2017年の東京の開花予想日の更新します。

サクラの予想開花日(東京)
2017年3月29日 または 3月30日

「5045Kの法則」を加えた4種類の法則を用いて、東京の開花予想日を計算しました。
2016年7月1日から1月26日の日平均気温と日最高気温を用いて計算しています。

修正版:  157 ⇒  168℃ の法則」   開花日=2017年3月29日
修正版:4730⇒5039Kの法則」  開花日=2017年3月30日
修正版:  300 ⇒  313℃ の法則」   開花日=2017年3月17日
(新):5045Kの法則」       開花日=2017年3月26日

こうやってみると、
-10℃を基準に最高気温で計算する「300℃の法則」は、誤差が大きいようです。


ところで、予定外ですが、鹿児島の今年の開花予想もします。

近年、鹿児島のサクラの開花は、かなり乱れています。
地球温暖化の影響からか、休眠打破が上手く機能しなくなり始めているようです。
このような状況にあるためか、
鹿児島の開花日は、最も最低気温が下がる時期からの日数に影響されるようです。
2011~2016年の開花実績では、相関係数が0.9を超えるほどです。
この法則を基にすると、今年の鹿児島の開花日は、4月3日になりそうです。
(日平均気温では3月31日、最高気温では3月27日となっています)
まだまだ、予測気温の誤差が大きいので、何とも言えないところですが・・・
最低気温と開花日の関係


実は、1月24日に今年のサクラ開花予想がウェザーマップから発表されています。
それによると、今年の東京の開花予想日は、3月26日なのだそうです。
これは、最高気温を基にした「5045Kの法則」による予想日と一致します。
もしかすると、「5045Kの法則」は上手い方法なのかもしれません。
ついでに言うと、鹿児島の開花予想は3月30日だそうです。


残るは、確定報を2月25日に発表するだけとなりました。
今年に予定していた開発項目も、気温の補正方法のみとなりました。
予定日までには完成させ、今年のサクラ開花予想を締め括れるように頑張っていきます。