豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (風の谷の生活)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

じゃがいもは、日本で最も多く消費されるイモ類でしょう。
生産は、圧倒的に北海道が多く、しかも単位収量も北海道が高いようです。
 
じゃがいもの消費量は、350~400万tと言われています。
じゃがいもは、用途が広く、青果、加工、でんぷん原料、飼料、種子などに使用されます。
食用は、全体の半分ですが、青果用は4分の1とも言われているようです。
 
「風の谷」では、青果以外に加工用や翌年以降の種子を考える必要があります。
そこで、15kg/年・人を想定しています。
 
じゃがいもは、春撒き種なら300kg/aと非常に収量が多い作物です。
秋撒き種は150kg/aと春撒きの半分です。
収量が多いので、作付面積は2坪もあれば足りるようです。 
 
イメージ 2
 
米と比較すると、単位面積当たりの収量は約6倍もあります。
栽培期間も、米よりも2割程度短くて済みます。
ただ、単位グラム当たりのカロリーは米が5倍近くあります。
単位面積×単位期間のトータルでみると、ジャガイモは米の1.5倍程度の収穫が得られます。
 
食糧難に陥った時、ジャガイモを増産すればよいように思えますよね。
ただ、「地球温暖化は早晩生や光周性の問題を顕在化してしまいます」に書いたように、そうは簡単にはいかないのですが・・・

イメージ 1
 

大豆は、貴重なタンパク源です。
私の御先祖様は、タンパク源の多くを大豆から得ていたようです。
 
大豆の一人当たり年間消費量は、6~8kgです。
単位収穫量は、16~18kg/aです。
0.3~0.5aに作付ければ、一人分の収穫を得られる計算です。
 
イメージ 2
 
さて、タンパク源と言えば、魚介類や畜産物があります。
風の谷では、これらの自給は考えていません。
その理由は、個人レベルでは継続的に自給することが難しいからです。
 
魚介類は、漁業権や漁具・燃料の問題があります。
畜産物は、繁殖や精肉の問題があります。
 
農産品でも、精米や製粉等の問題があります。
でも、畜産物より簡単です。
だから、豆腐作りにはチャレンジしてみたいとは思っています。
 
まあ、いつになるか、わかりませんが・・・

日本人の主食は、です。
でも、小麦の消費も増えています。
 
では、実際にはどうでしょうか。
 
イメージ 2
の消費量は、約60kg/年・人です。
小麦は、約32kg/年・人です。
ついでに言うと、蕎麦は、約8kg/年・人です。
 
さて、それぞれの単位面積当たりの収穫量ですが、
は、40~60kg/aです。
小麦は、30~40kg/aです。
蕎麦は、6~7kg/aです。
 
面白いことに、米も小麦も蕎麦も、一人分の消費量を生産するには、約1aの作付面積になります。
実際には4~6か月の栽培期間ですから、理論上は、1aで米と小麦と蕎麦を一人分生産できる計算です。
 
「そう上手くいくのかな?」とは思いますが・・・

風の谷で自給自足するために、作付計画を策定します。
まずは、主な作物の単位面積当たりの収穫量と、日本での一人当たりの消費量、栽培期間をまとめたいと考えています。
これを基に、作付面積を検討します。
続いて、連作障害の有無と、栽培期間から、全体の作付計画を検討します。
 
耕作放棄地を含めても耕作地が20aしかない風の谷で自給自足するには、効率よく栽培しなければなりません。
この章は、そのための基礎データとなるはずです。

↑このページのトップヘ