WHOが、砂糖の摂取量に関する新ガイドラインを発表しました。
砂糖摂取量は、摂取する総カロリー量の10%未満が望ましいとしていましたが、
新ガイドラインでは、従来の半分の5%未満に厳格化した。
食生活と関連する生活習慣病の予防には、5%未満がより望ましいのだそうです。
5%は、砂糖換算だと25グラムでティースプーン6杯分です。
 
農畜産業振興機構によると、
砂糖とデンプン由来の異性化糖をあわせた日本人の糖類摂取量は66グラムです。
総カロリー量に占める割合は、約13%になります。
 
 
さて、「風の谷」では、基本的には穀物からカロリーを得ようと考えています。
私は、甘いものが大好きなので、砂糖を使ったお菓子を作りたいとも思っています。
ただ、WHOの指針は、癌を経験しているだけに、身に染みるところです。