安倍政権が推進する農協改革において、
 全国の地域農協を統括するJA全中を一般社団法人に替え、
  地域農協の経営をチェックする監査部門を分離する事が決定し、
JA全中もこれを受け入れました。

一方、都道府県以下の組織は残しています。
自民党議員にとって票田となる地域農協の解体は、自らの首を絞めることになるから
との解説もあります。
 
はっきり言える事は、
政府(自民党)は「農協改革よりも自らの地位の保全を選んだ」ということでしょう。
身を切る改革をしなければ、何も変わらないどころか、
利権が複雑化し、一部の人間だけが得をすることになりかねません。
 
どんな結果になるのか、寒い気持ちで見ています。
 
 
 
イメージ 1