地球温暖化の影響で、日本で採れる果物に病気や害虫、味の変化など異変が出ているそうです。
 
温暖化の効果で、千葉県では南国の果物パッションフルーツやマンゴー、サトウキビなどの栽培が広がっています。
一方、群馬県では、シンクイムシ(ガの幼虫)が広がり、リンゴの栽培に影響を与えています。
全体としては、栽培の適地が温暖化に伴って北上し始めているのです。
温暖化による影響に対して、政府は、温暖化への「適応計画」の案を策定し、果物やコメなどで暑さに強い品種を開発するほか、来年以降、これまで栽培していた果物から、アボカド、マンゴー、ライチなどに転換することを推進していくとしています。
 
 
温暖化は、階段を1段上がることではないはずです。
連続的に、変化していくはずです。しかも、終点が見えていないのです。
何としても、温暖化を止めなければ・・・