豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (風の谷の生活)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

2017年の東京のサクラ開花予想日は、
3月19日

開花予想に用いた法則は、下記の4種類です。

 157℃の法則(改):起点温度=日平均気温 9.94℃ 積算温度= 168℃
4730Kの法則(改):起点温度=日平均気温 8.13℃ 積算温度=5039K
 300℃の法則(改):起点温度=日最高気温13.25℃ 積算温度= 313℃
5045Kの法則   :起点温度=日最高気温12.39℃ 積算温度=5045K

これらについて、
2月23日までの気温実測値から算出した開花予想日は、以下のようになりました。

 157℃の法則(改):3月20日
4730Kの法則(改):3月19日
 300℃の法則(改):3月 9日
5045Kの法則   :3月11日


これまでの経験から、最高記録を用いる法則は気温変化に敏感である事が分かっています。
157℃の法則(改)は、起点日から開花日まで短いため、誤差が出やすいと思われます。

以上から、4730Kの法則を採用する事にしました。




さて、3月19日ですが、正直なところ、こんな早いはずはないと思っています。
ですが、計算結果は計算結果として、正直に発表すべきです。

サクラが開花した際には、しっかり反省会をしようと考えています。

予定外ですが、
来週のサクラ開花予想の確定報を出すにあたり、予測方法の説明が曖昧になっていしまっていたので、第28弾を追加することにしました。


さて、予測方法の基本となる基準は、以下の通りです。

 157℃の法則(改):起点温度=日平均気温 9.94℃ 積算温度= 168℃
4730Kの法則(改):起点温度=日平均気温 8.13℃ 積算温度=5039K
 300℃の法則(改):起点温度=日最高気温13.25℃ 積算温度= 313℃
5045Kの法則   :起点温度=日最高気温12.39℃ 積算温度=5045K

※起点温度:この気温を超える日を起点として、積算温度を計算します。
※積算温度:起点温度を超えた日からの気温の積算値です。
      ただし、セ氏気温は-10℃を0℃として積算します。


サクラ開花予想では、将来の気温を予測して起点温度と積算温度を計算する事になります。

今年のサクラ開花予想では、起点温度の予測には、3次式の最小二乗法を用います。
基にするデータは、2016年7月1日から2017年2月23日の気温データです。



上のグラフのように、三次式を算出し、起点気温に達する日付を算出します。

続いて、積算温度の計算ですが、補正を加えた気温で行います。
補正は、2016年11月1日から2017年2月23日までの気温データを用います。
前述の三次式と実際の気温との差分について、周期性と振幅を抽出して気温を補正します。




補正後の気温を積算して、サクラの開花日を予想します。


このような方法でサクラ開花予想を行い、2月25日に発表する予定です。
御期待ください。

伸ばし伸ばしで気温の補正を実行していませんでしたが、やっと試すところまできました。
まずは、推定値との差分についての補正を試みてみました。
対象は、1977年と2002年です。

1977年2月補正
2002年2月補正

面白いことに、同じ傾向を示しました。
ですが、実測値との差分は、1977年は+0.578℃、2002年は-0.276℃。
まだ、細かな解析はできていません。
その代わり、来年を予定していた解析ツールがほぼ完成し、1977年分の気温の推定値も
出せるところまで来ました。
参考までに、お見せします。

1977年気温補正

まだまだ問題は山積みですが、今年はこのレベルでサクラの開花予想にチャレンジします。
来週はお休みにして、2月25日に2017年の確定報を出します。
確定報を持って、「サクラ開花予想2017」を終了する予定です。

なお、東京で桜が開花しましたら結果の検証を行いますので、そこまでお付き合い頂けますようお願い致します。

「サクラ開花予想2017 第24弾」で、開花の40~60日前の気温の予測精度が
重要だと分かっていたので、今回は、予測精度の向上策を紹介するつもりでした。
ですが、私には難しい課題なので、残念ながら今回は間に合いませんでした。

そこで、速報値の見直しで誤魔化すことにしました。

まずは復習です。
4種類の法則の修正後の起点温度と積算温度、概算日数は、以下の通りです。

              起点温度    積算気温    概算日数
 ・157℃の法則  :  9.94℃   168℃(※)    8日 (日平均気温)
 ・4730Kの法則 :  8.13℃  5039K    17日 (日平均気温)
 ・300℃の法則  : 13.25℃   313℃(※)   13日 (最高気温)
 ・5045Kの法則 : 12.39℃  5045K    18日 (最高気温)
                   (※セ氏気温に10℃を加えた温度を積算する)

これを基に、2月3日までの実測気温を基に再計算してみました。

修正版:  157 ⇒  168℃ の法則」   開花日=2017年3月24日 (-5日)
修正版:4730⇒5039Kの法則」  開花日=2017年3月25日 (-5日)
修正版:  300 ⇒  313℃ の法則」   開花日=2017年3月14日 (-3日)
(新):5045Kの法則」       開花日=2017年3月13日(-13日)


ちょっとドキリとする結果です。
特に、「5045Kの法則」の精度は高いと思っていましたが、最高気温は予測精度が低い
らしく、ブレが大きいようです。



さて、おまけの鹿児島の開花日です。

鹿児島の開花日は、最低気温が最も下がった日との関係性が強いことが分かっています。
計算は、正月を起点にした日数を用いて行います。

 [開花日] = [最も気温が下がった日] × 1.1118 + 51.08

この式を利用した鹿児島の開花日は、1日早まって、4月2日です。
(日平均気温では3月30日、最高気温では3月26日)



こんな事をしていると、今月25日に予定している確定報の興味も薄れてしまいそうです。
何としても、気温の補正精度を向上して、確定報の信頼性を向上させたいと思います。

昨日、3年目の術後検診の後半戦に行ってきました。

どうしたことか、乗り継ぎが上手くいって、今までにない速さで病院に着きました。
血液検査、CT撮影は、予定より15分くらい早く終了!
先週の月曜日、大腸カメラと胸部CTを受けたのですが、
病院に向かう途中で電車が遅れた上、マルコロールを飲んで準備完了になった後も
1時間以上も順番待ちでした。
それが、昨日は順調でした・・・ここまでは・・・

実は、主治医の診察は、予定より遅くなりました。
でも、主治医の診察の結果は、全く問題ないとのこと!
これで、3年目も無事に通過しました 

↑このページのトップヘ