再生可能エネルギーだけで経済を回す事は難しいようです。
これは、反原発派にとって厳しいでしょうが、火力発電所を止めたいには、更に厳しい内容です。

反原発派は、「原発さえ止められれば良い」、あるいは「他のことは、原発を止めてから考えれば良い」といった軽い考えでしょうが、私は違います。

私は、原発再稼動派ですが、原発推進派ではないので、精々30年後には原発も止めざるを得ません。

しかし、現状を考えると、原発新設の妥協も考えなければならないかもしれません。

妥協点を含め、『2100年の日本のあるべき姿』に反映していくつもりです。

 

 

太陽光mini



 

さて、原発問題ですが、私は「原発再稼動派」ですが、「原発推進派」ではありません。

その私から見ると、先々に待ち構える使用済み核燃料や放射性廃棄物の問題などを考えずに「原発推進」を唱える人々も、反原発こそ正義と思い込んでいる「反原発派」の人々も、底が浅く見えてしまいます。

 

特に気になるのは、『反原発』を主張される方々です。

『反原発』が最初にあり、後から理由付けをしているように思えるのです。
それ故、主張と理由の間にアンバランスを感じます。

私を含めた原発再稼動派が言うように、交通事故死との違いをどう考えるのかを問うた時に、その傾向が顕著に現れます。


『原発事故は絶対に許さない』との考えで、いかなる対策も『完璧ではない』として認めようとはしません。

ところが、御自身は車を運転するのです。

車を運転する限り、完璧に事故を防ぐことはできません。

保険に加入していても、事故を防げないことには変わりありません。

人を殺す可能性があるにも関わらず、なぜ車を運転するのか?

あるブログで議論した際、「交通事故は一つ一つは小さいので国家の損亡には影響しないが、原発事故が再び起きれば国家の基盤が傾く」との意見がありました。

一理あるのですが、では交通事故の被害者に「国家の損亡には影響しない」と言えますか。

被害者や被害者家族は、健康な体を返して欲しいのです。亡くなった人を返して欲しいのです。事故前の生活を返して欲しいのです。

国家の損亡なんか、日々の生活に比べればどうでも良いのです。

国家の損亡に関わるか否かは、個人には大きな影響はないとも言えるのです。


先程の主張は、原発事故は国が関与するから問題であり、交通事故は国が関与しないから問題ではないと言っているだけにすぎないことが、この論旨からみえてきます。