NHKが「タラ号プロジェクト」を扱った「タラ号の大冒険2」を御覧になった方は、地球温暖化の現状を感じられたのではないでしょうか。
海洋の温暖化と酸性化にしか触れられていませんでしたが、それでも危機感を抱かれたのではないでしょうか。
実際には、他にも熱塩対流の阻害や深海の低酸素化等の問題もあるのですから、厄介この上ありません。

タラ号の大冒険2
(NHK「タラ号の大冒険2」⇒http://www4.nhk.or.jp/P4075/

 

ちょっと余談になりますが、帆船での海洋研究にある種の記号性を感じたのではないでしょうか。

ですが、今から40年以上も前のオーストラリアのドラマで、「エンデバー号の冒険」というのがあったそうです。

このドラマでは、海洋研究を行う帆船(三檣バーケンチン?、三檣トップスルスクーナー?)が舞台となっていました。

タラ号(二檣スクーナー)は、これを地でいくようなもの。

 

 

閑話休題

さて、現実の世界では、二酸化炭素排出過多による環境破壊が、深刻さを増しています。

よく知られているのが、地球温暖化です。

和歌山県潮岬の観測データで日本付近の温暖化ん調べたところ、過去100年で約1度の気温上昇が見られました。

潮岬は、周囲を海で囲まれており、海水温の上昇に敏感です。

海水温は、大気に比べて熱容量が大きく、変化が緩やかに現れるので、短期的な変化を除去し、長期的な変化を明確にします。

つまり、地球温暖化は確実に進行していることが、潮岬の気温上昇から見て取れるのです。

その潮岬の気温上昇ですが、徐々に早まっていることも示しています。

このまま線形に気温上昇が続くとすると、今世紀の潮岬の気温上昇は、100年間で2.4度と予想しています。(伊牟田による計算)

しかし、永久凍土やメタンハイドレートからのメタン暴噴や北極海の海氷消滅で、非線形の急上昇もあり得ます。

温暖化防止策は、人類存亡を賭けているとも言えるのです。

 

 

タラ号に関心を持つことは、二酸化炭素排出過多について考える切っ掛けの一つになります。

政治家や政治に関心が強い方がタラ号プロジェクトを考えるようになれば、各党の政策にも変化がでてくるはずです。

現状でもできる対策、十数年後に実用化する対策、今世紀後半に実用化する対策等、段階的に対策を行っていく長期的な視野を持つ政治家の誕生を促すことにもなるでしょう。

 

 

タラ号だけではなく、伊牟田勝美にも関心を持って頂ければ、更に視野が広がるはずです。

当ブログも、よろしくお願いします。