今、日本では、年間642万トンの食糧が廃棄されているそうです。
これは、国民一人当たりにすると、50kg強にあたります。
私達は、一日に1kg強の食糧を食べていますから、
50kgは、約7週間分の食糧に相当します。
なんと、毎週、約1日分の食糧を捨てている計算です。
 
では、誰がこれほど大量の食糧を捨てているのでしょうか。
おおよそ半分は一般家庭から、残り半分は飲食店などから出ているのだそうです。
と言うことは、
私の家からも、毎週、半日分の食糧を捨てていることになります。
「えっ、嘘でしょ!」
そう言いたくなりますが、我が家でも消費期限切れなどで捨てることはあります。
 
 
実は、この数字は、かなり控えめのように思います。
廃棄される食糧は、日本の場合、全食糧の3分の1とする説もあります。
 
ここで、どちらの数字が正しいかを議論するより、
少しでもフーズロスを減らせるように、安売りの爆買いを控える等、
できるところから直していきたいですね。