今日(4月5日)、やっと鹿児島でソメイヨシノが開花しました。

東京の開花から遅れる事、実に2週間余り。
私の予想(2月25日更新)よりも3日遅れの開花でした。


九州の県庁所在地の開花を見てみると、ほぼ北から南へと桜前線が進んでいきました。

 福 岡   3月25日  北緯33度34.9分
 佐 賀   3月30日  北緯33度15.9分
 大 分   4月 4日  北緯33度14.1分
 熊 本   4月 1日  北緯32度48.8分
 長 崎   3月30日  北緯32度44.0分
 宮 崎   4月 2日  北緯31度56.3分
 鹿児島   4月 5日  北緯31度33.3分
 (※大分市は暖冬の影響で開花が遅れたとみられています)

温暖化の影響で、「休眠打破」が遅れる傾向が現れていると思われます。



過去に遡り、鹿児島市の開花日について比較してみましょう。

2013年は3月15日に開花しており、これが鹿児島市の開花日の最早記録です。
反対に、今年の開花日は最遅記録です。
両者を比較すれば、見えてくる事実もあるでしょう。

今年との気温変化の違いが、以下のグラフです。

鹿児島市気温変化
(※1週間の気温を平均しています)

2013年に比べると、今年の方が1月上旬までの気温が高いことが分かります。
ですが、それ以降は、総じて今年の方が気温が低い日が続いています。
「休眠打破」の考え方が正しいのなら、1月上旬までの気温に原因がある事になります。

以下のグラフは、2013年と今年の気温差を表しています。

鹿児島市気温差2
(※1週間平均値を基に気温差を計算しています)

明らかに、1月上旬前は今年の方が気温が高いのですが、1月中旬以降は今年の方が気温が低いことが分かります。
これを見ると、「休眠打破」だけが開花の遅れを説明できるわけではなさそうです。
また、鹿児島市の開花日は、気温が最も下がる日付けと強い相関関係(相関係数≒0.9)があることが分かっています。
この事実と「休眠打破」の考えは、相容れないところもあります。

これらは、来年のサクラ開花予想をする際に、分析していこうと思っています。


-----------------------------------------


鹿児島市の開花予想は、オマケで行ったものです。
また、本編である「サクラ開花予想2017」とは全く異なる方法を用いています。
ですので、「サクラ開花予想2017 【反省会】」では検証を行う予定はありません。

あしからず!