スマートフォンに接続して使用できる、正確で安価な「がん診断機器」を開発したと
4月13日の査読学術誌の米科学アカデミー紀要に掲載されたそうです。
この最新技術は、僻地で役立つ可能性があるとのこと。
我が「風の谷」は、バスが週に2往復しかない典型的な僻地!
こんな技術があると助かるのですが、詳報は見つかっていません。
 
残念!