風の谷で自給自足するために、作付計画を策定します。
まずは、主な作物の単位面積当たりの収穫量と、日本での一人当たりの消費量、栽培期間をまとめたいと考えています。
これを基に、作付面積を検討します。
続いて、連作障害の有無と、栽培期間から、全体の作付計画を検討します。
 
耕作放棄地を含めても耕作地が20aしかない風の谷で自給自足するには、効率よく栽培しなければなりません。
この章は、そのための基礎データとなるはずです。