メディアの問題点

 

メディアは、いくつの問題点を抱えているように思います。

列記してみましょう。

 

能力

・情報を読み解く力が不足している。

・知識が不足している。

 

方向性

・営利判断が方向性を決めてしまう。

・個人的な関心で取材対象や方向性を決めている。

 

態度

・国民を代表していると思い込んでいる。

・無知な人々を導きたいと思っている。

 

 これらは、原則として、報道メディアについて、外部から見た印象をまとめたものです。

反論もあるでしょうが、まず私の説明をみて戴き、その上で考えてもらいたいと思います。

 

 


前回までに、能力と方向性について説明しました。
今回は、態度です。

 

能力もなく、偏向報道を続けているにも関わらず、態度は横柄です。

日本人は馬鹿ばかりだから、TV人が教育してやる」と宣ったのは、日本民間放送連盟会長です。

この方はTBSの会長でもあるのですが、TBSは前述の通りエストニアの位置を間違えています。

能力が足りていないが故に、その横柄さが際立ちます

また、記者会見において、カメラの前での謝罪を求める事があります。

その際に「謝罪はないのですか」と詰め寄ります。

まるで、自分たちが国民を代表しているかの如き振る舞いです。

メディアは国民の信任を受けていない集団であり、ただの営利企業です。

しかし、その態度には、一般企業としての謙虚さがありません。

 

 

 

最後です。

なぜ、ここまで執拗にメディア批判を繰り返してきたのか、説明しなければなりません。

体制派の人々は、メディアの問題を指摘する事で、体制批判を抑制し、体制迎合の報道に
変化することを望んでいるかもしれません。

ですが、中道を認じる私にとって、体制迎合型に変化することこそ、警戒しているのです。

政府や現・与党が、メディアの情報の質の低下を指摘し、報道を監視する口実を与えることになってはならないのです。


 

『国境なき記者団』の評価では、日本の報道は世界72位だそうです。

非常に低い評価です。

メディアは、「政府の圧力に問題がある」とするのかもしれませんが、それをいう前に、
自らを厳しく律し、情報の質を高める努力をしなければなりません。

それをしなければ、更に圧力を掛けられ、国民からも賛同を得られず、本格的な言論統制に繋がっていきます。

 

私は、それを警戒しているのです。

 

「日本人は馬鹿ばかりだ」などという暇があるのなら、「馬鹿な日本人」の一部を構成するメディア自身が、反省と改善をもって進んでいきべきではないのでしょうか。