:104.2%
 M:107.4%  N: 91.2%  O: 95.1%  P: 99.9%
 Q:103.4%  R: 99.5%  S: 96.7%  T: 89.2%
 U:105.0%  V:104.6%  W:101.9%  X: 95.5%
 Y: 89.2%  Z:103.0%   <標準偏差:5.3%>

と言っても、解読は不可能ではないと思います。
プロの手にかかれば、あっさり解読されてしまうのでしょうね。

理系人は、事柄を理解する時には、理屈から入ります。
文系人は、理科系の事柄であっても、言葉から入ります。
つまり、理系人は事柄を理解し、文系人は事柄を記憶するのです。
 
優れた文系人は、記憶を整理し、まるで辞書のように活用します。
優れた理系人は、物事の本質を直感的に見抜きます。
 
どうやら、文系人には、この直観的な部分が理系人のセンスと認識し難いようです。
文系人の理解では、「理系人は論理的な思考をする」はずなので、
直観力とは相容れないのです。
でも、直観的と言っても、理系人の頭の中では方程式を解く如く論理的なのです。
ただ、論理より先に瞬間的に答が出てしまうので、直観的に見えるのです。
 
私が周りを見渡したところ、このセンスを持っているのは1割も居ないようです。
理系のセンスは、才能と呼んでも差し支えない価値があるはずです。
 
 
私は、ゴリゴリの理系人です。
優秀ではなくとも、理系センスはあると思います。
でも、悔しいことに、文系人と討論すると、大概は言い負かされてしまいます。
 
話題が理系の話題であっても、
頭の良い文系人は、主題に関係しそうな副題を次々と繰り出してきます。
副題を主題と繋げて理解しようとしている間に、次の副題を突き付けられます。
 
言葉で記憶し整理された辞書から連射されると、一つ一つを理解しようとする
理系人は追い付けなくなるのです。
副題の理解が追い付かない内に次の副題が出され、もうお手上げです。
知らない言葉を連射された理系人(私)は、敢え無く敗退してしまうのです。
 
後で副題の理解が追い付くと、副題のほとんどは主題と関係ないことがわかり、
悔しさが倍増するのです。
 
 
まあ、心の中は、こんな感じになっているわけで・・・   ハイ!
 

エコストーブという名前を聞いたことがある人も少なくないと思います。
私は、「里山資本主義」の中で知りました。
 
エコストーブは日本国内での呼び名で、本来はロケットストーブと呼ばれていました。
構造が簡単、燃料を選ばない、熱効率が良い(※)等の優れた点があるそうです。
エコストーブは、煙突部分を断熱するので、煙突内の上昇気流が強くなります。
この力を使って空気を強く吸い込み、燃料の燃焼を助けます。
 
イメージ 1
 
上の絵は、暖房用に排気を横引きしていますが、一般にはコンロとして使用することが多いようです。
ちょうど、こんな感じです。
 
イメージ 2
 
エコストーブは、作り方が簡単なので、ネット上に数多く作り方が載っています。
ただ、「豊芦原中津谷」での使い方が、私には思い浮かびません。
上手い使い方を思い付いたら、作ってみようかと思っています。
 
 
※「熱効率が良い」は、割り引いて考えた方が良いと思います。。
 熱効率は、入力した熱量に対する出力の比率です。
 エコストーブの出力は何かが利用形態で大きく異なるので、一概には言えません。
 

東京医科大学入試において、女子受験生の得点を一律に減点していたと、報道されています。これが事実であれば、許されない行為です。


私は、男女に能力の差があるとの認識を持っています。
半年前には、「理系分野における性差」と題した記事も書いています。
・リンク⇒http://imutakatumi.officialblog.jp/archives/23662793.html

また、「リケジョ」や「ノーベル賞を日本人女性はなぜ受賞できないのか」と題した記事も書いてきました。
・リンク⇒http://imutakatumi.officialblog.jp/archives/21135107.html

    ⇒http://imutakatumi.officialblog.jp/archives/23685735.html


医学は、男性が得意とする分野で、反対に女性は不得手な世界です。
ですが、臨床検査医や小児科医のように、元々女性が持っている能力が活かされる医療分野もあります。ある意味、女医は貴重な存在なのです。

東京医科大学は、結婚・出産等で職場を離れる可能性が高い女医の比率を下げ、系列病院の医師の確保を目的としていたと、報道されています。
「必要悪」とする意見もありますが、完全に間違っています。
系列病院の医師の確保が問題なら、それは系列病院自体で考えるべきです。せっかく、医師になりたい意思と能力を備えているのに、大学側の謂わば個人的な都合のために、性別で選別するのは論外です。



現場では「女医3人で1人分」と言われているとか。
出産・育児・子供の病気等々、女性ゆえの課題が多いためなのでしょう。
男性が女性に代わって出産する、授乳するといったことは不可能であり、女性を支えるためにできるのは、仕事を代替することが主となるはずです。育児においても、母親でなければならないことは少なくなく、父親でなければならないことはほぼ存在しません。
それゆえ、女性の負担が増えてしまうのです。
女医が働きやすい職場に改善するのと共に、男女の収入格差は容認すべきだと思います。
男性医師の立場から見るなら、女医より多くの仕事をこなしても収入が同じならば、納得できないでしょう。男性医師も、妻子を抱えているなら、少しでも多くの収入を得たいはずですし、それが医師の奥様にとって、育児や仕事に出るための保育費に充てられるので、女性としての利益に繋がります。仕事量と収入の関係が一致しないなら、それはそれで大きな問題です。
また、医師であれば、患者からの視点から考えることも必要です。



東京医科大学のような事例があると、その反動から、行き過ぎた女性保護の傾向となりがちです。メディアは、攻撃的な報道をするあまり、一方的な主張することが往々にして見られるので、気になっています。

本当に大切なのは、
生涯を通した幸福度に性差があってはならない 
のだと、理解しなければなりません。

↑このページのトップヘ