理研は、
「若山教授に渡したSTAP細胞は、若山教授が提供したマウスとは別のマウスの細胞だった」
と発表しました。
 
私も、1月31日の日記に「STAP細胞」について書いています。
 
この時も、「常温核融合と同レベル?と、最初は疑問に感じていました。
ただ、正常細胞でも繰り返し刺激を受け続けると癌化する場合があるので、STAP細胞はあるかもと思うようになりました。
癌化に似たプロセスで初期化されるのでは?」と素人なりに考えたのです。
だから、「STAP細胞はiPS細胞より癌化しない」ことに疑問を感じていました。
それで、人への応用では癌化しやすいのでは? と書いていたのです。
 
ただ、それもこれも、関係ないのかもしれません。
もし、「常温核融合と同レベル」ならば・・・
 
残念です。