新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

桜の開花は、気温の影響が大きいことが知られています。
だから、400℃の法則が発案されたわけです。
ですが、400℃の法則からは科学的な臭いがしてきません。
その一つが、累積気温の起点2月1日になっていることです。
地域によって、2月1日の気象はまるで違うのですから、
安易に累積気温の起点を2月1日にするのは、いかがなものでしょうか。
 
桜の花芽は、葉が落ちた頃から育ち始めるのだそうです。
葉が落ちるのは、寒さを感じた木が葉への水分の供給を絶つことで起こります。
つまり、落葉を決める因子は、その時点の気温そのものだと言うことです。
同じように、花芽が育ち始めるのも、その時点の気温が決めるはずです。
累積気温の起点は、その時点の気温で決めるべきだと思います。
 
花芽の成長速度ですが、当然、気温が高いほど早いはずです。
ならば、起点からの累積気温を調べるべきです。
 
 
さて、公開しておきながら長く秘密にしてきたグラフですが、
前述の二つを考えれば、簡単に分かります。
グラフの縦軸は、各日付の平均気温、
グラフの横軸には、開花日から過去の各日付までの累積気温を取りました。
両者の交わる点をプロットし、前年の7月1日まで遡ってみました。
(※気温は10日間の移動平均を使用しています) 

桜開花予測解析1953グラフ2


でも、これでは氷点下の期間がグラフを壊してしまいます。
そこで、累積気温は絶対温度に書き直しました。 


桜開花予測解析1953グラフ3


このグラフを見た時、正直なところ意外でした。
私がこのグラフを作った目論見は、
落葉からの累積気温に、東京と札幌で関連があるだろうと考えていたからです。
グラフを見ると、累積気温が10000K付近と76000K付近の二か所です。
10000Kは、東京では2月20日頃、76000Kは7月5日頃です。
どちらも落葉の時期とはかけ離れています。
因みに、東京の桜の落葉は、今頃(11月上旬)です。
 
そこで、他の年でも調べてみることにしました。


桜開花予測解析1963グラフ4
桜開花予測解析1973グラフ4
桜開花予測解析1983グラフ4
桜開花予測解析1993グラフ4
桜開花予測解析2003グラフ4
桜開花予測解析2013グラフ4


1963年、1973年、1983年、1993年、2003年、2013年
全てで1953年と類似の傾向が見られます。
となると、
桜の開花を決めるキーは、累積気温が10000K付近にありそうだと分かります。
ただ、年毎に、4000Kから10000Kくらいで年毎の差があります。
累積気温の起点を決定するには、もう少し詰めていく必要がありそうです。

岐阜新聞社によると、岐阜大工学部の纐纈守教授の研究グループが、5~7月に咲くオオキンケイギクの花に抗がん作用のあるフラボノイド系の化合物6種類が含まれていることを突き止めたそうです。
 
オオキンケイギクの花は、フラボノイドの含有量が多く、食用のキクの約5~6倍、観賞用キクの2倍以上も含まれていることが分かりました。
培養したヒトの白血病細胞に投与する実験では、「4―メトキシランセオレチン」を与えた細胞は2日後には約20%に減りました。これは、市販抗がん薬と同等の効果だそうです。

オオキンケイギクは、北米原産のキク科の多年草で、特定外来生物に指定されています。また、影響が特に大きい生物100種を指定した「日本の侵略的外来種ワースト100」にも選ばれています。

前回、400℃の法則も、600℃の法則も、
桜の開花を決定する因子ではないことを、1953年の札幌の開花時期で示しました。
 
 
開花予想の対象としている桜は、ソメイヨシノです。
ソメイヨシノは、種を作ることができません。
そのため、ソメイヨシノは人工的に接木や挿木などで増やします。
このような増やし方なので、ソメイヨシノは全国すべて同じ遺伝子を持っています。
ですので、札幌の桜も、東京の桜も、基本的に個体差はありません。
札幌で適用できない法則は、日本のどこでも適用することはできないのです。
 
でも、考え方を変えると、
気温の影響差は、同じ木で行う必要がないことを示しているのです。
気温差が大きな場所の桜を比較すれば、桜の気温の感受性を解明しやすいのです。
 
今、東京にある桜を札幌に移植したなら、
その桜は、元々札幌にあった桜と同じ日に花をつけるはずなのです。 
だから、東京と札幌の比較にこだわっているのです。
 
さて、今回も、グラフをお見せして終わることにします。
(例によって、今回も解説は致しません)

桜開花予測解析1953グラフ3

桜の開花を予想するための方程式として用いられるのが、
400℃の法則600℃の法則です。
 
400℃の法則は、
2月1日以降の平均気温の累積が400℃になる頃に桜が開花する
というものです。
 
600℃の法則は、
2月1日以降の最高気温の累積が600℃になる頃に桜が開花する
というものです。
 
ですが、関東地方や近畿地方なら近い値になるかもしれませんが、
北海道では大きくずれてしまいます。
例えば、1953年の札幌の開花日は5月7日ですが、
2月1日からの積算気温は、平均気温で67.8℃、最高気温で520.2℃でした。
どちらも大きく違っていることから、
桜の開花時期を決定する要因としては間違っているように思います。。
 
そこで、
私なりの方法で、桜の開花時期を決定する要因を探してみようと考えています。
それが、第一弾でもお見せしたグラフです。
今回は、もう一歩、進んだ形でお見せします。
 
桜開花予測解析1953グラフ2



お見せしましたが、しばらくは解説を致しませんので、悪しからず!

関東地方の桜は、葉を落として時間は経っていませんが、
私の頭の中は、早くも春を想像し始めています。
と言うより、
ようやく再開したと言うべきなのですが・・・
 
桜の開花時期の予測を始めます。
 
私の桜開花予測は、完全にゼロから始めます。
ですから、600℃の法則も無視します。
こんなやり方をするので、
今年の桜の開花時期について、予想が間に合うかさえ分かりません。
無責任な話ですが、
伊牟田勝美の気まぐれ研究ですので、御容赦を!
 
 
本日は、グラフの公開に留めます。
グラフの内容は、一切、解説しません。
誰にも理解不能なのが、私にとって都合が良いのです。
 
では、グラフです。

桜開花予測解析1953グラフ

↑このページのトップヘ