反原発を掲げる政党に言っておきたいことがあります。
 

反原発が個人の主張なら良いのですが、政党が主張するので、呆れてしまいます。

政治家であれば、理想を掲げ、そこに至る道筋を示し、妥協を重ねつつも、最終的に理想に近付けていくのが採るべき政策でしょう。


ところが、原発廃止については、「廃止できる」から「廃止すべきだ」となっています。

肝心なのは「廃止すべきか?」であって、「廃止できる」/「廃止できない」は、その先に考えることです。
「廃止すべき」と決まったら、「廃止できない」と言われても、どうやれば「廃止できる」かを検討して実現していくのです。
「廃止できるから廃止すべき」は、論理として間違っています。

初めに「原発廃止ありき」の主張では、議論の予知はなく、主張が通るか、通らないかの2パターンになってしまいます。
主張が通らなければ、安全ではない原発まで再稼動させることになりかねません。

妥協無き主張は、議論にならないので、極論で対抗することになります。
極論の一つが、『安全神話』なのです。

どうやら、昔の『安全神話』を生んだ土壌が、今も続いているようです。


 

太陽光mini



 

ついでに、地球温暖化防止の急先鋒にも言っておきたいところがあります。


反原発派と同様に、地球温暖化防止が正義のように思っているようですが、それは議論のすり替えです。

この世に絶対的な正義はありません。
それに地球温暖化防止は、人類のためであって、地球のためではありません。

温暖化は、地球の歴史の中では誤差程度の変化です。

その僅かな変化でも、人類の損亡に関わるだけです。

仮にこのまま放置したとしても、地球の生物が絶滅する事はありません。

過去に何度か起きた大量絶滅にも及ばないでしょう。

過去の生物による環境破壊では、植物の誕生による大気組成の激変があります。

しかも、大気に増えたのは、強い酸化力を持つ猛毒の酸素だったのですから、生態系も激変しました。

環境破壊前の嫌気性生物の代表が、破傷風菌です。

 


私はエゴイストです。

だから、私と私の子孫が生き延びるのに都合が良い環境を守ろうと考えています。

私は、エゴイストであると同時に、地球にかつて無かった知的生命だと自負しています。


その環境を生き残るために都合が悪い生命は、知的ではない故に淘汰されるだけでした。

自分に都合が良い環境を維持しようと考える生命こそ、知的生命の条件の一つを満たしているのです。

アメリカ大統領は、知的ではありません。

彼は、今だけを考えている下等生命です。

私は、彼より進化した知的生命です。

そして、エゴイストです。

将来に何を残すのかを考えられる生命です。

反論が来そうですが、その中に私より知的で、私よりエゴイスティックな生命体が居ることを期待しています。