このblogは、
田舎で自給自足を始めるようと考えている伊牟田勝美の考えを記しています。
 
念のため、申し上げておきますが、
私(伊牟田勝美)は、昔の生活に戻りたいと考えているわけではありません。
 
 
田舎での生活を選択したのは、単純に資金が無いためです。
充分に資金があれば、東京の真ん中で自給自足をしたいのですが、
それには十億円単位の資金が必要でしょう。
その点、父の生まれ故郷は、
相続税の問題は残りますが、資産価値が低いので何とかなるでしょう。
 
自給自足の生活をされている方の多くは、
自給自足自体が目的、あるいは、自然と共生する事を目的にしていると思います。
ところが、
私の場合は、将来的な食糧難に備え、
私自身の食糧確保、あるいは、日本全体への意識改革を目的としています。
 
 
私は、本来は技術者です。
だから、機械化された世界が好きですし、都会の生活にどっぷりと浸かっています。
まあ、自給自足と言っても、
私の場合は、科学実験的な性格の濃いものとなるはずです。
その辺りは、「日本全体への意識改革」なんて言葉からほど遠いのですが・・・