4年前の2013年12月6日深夜、特定機密保護法案が参議院で可決され、成立しました。
 
特定機密保護法は、軍事目的の他に、TPPの交渉での密約を隠す目的もありそうですね。
「豊芦原中津谷」が目指す方向性とは、まはんたいの政治です 
だからこそ、「豊芦原中津谷」でやろうとしていることは意味がある・・・と自画自賛 


ところで、へそ曲がりの私は、特定機密保護法違反の裁判はどうなるのかなぁって、考えてしまいます。
裁判をすれば、該当の機密j事項を証拠として提出しなきゃならないし、違憲状態の参議院選挙後での議決が有効かって話になっちゃうと、特定機密保護法自体がなりたたなくなるかも。
だから、ややこしいことを避けるために、傍聴禁止の非公開裁判で片付けようとするのかと・・・
そうなると、闇から闇へと無実の人間だって裁ける!
 
怖いですね~