第14弾として予定していた内容は、計算式に間違いがあったため、
時間稼ぎのため、もう一段階、挟むことにします。


前回は、前々回からの継続として、
11月11日から2月26日までの気温を基にした気温変化予測を行いました。
このため、前々回の2次回帰式と前回の3次回帰式との差は小さく、
結果も大きな違いはありませんでした。

ですが、
11月11日からのデータを使用した目的は、
2次回帰式は変曲点が無いので、
気温の季節変化の変曲点があると推定される11月上旬を外すためでした。
一方、3次回帰式には、変曲点が一ヶ所あります。
そこで、変曲点を中心に、2月26日と対象になる7月下旬までデータを拡大して、
改めて気温変化を3次回帰式で推定し直してみました。


まずは、1988年の東京です。

1988年桜開花予想(東京)3


なかなかいい感じです。
グラフを延長し、サクラの開花日を予測してみると、3月26日になりました。
実際の開花日は4月2日でしたが、一歩近付いた感じです。


となると、札幌の1978年の出来が気になります。

1978年桜開花予想(札幌)3


こちらは今一歩です。
算出された開花日は、7月2日でした。

実際の開花日は5月10日でしたので、2ヶ月に迫る誤差ですが、
第12弾では12月14日となっていたことを考えると、格段の進歩だと、自画自賛しています。


ただ、自画自賛したところで、まだ大きな誤差があり、
実際のサクラ開花予想に利用できるレベルではありません。
どうしても、あの計算式を解くしかないようです。
なんとか、2月末日に間に合うように頑張っていこうと思っています。