肝心なことを書いていなかったので、念を押しておきましょう。

メディアは、オスプレイの危険性を主張したいだけなので、「事故原因の調査が不十分」と
言っていても、中身が何も伝わってきません。
事故の経緯も、原因も、そしてメディアが最も重視するはずのオスプレイの弱点さえも、
未だに見えてきません。
メディアは、何が不十分なのか、何も考えていないようです。

というわけで、私の疑問点を列記しておきたいと思います。


・事故機は、MC130の左右のプローブのどちらを使っていたのでしょうか?
  MC130には、左右の翼端近くにプローブ(給油ホース)があります。
  事故機は、MC130の右のプローブを使っていたのではないかと想像していますが、
  実際のところ、どちらを使っていたのでしょうね。

・事故機のローターは、MC130の左右のプローブのどちらと接触したのでしょうか?
  常識的には、事故機が使用していたプローブを巻き込んだと考えるべきでしょう。
  ですが、空中給油訓練は、2機で行われていました。
  その1機が使用していたプローブを巻き込んだ可能性はないのでしょうか。

・事故が発生したのは、給油前か、給油中か、給油終了後か?
  報道では、給油終了時となっています。
  ただ、もう一機が使用していたプローブなら、給油中の可能性も出てきます。
  中途半端な報道しかないので、確認の意味も含め、疑問点に上げています。

・事故機は、降下しようとしていたのか、右旋回しようとしていたのか?
  給油を終わっていたのなら、離脱するはずです。
  基本は、速度を少し緩めながら外側に離れていくようです。
  左のローターを損傷したので、右方向に離脱しようとした可能性が高いと思います。
  最初に、右のプローブを使用していたのでは? と推測した根拠です。


さて、これらを含めて、事故原因に関係する疑問点が浮かんできています。

・なぜ、プローブは左ローターに届いたのでしょうか?
  ドローグ(給油口)は、左ローターからは前後方向にも離れています。
  給油が完了して切り離したのなら、プローブはローターに届くはずがありません。
  乱気流でプローブが激しく揺れたとしても、それは上下左右であって、前後方向では
  ありません。
  機体の揺れも、上下左右は揺れても、前後にはほとんど動きません。
  となると、プローブがローターに届いた理由が分かりません。

・オスプレイの機体の特徴に影響されている部分は無かったのでしょうか?
  オスプレイの空中給油の動画を見ると、危なっかしい印象を受けます。
  プローブアンドドローグ方式ですので、プローブをキャッチするためにMC130に
  オスプレイが近付いていきますが、必ずプローブをキャッチできるわけではなく、
  時にはプローブを通り過ぎてしまいます。
  その際、オスプレイの大きなローターに吸い込まれることはないのでしょうか。


これらの疑問点を説明できる事故の状況には、次のようなものが上げられるでしょう。

(想定状況1)
  事故機は、MC130の右側のプローブに接続し、給油を受けていた。
  その際、プローブが切り離されないように、少し押し込んだ状態、即ちMC130に
  接近していた。
  この時、乱気流に入り、左のプローブが大きく振られた。
  事故機とMC130はプローブの長さよりも接近していたので、左のプローブは事故機
  の左ローターの先端に届き、接触して損傷を与えた。
  事故機は、推力を失ったか、パイロットの操縦によってMC130から離れたので、
  プローブとの接続は自動的に切り離された。

(想定状況2)
  事故機は、給油のためにプローブとの接続を試みたが失敗して、プローブとの距離が
  接近し過ぎた。
  その瞬間、乱気流に巻き込まれ、プローブとローターが接触して損傷を与えた。

(想定状況3)
  事故機は、給油を完了してプローブを切り離した。
  この瞬間、乱気流に巻き込まれ、危険を感じた事故機のパイロットが、増速しながら
  右旋回降下で離脱しようとした。
  この時、増速によってプローブに接近し過ぎ、左ローターがプローブに接触した。


色々書き連ねてきましたが、私の想定が正しいかどうかが問題ではありません。
実際に起きた事はどうだったのか、そこから見えてくる問題点は何か、そして対策は何か?
そういった部分は、報道されていないように思います。(私が見落としているだけ?)

これが、「早すぎるオスプレイの空中給油訓練再開」と題して罵詈雑言を書いた理由です。



メディアが好きな言葉は「情報公開」ですが、今回の場合も、何が公開されれば良いのか、
メディア自身が分かっていないように思います。
だから、メディアは、米軍も、日本政府も、追及できないのです。

今回の真の原因は、闇の中消えていくでしょう。
その責任の一端は、着地点を見ず、ただ売り上げだけを考えて「オスプレイ反対」の記事を
書き続けているメディアにあることは確かです。