日本人の主食は、です。
でも、小麦の消費も増えています。
 
では、実際にはどうでしょうか。
 
イメージ 2
の消費量は、約60kg/年・人です。
小麦は、約32kg/年・人です。
ついでに言うと、蕎麦は、約8kg/年・人です。
 
さて、それぞれの単位面積当たりの収穫量ですが、
は、40~60kg/aです。
小麦は、30~40kg/aです。
蕎麦は、6~7kg/aです。
 
面白いことに、米も小麦も蕎麦も、一人分の消費量を生産するには、約1aの作付面積になります。
実際には4~6か月の栽培期間ですから、理論上は、1aで米と小麦と蕎麦を一人分生産できる計算です。
 
「そう上手くいくのかな?」とは思いますが・・・