アメリカのノースウェスタン大学の心理学教授らが、
「英語より、中国語、韓国語、日本語の方が算数の習得に有利だ」と発表しました。
 
彼の主張を整理すると、
英語では、11から20は、イレブン、トゥエルブのように独立した言葉があるが、
中国語等では、十と一、十と二のように表現されるので、
数字の概念を理解しやすいということです。
「浅い!」
江川さんではありませんが、彼の主張の根拠について、私はそう感じました。
 
算数を理解する上で、
数字の表現から見た場合に限定しても、彼は数字の読みだけしか考慮していません。
記述を考えると、アラビア数字を使う英語の方が優れています。
漢字で記述すると、桁が飛んだ場合の数字の把握は、容易ではありません。
例えば、
1002は千二となり、百と十の位が飛んでいる事を直感的に掴む事は難しいでしょう。
 
 
この内容だと、ただの揚げ足取りのレベルなので、別の視点で見てみましょう。
 
それは、式の読み上げです。
(1+2)×(3+4)
これを日本語で書くと、
「1と2を足したものに、3と4を足したものを掛ける」
となります。
私のつたない英語では、
「Multiply by what added 3 and 4 to what added 1 and 2.」
でしょうか。
 
これを式に書くと、
日本語は、「1、2、+、3、4、+、×」
英語は、「×、+、3、4、+、1、2」
となります。
 
英語の表現を使って計算しようとすると、
計算途中の状態は、算術演算子の「×」だったり、数字の「7」だったりと
複雑になります。
しかも、最初の算術演算子を計算の最後で使う場合もあります。
 
その点、日本語の表現では、
計算の途中段階は数字ですし、ほぼ計算の順番に算術演算子が出てきます。
 
コンピュータに詳しい方は、
「日本語の表現は、逆ポーランド記法に似ているから」
とズバリくるでしょう。
そうなんです。
日本語の表現は、コンピュータの記述方法にも似ている合理的なものなのです。


一方、
中国では、「中国語が自然科学を学ぶ際の障害になっている」との声があります。
中国語は、表意文字のみで構成されるため、
海外の文献を訳す際に、
例えばSTAP細胞のような外来語を中国語に変換する事が難しいのです。
その点、
日本語は表意文字だけでなく、表音文字も使う上、
外来語専用と言えるカタカナまであります。
ですので、海外の文献を翻訳するのが非常に容易で、
日本語に翻訳された文献だけでも十分に学ぶことができます。



さて、
ノースウェスタン大学の心理学の教授は、
数字の表現方法の他にも色々な理由を付け加えて、
「だから、数学の力で 世界のトップに立ったのは、中国と韓国の学生だった」
としています。
中国は、上海の都市部等、教育熱心な地域データでしょうか。
韓国は、教育熱の高い国なので、レベルが上がっています。
反対に、日本は、ゆとり教育の弊害がでてトップを譲ったのです。
 
総括すると、
教育に投じるエネルギーと、算数や数学の能力は、リンクすると言う事でしょう。
 
 
 
最後に、
文系の学者が理系分野の解析をした場合は、大学教授でもこの程度の浅さなんですね。