上野動物園では、パンダの赤ちゃんが生まれ、話題になっていますね。
では、パンダは、どんな動物の仲間だと思いますか?

別名イロワケグマと呼ばれる通り、クマの仲間です。
パンダと言えば、竹(笹)を食べる印象が強いので、魚や小動物も食べるクマとは違う種類のように感じます。
ですが、DNAからクマの仲間だと分かっていますし、解剖学的にも、消化器官に、クマが属する食肉目の特徴を色濃く残しています。
 
 
問題は、この消化器官の特徴にあります。
実は、パンダは主食の竹や笹の消化能力が低く、食べた量の17%しか消化できないのです。
食性を草食(竹)に変えたのですが、進化は追従することが出来ていないのです。
 
近未来、人類は人口増加と地球温暖化による食糧難に直面することになるでしょう。
人類は、肉食化することで、大きな脳を維持できるようになりました。
ですが、食糧難で肉食が難しくなった時、人類の体は大量のエネルギーを必要とする脳を抱えたまま、省エネ型への進化が追い付かずに立ち尽くすことになるのです。
 
 
政府は、食糧確保をどうしようと考えているのでしょうか。
その腹の底が、不気味でなりません。