豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (風の谷の生活)

<<豊葦原中津谷のニニギ>>

「なぜ、この谷のように暮らせぬのか」
腐海という危機を前にしても戦争に明け暮れる諸国を、ユパはこう嘆いています。
現在の地球が置かれている状況は、この台詞に表されているように思えませんか。
ならば、風の谷のように暮らしてみよう。
私なりの解釈の元、片田舎で自給自足型農業を始めることを決意したのです。

今日は、キャベツの作付面積です。
 
キャベツの消費量は、年平均で11.3kg/年・人です。
単位面積当たりの生産量は、423kg/aです。
一人分のキャベツを生産するには、0.03aが必要です。
これは、1坪弱にあたります。
 
キャベツは、連作障害が少なく、単位面積当たりの収量も多いのが特徴と言えます。
葉物野菜ですから熱量は少なく、100g当たり25kcalしかありません。

JAMSTEC横須賀本部一般公開日(5月13日)の天気ですが、
本日時点の日本気象協会の予報では、最高気温18℃、最低気温16℃、日雨量2mmの
ようです。 
私の気象予測ツールでは、 最高気温27.3℃、日雨量5mmと出ていました。
雨量は兎も角も、最高気温は10℃近い差があります。
元々天気予報が目的ではなく、気象予測ツールの検証データを得るための公開実験なので、
こんなものでしょう。
この結果を、気象予測ツールに反映してこそ意味があるわけです。

繰り返しますが、私が出した数値は、公開実験であって、天気予報ではありません。
当日の天気は、気象台等の予報を御利用ください。
また、私の数値を使用しないようにお願いします。
勝手に使用した場合の利益・不利益は、一切関知しません。



さて、当日の天気はどうなるのでしょうね。 
気になるところです。

 

JAMSTEC横須賀本部の一般公開が、今年は5月13日(土)に開催されます。
(JAMSTECのリンク先⇒http://www.jamstec.go.jp/j/

当ブログでは、試作中の気象予測ツールを用いて、当日の天気の予測に挑戦しています。

当日の天気の予測を御覧になる前に、以下の点を御注意ください。
・これは、天気予報ではありません。
 気象予測ツールの公開実験のデータですので、御注意ください。
・公開実験データですので、このデータの利用は御遠慮下さい。
 データを利用して得た利益・不利益については、当方は一切関知しません。
・当日の天気については、気象庁あるいは管轄の気象台のデータを御利用ください。




さて、当日の天気ですが、前回の計算結果は以下のようになりました。

・最高気温 :27.3℃
・日平均気温:20.8℃
・日照時間 :4時間55分

気象予測ツールに雨量の計算機能がなく、降雨量の予測無に天気を考えていました。
ですが、これでは面白くないので、雨量についてもツールを試作してみました。
今回は、予測雨量から当日の天気を考えてみることにします。


前回も書きましたが、まだ試作段階ですので、データの信憑性はかなり低い状況です。
気温や日照に比べると、雨量は連続性のないデータなので、更に信頼度が下がります。
また、気象予測の目的が農業への利用ですので、通常の天気予報とは異なります。
つまり、旬(10日単位)、または半旬(5日単位)単位の気温・日照・雨量を、最大で
半年先まで予測する事を目的にしています。
特定の1日の天気を予測する事は、本来の目的から外れています。
そのため、特に雨量は、特定の一日の雨量を算出することは、基本的にはできません。
それを無理矢理 計算してみました。


・最高気温 :27.3℃
・日平均気温:20.8℃
・日照時間 :4時間55分

雨量   :5.0mm


残念ながら、当日は雨のようです。

この数値は、試作段階の気象予測ツールを用いている上、本来の機能から外れ、特定の1日の気象データを予測したものです。
従って、データは信憑性が低いことが分かっています。
それでも、このような気象予測を行ったのは、検証と今後の改良のためです。
通常の天気予報では10日間予報が最長ですから、気温も雨量も現時点(4月28日)では予報が発表されていません。
なので、私自身の先入観が入らず、純粋にデータを読むことができるのです。


当日は、私自身が身を持って確認してくるつもりです。
結果は、当ブログで公開する予定です。
そして、気象予測ツールの改良に反映したいと考えています。

今日は、カブの作付面積です。
 
カブの消費量は、1.2kg/年・人です。
単位面積当たりの生産量は、290kg/aです。
一人分のカブを生産するには、0.004aで足ります。
これは、座布団2枚分程度です。
しかも、年2回の栽培チャンスがあるので、座布団1枚分でも足りてしまいます。
 
カブは、連作障害があります。
輪作で連絡障害を避ける必要があります。
 

久しぶりの作付面積ネタです。
今日は、タマネギの作付面積です。
 
タマネギの消費量は、10.2kg/年・人です。 
単位面積当たりの生産量は、383kg/aです。
一人分のタマネギを生産するには、0.03aで足ります。
100g当たりの熱量は、 40kcalです。
 
タマネギは、連作障害が少ないそうです。
「風の谷」の場合、多品種を耕作するので、連作障害の影響は大きくありません。
でも、素人の私には、連作障害もない方が良いに決まっています。
 
ちなみに、タマネギの花は、ネギ坊主と呼ばれています。(誰でも知っている!)
 

↑このページのトップヘ