黒野伸一さんの「限界集落株式会社」を読みました。
 
この本は、初版は2011年11月に刊行されたものですが、
友人の勧めで、2年半後になって読みました。
詳しくは書きませんが、簡単に言うと、父親の故郷である寒村を立て直すお話です。
 
限界集落株式会社

父の故郷であっても住んだことのない寒村で農業をする(?)点では、
私と似ています。
でも、主人公の経歴を含め、違うところも多々あります。
なので、ちょっとだけ、同じところ、違うところを並べてみたいと思います。
 
★同じところ★
  マクドも、スタバも、セブンイレブンもない。
  巨大なクモがいる。(風の谷のクモは、足から足まで軽く10cm以上)  
  耕作地が20aある。
 
☆違うところ☆
  止村:カーナビが使える      風の谷:カーナビは使えない
  止村:道路がむき出しの赤土    風の谷:細い農道まで舗装路
  止村:バスは廃止         風の谷:週に2往復のバス便
  止村:全37戸          風の谷:全7戸
 
まったく無意味な比較ですが、個人的には面白がっています。
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  書名 : 限界集落株式会社
  著者 : 黒野伸一
  発行 : 小学館文庫
  初版 : 2013年10月13日