子供の頃、よく父とワラビを採りに行っていました。
斜面の下から、ワラビを探しながら登っていった記憶が、今も残っています。
田舎育ちの父は、ワラビ採りも早く、私の倍のペースで採っていました。

父の田舎、つまり風の谷は、ワラビは多くありません。
その代り、フキが多く、右を見ても左を見てもフキだらけです。


最近、山野草での事故が増えているようです。
野生動物による被害もありますが、毒草を間違えて採取してしまう事も多いようです。

山野草の中には、毒草に似たものも少なくありません。
毒草に似ている山野草を表にしてみました。

イメージ 1

写真は、添付していません。
山野草に詳しくない私は、間違った写真を載せても気付けません。
人の健康、場合によっては命にも関わるので、写真の添付はしないことにしました。


さて、山野草は、進化の過程で毒草に似ていきます。

毒草に似ている山野草は、毒草を警戒する動物による食害を逃れることができるので、生き残る確率が他の山野草より高くなります。
毒草に似ている山野草は、少しずつ増えていくわけです。

山野草採りには、毒草には注意してください。
また、私有地に無断で入ることもしないようにしてください。