今日は、ダイコンです。
 
ダイコンは、栽培期間が短いせいか、春撒き、夏撒き、秋冬撒きとあるようです。
ダイコンの単位面積当たりの収穫量は、それぞれ以下のようです。
 春撒きダイコン :427kg/a
 夏撒きダイコン :328kg/a
 秋冬撒きダイコン:321kg/a
 
消費量は、輸入が加わりますが、その量は少ないので、概ね以下の通りです。
 春撒きダイコン :1.6kg/年・人
 夏撒きダイコン :1.8kg/年・人
 秋冬撒きダイコン:5.8kg/年・人
 
作付面積は、合計で0.03aです。
と言っても、栽培時期がずれているので、実際に必要な作付面積は、もっと少ないでしょう。
 
 
ところで、ダイコンと言えば、桜島大根が思い浮かびます。
世界最大のダイコンだそうで、平均で6kg、大きいものは30kgもあるそうです。
量だけで言えば、1本で一人一年分に相当する量が穫れます。
使い方も似ているのですが、繊維が少なくて、甘みがあるところが違うそうです。
 
でも、私は食べたことはありません。
「風の谷」でも作ってみたいと考えていますが、
継続栽培するには栽培量が少なすぎるので、難しいかも。