黒野伸一さんの「脱 限界集落株式会社」を読みました。
 
この本は、「限界集落株式会社」の続編です。
麓の町にショッピングモールができ、駅前の再開発計画を巡ってお話が進みます。
キャスティングは前作と共通していますが、新しい登場人物も出てきて、この本だけでも楽しめる構成になっているように思います。
 
脱・限界集落株式会社


さて、前作では、私と主人公、あるいは描かれる舞台と父の故郷(風の谷)は、共通点がありました。
今回は、共通点はほとんどありませんが、日本で食糧不足が深刻になった際には、少し違う形にはなるでしょうが、似たような状況が生まれるのではないかと思いながら読みました。
 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  書名 : 脱・限界集落株式会社
  著者 : 黒野伸一
  発行 : 小学館文庫
  初版 : 2016年11月13日