豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (風の谷の生活)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

2017年の東京の開花予想日の更新します。

サクラの予想開花日(東京)
2017年3月29日 または 3月30日

「5045Kの法則」を加えた4種類の法則を用いて、東京の開花予想日を計算しました。
2016年7月1日から1月26日の日平均気温と日最高気温を用いて計算しています。

修正版:  157 ⇒  168℃ の法則」   開花日=2017年3月29日
修正版:4730⇒5039Kの法則」  開花日=2017年3月30日
修正版:  300 ⇒  313℃ の法則」   開花日=2017年3月17日
(新):5045Kの法則」       開花日=2017年3月26日

こうやってみると、
-10℃を基準に最高気温で計算する「300℃の法則」は、誤差が大きいようです。


ところで、予定外ですが、鹿児島の今年の開花予想もします。

近年、鹿児島のサクラの開花は、かなり乱れています。
地球温暖化の影響からか、休眠打破が上手く機能しなくなり始めているようです。
このような状況にあるためか、
鹿児島の開花日は、最も最低気温が下がる時期からの日数に影響されるようです。
2011~2016年の開花実績では、相関係数が0.9を超えるほどです。
この法則を基にすると、今年の鹿児島の開花日は、4月3日になりそうです。
(日平均気温では3月31日、最高気温では3月27日となっています)
まだまだ、予測気温の誤差が大きいので、何とも言えないところですが・・・
最低気温と開花日の関係


実は、1月24日に今年のサクラ開花予想がウェザーマップから発表されています。
それによると、今年の東京の開花予想日は、3月26日なのだそうです。
これは、最高気温を基にした「5045Kの法則」による予想日と一致します。
もしかすると、「5045Kの法則」は上手い方法なのかもしれません。
ついでに言うと、鹿児島の開花予想は3月30日だそうです。


残るは、確定報を2月25日に発表するだけとなりました。
今年に予定していた開発項目も、気温の補正方法のみとなりました。
予定日までには完成させ、今年のサクラ開花予想を締め括れるように頑張っていきます。

朝から大変でした。
出勤ラッシュの真っさなか、乗る予定の路線が人身事故で不通になり、振り替える路線も大混雑になってしまったのです。
しかも、途中駅でお腹の調子が悪くなり、トイレに駆け込む羽目に!
そのせいで、予約の時間より二十分以上も遅れてしまいました。

私が通う病院では、大腸カメラの準備(下剤を飲んでいる最中)に胸部CTを撮影します。
CTの撮影は十分遅れになったのですが、直ぐに順番が回ってきて、大腸カメラの予定時刻には十分の余裕で回ることができました。
ところが、ここからが時間が掛かったのです。
9時半からマルコロールを飲み始め、12時過ぎに9回で飲み終えました。
飲み終わることはできたのですが、便の状態は、それほど綺麗にならず、7回目にはOKかと思い見てもらったのですが、OKは頂けませんでした。
結局、10回目にようやく仮OKとなり、更に2回出て、完全にきれいになりました。
ただ、7回目頃からお尻が痛くなり、最後には勘弁してほしいと思うくらいに辛かったです。

さて、肝心の大腸カメラですが、OKが出てから1時間以上も待たされた後、検査が始まりました。
今回は、4mlの鎮静剤を打ったので、記憶は全くありません。
時間を聞くと、十五分くらいで終わったそうです。


まあ、何とか無事にお腹の中を見てもらうことができました。

最高気温を基にしたサクラの開花予想法として、300℃の法則があります。
誤差の起き方から見て、この300℃の法則は気温予測精度の向上が必要であることが、
前回の検証で分かってきています。
ですが、予測精度の向上が求められる時期は、開花の40~60日前頃です。
しかし、300℃の法則では、起点温度から開花日までが10日ほどしかありません。
そこで、絶対温度を用いた場合の法則を調べてみることにしました。
その結果が、「5045Kの法則」です。
これは、13.5℃を超えた日を起点に、絶対温度で累積温度が5045Kに達した日に
桜が開花するというものです。
「300℃の法則」より1週間くらい長く、起点温度から開花日までは18日程度です。

累積気温(最高気温+絶対温度)

整理してみましょう。

日平均気温を用いた「157℃の法則」と「4730Kの法則」があります。
最高気温を用いた「300℃の法則」と「5045Kの法則」もあります。
それぞれの法則の起点温度、開花までの積算気温、起点温度から開花までの概算日数を
まとめてみましょう。

              起点温度    積算気温     概算日数
 ・157℃の法則  :  9.8℃    157℃(※)     8日
 ・4730Kの法則 :  7.8℃   4730K     16日
 ・300℃の法則  : 13.2℃    300℃(※)    13日
 ・5045Kの法則 : 12.0℃   5045K     18日
                   (※セ氏気温に10℃を加えた温度を積算する)


前回の検証で、開花の40~60日前の気温予測の精度が必要だと分かっていますが、
5045Kの法則でも、開花の前の18日間しか気温が関係しません。
もしかすると、これらの法則の導き方自体が間違っているのかもしれません。
来年のサクラ開花予想では、気温の予測方法も更新することを考えています。
これに合わせて、サクラの開花法則の再探査をした方が良さそうです。

ただ、今年も開花時期が迫っているので、これらの法則で突き進むつもりです。

サクラ開花予想も、佳境に入ってきました。

私なりの予測方法について検証を行ってきましたが、現時点での精度は良くありません。
この原因が、気温の予測精度にあると考え、サクラ開花日の予測精度が高かった年と、
予測精度が低かった年との比較を行ってみました。

開花日の予測精度が高かったのは、1971年と2011年でした。
この2年は、ほぼ完璧に予測できています。
逆に、予測精度が低かったのが、1977年と2002年でした。
1977年は、実際の開花日より7日遅い予測となりました。
逆に、2002年は、実際の開花日より10日早く開花するとの予測になっていました。

そこで、この4年のデータを検証してみる事にしました。
検証では、開花日を起点に、実際の気温と予測気温との差分の積算を見る事にしました。
下のグラフが、日平均気温について、グラフ化したものです。

開花日からの積算平均気温(1971 1977 2002 2011)

グラフの右端が開花日です。
グラフの縦軸は、開花日までの実際の気温と予測値との差分を積算した値です。
このグラフから見ると、開花予想日の誤差が大きかった1977年と2002年において、
両年とも予測値との差が大きい時期は見当たりません。
どうやら、平均気温の予測精度の誤差は、サクラの開花予想に響いていないようです。

開花日からの積算最高気温(1971 1977 2002 2011)

こちらのグラフは、最高気温について調べたものです。
このグラフを見ると、開花日の40~60日前頃に、予測誤差が大きい年に共通の傾向が
見られます。
これだけでは不十分ですが、開花日の40~60日前頃からの予測気温の精度が重要である
可能性が考えられます。
この時期は、2月上旬頃に当たるので、それ以降の気温予測が重要であることになります。

そこで、次回は、2月上旬以降の気温予測の補正を検討したいと思います。

サクラの開花予想も、いよいよ正念場に入ってきました。
そこで、今後の予定を宣言しておく事にします。

まず、1月29日(日曜日)に速報を発表しようと考えています。
また、意外な予想も、併せて発表しようと思っています。(これはどうなるか不明)

2月25日(土曜日)に確定報を発表しようと考えています。

ただ、どちらもどうなるか、私にも分かりません。
まだまだ、やるべきことが残っており、それをクリアできない可能性もあります。
鋭意、頑張っていくつもりです。


さて、超々速報超速報では、「157℃の法則」等の補正値による開花予想を
発表していましたが、それぞれ起点気温の見直しと積算気温の見直しを、個別に
行っただけの開花予想でした。
今回、起点気温と積算気温の両方を補正した計算方法による開花予想を発表して
おくことにします。

157℃の法則(補正版) ・・・開花予想日 2017年3月30日

4730Kの法則(補正版)・・・開花予想日 2017年4月 1日

300℃の法則(補正版) ・・・開花予想日 2017年3月18日


似たような予想日になりました。
やはり、300℃の法則は、ブレが大きいようです。


↑このページのトップヘ