サクラの開花予想2018も、第29弾から再開し、気温の予想プログラムについて
書いてきましたが、気温の予想プログラムはこれくらいにして、サクラの開花条件に
ついて、調べていくことにしましょう。


2017年のサクラ開花予想は、-10℃を基準に、札幌と東京の開花日までの積算気温を
計算して、開花条件を推定しました。

累積気温(最高気温+絶対温度)

しかし、この計算方法による計算結果と実際の開花日との間には、標準偏差で3日程度の
誤差がありました。

単に開花日の振れ幅をみると、標準偏差で6日を超えていましたので、前述の計算方法は
多少なりとも有効性が認められます。

ただ、まだまだサクラの開花条件に迫れていないのも事実です。

サクラの開花予想 2018 では、気温予測の改良と合わせて、サクラの開花条件に迫って
いこうと考えています。
 

サクラ開花予想2017の反省の通り、今回は休眠打破にも迫ってみたいと考えています。

因みに、休眠打破に迫るには、関東ならちょうど今頃の気温が鍵になると考えています。

 

詳細は、次回から少しずつ書いていこうと思います。